『選挙の勝ち方教えます』は、サンドラ・ブロック主演のおすすめ映画!

サンドラ・ブロック,選挙の勝ち方,大統領選挙
https://www.facebook.com/OurBrandIsCrisisMovie/

選挙といえば、2020年11月3日のアメリカ合衆国大統領選挙ですね。

候補者の人物評価や政策はもとより、選挙後の各国、各界への影響を含めメディアからいろいろな情報が飛び交います。

確かに物見遊山で高みの見物と決め込めば、こんな面白いものはないのも事実。

某選挙コンサルタントは、選挙とはカーレースの見物と一緒で、誰が1位でゴールするよりクラッシュを見るのが目的だとも。

しかし、その裏で行われていることを知るとさらに面白い景色が見えてきます。

今回紹介する、『選挙の勝ち方教えます』は裏で暗躍する「選挙参謀」の話です。

尚、この映画は劇場公開がなく、ビデオ配信だけなので知らない人が多いのですが、今、大統領選挙の年に見るといっそう面白い映画です。

真実は、「私の伝えること」と言い切る!

サンドラ・ブロック,選挙の勝ち方,選挙参謀
https://www.facebook.com/OurBrandIsCrisisMovie/

映画の舞台は、2002年の中南米ボリビアの大統領選挙で、モデルとなったのは2005年に作られたドキュメンタリー映画。

評論家をして、このドキュメンタリー映画は完全にブッシュ政権を意識したものであると言っています。

(参考:ウィキペディア英語版(https://en.wikipedia.org/wiki/Our_Brand_Is_Crisis_(2005_film)))

実は、この2005年という年は、前年にブッシュ大統領の再選選挙があった年なのです。

さて、選挙といえば何人もの候補者が並び立ち、それぞれが主張を披露。

どの候補者の主張が正しいのか、「真実」を見極めるのが有権者の仕事です。

しかし、こう豪語した人物がいました。

「真実は相対的なもの。私の伝えることが真実になる。」

「選挙の勝たせ方」、指南する選挙参謀

この人物こそ、映画の主人公となる選挙参謀ジェーン・ボディーン(サンドラ・ブロック)

選挙の候補者が何を語るかは、「私が伝えたこと」が真実になると言い切ったのです。

候補者はおろか、選挙民をも無視した発言には、思わず怒りがこみ上げますよね。

しかし、ジェーンがこれまで引き受けた選挙で、絶対無理と言われた候補者まで当選させてきた「コンサルタント」だとしたらどうでしょう。

現在もこれからも、世界各地で行われる選挙に今作を被せるとなかなか興味深いものがあります。

『選挙の勝ち方教えます』は、いわば「選挙の勝たせ方」のプロ、ジェーンのサクセス・ストーリーです。

▶サンドラ・ブロック出演作品一覧

面識もない候補者、参謀を引き受けた理由は

今回、ジェーンが依頼されたのはボリビアの大統領候補で、名前は、ペドロ・カスティーヨ氏(ジョアキム・デ・アルメイダ)

ジェーンはカスティーヨ候補とは面識も予備知識もまったくありません。

また、政治思想的な背景もありません。

下馬評だけは事前に得ていて、カスティーヨ氏は第3位程度。

ちなみに、下馬評の第1位はリベラ候補で、3か月前の支持率は39%。

第2位を挟んで、第3位の彼はわずか8%という支持率でした。

ジェーンが、そんなサエない人物の選挙参謀を引き受けたのには、ちょっとした理由があったのです。

相手方候補にライバル参謀、怨念の過去とは?

サンドラ・ブロック,選挙の勝ち方,選挙参謀
https://www.facebook.com/OurBrandIsCrisisMovie/ 右:パット(ビリー・ボブ・ソーントン)

理由というのが、いかにもコンサルタント的な発想です。

実は、最有力候補と言われるリベラ候補の選挙参謀が、これまで何度も戦ってきたライバルだったのです。

ライバルは、パット・キャンディ(ビリー・ボブ・ソーントン)

彼には直近の選挙で敗れており、ジェーンは「カラミティ・ジェーン」(疫病神)という不名誉な名前を付けらた経緯があります。

名誉回復の巻き返しのために、あえて下馬評第3位の候補者を引き受けたのです。

そして、勝つためなら方法を選ばない決心で戦略を立てるのでした。

やられる前に、先手のネガティブ・キャンペーン

「勝つためなら手段を選ばない」といえば、日本の選挙では嫌がられますがアメリカではよく使う「ネガティブ・キャンペーン」

いわゆる「ネガキャン」で、代表的なものがスキャンダルです。

過去には、実際のアメリカの大統領選挙でこのネガキャンで失墜した有能な大統領候補がいたほどです。

1988年の民主党候補ゲイリー・ハート氏その人で、先陣を切っている人という意味で「フロントランナー」と呼ばれていました。

しかし、まさに不倫疑惑をスッパ抜かれ途中で失脚。

これは、『フロントランナー』(主演ヒュー・ジャックマン)という映画にもなった実話です。

今作でのジェーンは、最有力候補のリベラにこのネガキャンを仕掛けます。

周囲のスタッフに反対されるのですが、ジェーンの読みは相手陣営は必ず仕掛けてくるので先にやってしまおうという腹でした。

▶ヒュー・ジャックマン出演作品一覧 

膠着状態の中で打った、起死回生策とは?

サンドラ・ブロック,選挙の勝ち方,選挙参謀
https://www.facebook.com/OurBrandIsCrisisMovie/

ネガキャンにより、思惑通り相手の評判を落とすのですが、予想通り相手陣営からも仕掛けられてしまいます。

候補者本人はもとより、家族の思想過去の行動まで徹底的に調べ上げられるのです。

実際の選挙ともなれば、確かにみんな必死なのでしょうが、映画全体がコミカルに描かれておりここは楽しんで下さい。

さて、一方では政策論争はじめ、街に出ての民衆との対話などこまめな対策も進めます。

しかし、トップ候補者との差は思うほど縮まらず、不利な状況は変わりません。

投票日が近付くと、候補者はもちろんスタッフも次第にヒートアップしてくるのでした。

カスティーヨ候補が起こした事件

そんな終盤戦で行われた公開討論会で事件が起こります。

各候補者が集まり政索を披露するのですが、カスティーヨ候補者の話が終わった直後、反対派の聴衆者が生卵を投げつけたのです。

突然の出来事に、カスティーヨ候補は興奮してしまい、生卵を投げつけた相手を殴打!

一方的に向こうが悪いとはいえ、殴り返したらダメだろうと、スタッフ全員が驚いたのは当然。

善後策として、謝罪文を準備することにするのでした。

しかし、ジェーンは思いとどまらせます。

ジェーンの判断は、討論会に「突如現れた暴漢」と解釈。

悪に敢然と立ち向かう「強い候補者」イメージを展開したのです。

まとめ~「正義」に目覚める選挙参謀~

サンドラ・ブロック,選挙の勝ち方,選挙参謀
https://www.facebook.com/OurBrandIsCrisisMovie/

(最後のネタバレなし)

この時、ボリビアは政治的にも経済的にも混迷を深めていました。

ボリビアを救うことができるのは、行動力があり強い彼しかいないと大々的に宣伝するのでした。

(東南アジアのフィリピンの大統領を思い出しますネ。)

ジェーンの取った作戦はまんまと当たり、「強い候補者・カスティーヨ」はここを転機に、以降、支持率を上げていくのでした。

さて、これまで候補者を「勝たせることが仕事」だったジェーン。

正直、カスティーヨが大統領になることでボリビアがどう変わるのか、彼女にはまったく関心のないことでした。

しかし、選挙活動を通じ、一緒に働いたボリビア人の現地スタッフは、選挙後の国の行く末が一番気になるのは言うまでもありません。

カスティーヨが当選した瞬間、選挙期間中に約束したことを反故にする姿を目にしたら、ジェーンは何を思うのでしょうか?

最後には、サンドラ・ブロックの光る演技で、最高の感動を与えてくれる快作です!

ぜひ、ご覧ください。

選挙の勝ち方教えます [ サンドラ・ブロック ]

感想(2件)

▶DMMの単品宅配レンタル

■TSUTAYA:オンラインでDVDが買える■

1 Comment

  1. 最近は映画を観ることが少なくなりました。昔は、それこそ〝映キチ〟状態で、授業をサボッては3本立て120円の場末の映画館へ日参していました。それこそ「観ない映画は無い」状態。まあ、映画バカの類でした。
    サラリーマンになってからは録画専門で、東西の映画が数千本。今は時間があり過ぎる状態です。これからの余生を、映画鑑賞で過ごそうか、と。

Comments are closed.