ルイ・ヴィトンCMの顔、レア・セドゥなどハリウッド女優がアンバサダーで登場!

ルイ・ヴィトン,レア・セドゥ,007
●ルイ・ヴィトン《レア・セドゥ》

世界的ラグジュアリー・ブランド、ルイ・ヴィトンはブランド・アンバサダーとして、これまで何人ものハリウッド女優を起用してきました。

今回紹介するハリウッドスターは、

レア・セドゥ《Léa Seydoux》

エマ・ストーン《Emma Stone》

ソフィー・ターナー《Sophie Turner》

アリシア・ヴィキャンデル《Alicia Vikander》

の4名。

いずれもハリウッドを代表する旬の女優で、もちろん最近の話題作にも登場しています。

ルイ・ヴィトンといえば、誰もが知るスーパーブランド。

そのブランド・イメージやクオリティを伝えてくれる彼女らの表情は、映画の中で見た輝きとの相乗効果で、ファッションモデルとはまた違った訴求力があります。

代表作と一緒に紹介していきましょう。

「レア・セドゥ」、007シリーズに連続登場!

007,レア・セドゥ,ボンドガール
https://www.facebook.com/JamesBond007JP/

1人目は、007シリーズのボンドガール、レア・セドゥは有名ですよね。

007シリーズでは、ジェームズ・ボンドの相手役「ボンドガール」(最近は、「ボンドウーマン」)として登場。

ボンドガールは、映画のストーリーとともに誰が登場するかで話題になり、彼女は今シリーズ以降、一気に人気女優になってきました。

もちろん代表作は、2020年公開の『007 ノータイム・トゥー・ダイ』

なんと、前作『007 スペクター』に引き続き、ボンドとともに行動するマドレーヌ役で再び登場するという快挙!

クールで謎に満ちた女性を演じる彼女ですが、ダニエル・クレイグが最後のボンド役と言われる中、展開が楽しみです。

参考記事:2020年公開映画・厳選20作品


007 スペクター【Blu-ray】 [ ダニエル・クレイグ ]

感想(14件)

第92回アカデミー賞では、ルイ・ヴィトンをチョイス

さて、話題作の続くレア・セドゥ、冒頭の透き通ったモノトーンの画像第92回アカデミー賞授賞式のものです。

(引用:https://www.facebook.com/LouisVuitton/)

ルイ・ヴィトンのカスタム・ドレスに身を包んだ素晴らしいミューズとして登場しました。

そして、youtube映像はルイ・ヴィトン公式サイトから配信された今回のカスタムドレスのメイキング映像。

昨今のファッションテーマは「サステナビリティ」(持続性)

いかにしてエコフレンドリーなファッションに力を注いでいるか、彼女自身も語っていますのでご覧ください。

もちろん、ルイ・ヴィトンのアンバサダーは今回が初めてではありません。

2016年以降、ルイ・ヴィトンの顔としてさまざまな舞台に立っています。

ルイ・ヴィトン,ミューズ,レア・セドゥ
https://www.facebook.com/LouisVuitton/ アイコンバッグ「カプシーヌ」(2019年) http://on.louisvuitton.com/61811z3NB

「エマ・ストーン」は、ルイ・ヴィトンのお気に入り?

エマ・ストーン,女王陛下のお気に入り,助演女優賞ノミネート
https://www.facebook.com/TheFavouriteMovie/

二人目は、エマ・ストーン

この画像は、イギリスの宮廷生活をコメディに描いた『女王陛下のお気に入り』のワンシーン。

すごい人気を博した映画で、第91回のアカデミー賞で11部門にノミネートされた傑作です。

エマ・ストーンは授賞こそ逃しましたが、共演のレイチェル・ワイズと一緒に助演女優賞にノミネートされました。

オリヴィア・コールマンが、この作品で主演女優賞を授賞しましたが、彼女の演技力はまったく遜色がありません。

また、代表作と言えば『ラ・ラ・ランド』も有名ですよね。

参考記事:エマストーン出演『女王陛下のお気に入り』、主演『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』



フレグランス「クール・バタン」、魅せる存在感!

さて、そんな彼女も2017年以降ルイ・ヴィトンのアンバサダーに就任。

バッグのCM画像もたくさんありますが、中でも、ルイ・ヴィトンのフレグランス・キャンペーンでの登場は秀逸です。

第2弾となるのが、「クール・バタン」

キャンペーン・フィルムは、パリのルーヴル美術館で撮影されています。

映像から香り立つ気品を感じて下さい。

(引用:新たな香り「Cœur Battant(クール・バタン)」 http://on.louisvuitton.com/61821OE3m)

X-MEN: ダーク・フェニックス、「ソフィー・ターナー」

ルイ・ヴィトン,x-men,ソフィー・ターナーェニックス
https://www.facebook.com/XmenMovies.Japan/

3人目は、『X-MENシリーズ』の最終ヒーローとなった、ソフィー・ターナー

スーパーヒーローのミュータントが活躍するアメコミ映画『X-MENシリーズ』は、スピンオフを含め12作品が公開されました。

「ダーク・フェニックス」はその最終賞となる作品で、最強パワーを持つ無敵のジーン・グレーを演じたのが彼女です。

クライマックスでは、共演のジェシカ・チャステインが初めて挑んだ悪役エイリアン・ヴークと激突

ジーンの壮絶な最後のシーンは、最終章にふさわしくいつまでも記憶に残る映画となりました。

X-MEN:ダーク・フェニックス【Blu-ray】 [ ソフィー・ターナー ]

感想(8件)

ファインジュエリー コレクション、「B ブロッサム」

ルイ・ヴィトン,ソフィー・ターナー,アンバサダー
https://www.facebook.com/LouisVuitton/ 製品ラインナップ  http://on.louisvuitton.com/6184EWrBO

ソフィー・ターナーがアンバサダーとなるのは、ルイ・ヴィトンのファインジュエリー コレクション

コレクションの名称は、「B ブロッサム」

「B ブロッサム」のキャッチコピーは、「自らの道を進み続ける、自信に満ちた自由な女性から着想を得た」とあります。

映画の中で、並みいる他のヒーローを圧倒するその存在感。

まさに、「自信に満ちた自由な女性」とのオーバーラップを感じます。

「アリシア・ヴィキャンデル」、『世界の涯ての鼓動』

世界の涯ての鼓動,アリシア・ヴィキャンデル
https://www.facebook.com/aliciavikanderfanpage/ 『世界の涯ての鼓動』

最後に紹介するのは、『世界の涯ての鼓動』『エクス・マキナ』などの代表作をもつアリシア・ヴィキャンデル

特に、SF映画『エクス・マキナ』では助演女優として数々の映画賞に輝いた実績を持ちます。

『世界の涯ての鼓動』ではジェームズ・マカヴォイと共演。

一見、ラブロマンスのようですが、その実タイトル通り、深海と地球の涯てで離ればなれになるという胸が高ぶる映画です。

信念を持った生物学者という知的な役柄は、彼女の雰囲気にピッタリです。

世界の涯ての鼓動 [ ジェームズ・マカヴォイ ]

感想(0件)

参考記事:胸が高ぶる映画『世界の涯ての鼓動』

ルイ・ヴィトン,ツイスト,アリシア・ヴィキャンデル
https://www.facebook.com/LouisVuitton/ 魅力溢れるアイコンバッグ「ツイスト」 http://on.louisvuitton.com/6184EeDFM

参考記事:「ルイ・ヴィトンのプロモーション映像特集」



■TSUTAYA:オンラインでDVDが買える■

ブログ統計情報

  • 30,181 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください