. . .

タグ: 官能小説

官能小説の名作をなぞった『ボヴァリー夫人とパン屋』、妄想のゆくえは?

ボヴァリー夫人とパン屋,ジェマ・アータートン,官能小説

『ボヴァリー夫人』と聞けば、誰もが思い出すのは、フランスの小説家ギュスターヴ・フローベール原作「ボヴァリー夫人」。 19世紀のフランス文学の名作と言われた官能小説で、何度か映画化もされています。 しかし、残念ながら今回紹 […]