タランティーノ監督のバイオレンス満載映画!『ヘイトフル・エイト』は雪原の密室殺人!

ヘイトフル・エイト,クエンティン・タランティーノ監督
クエンティン・タランティーノ監督8作目『ヘイトフル・エイト』

1969年のシャロン・テート事件を背景にした、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が注目されていますが、

この『ヘイトフル・エイト』は、同じクエンティン・タランティーノ監督作品です。

「ワンハリ」は9作目。こちらの『ヘイトフル・エイト』はその前の8作目。

生涯、10作品撮ったら引退すると公言している、そんな注目監督の作品です。

18禁というだけあってちょっとグロいですが、そこは彼らしいと言えば彼らしい映画。

慣れればなんともありません(笑)。むしろ、構成やストーリーに集中して楽しんで下さい。

豪雪の中集まった、8人の「いまいましい連中」

ヘイトフル・エイト,クエンティン・タランティーノ監督
https://www.facebook.com/thehatefuleightmovie

タイトルの原題『The Hateful Eight』通り、8人の「いまいましい連中」が次々と登場します。

役者は、みんな個性派の名優ばかりでそれだけでも十分楽しめる映画です。

ただ、ヒゲ面やドロドロの衣装なのでなかなか気付きません。

いずれも迫真の演技と迫力には圧倒されます。

時代背景は、アメリカ南北戦争が収束した頃の話。

エイブラハム・リンカーンの登場はありませんが、物語の中では重要な役割。

白人による、黒人の人種差別は依然として残る時代でした。

雪深い「ミニーの家」、集まったのは偶然?

ヘイトフル・エイト,クエンティン・タランティーノ監督
https://www.facebook.com/thehatefuleightmovie

懸賞金のかかった、「お尋ね者」を護送する男

豪雪のワイオミング山中を走る一台の駅馬車。

ジョン(カート・ラッセル)が運ぶのはデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)という女。

デイジーは懸賞金のかかった「お尋ね者」

絞首刑にするために、遠く離れた町レッドロックまで運んでいるところから映画は始まります。

ヘイトフルエイト,クエンティン・タランティーノ,8作目
デイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)https://www.facebook.com/thehatefuleightmovie

イメージ的には、西部劇そのものといったところです。

その途中で、ルースは2人の男を拾います。

1人は、マーキス・ウォーレン(サミュエル・L・ジャクソン)

本作の主人公、黒人の賞金稼ぎで元北軍騎兵隊少佐です。

もう1人は、クリス・マニックス(ウォルトン・ゴギンズ)

自称、レッドロックの新任保安官。

二人とも自分のことについて適当なことを言っていますが、真偽のほどはわかりません。

いずれも胡散臭そうだったが、猛吹雪だったこともありジョンは、渋々二人を同乗させることに…。

一堂に会した連中が語る、ウソとウソ?

ヘイトフルエイト,嘘対嘘,ミニーの家
左:ジョン 右:デイジー「ミニーの家」https://www.facebook.com/thehatefuleightmovie

本来なら駅馬車は、直接目的地のレッドロックに向かうのですが、あまりの猛吹雪だったため途中で立ち寄ったのが「ミニーの家」

今なら、さしずめ道の駅の食堂のようなもの。

ジョンたち着いた時、そこには食堂を任されたボブと3人の先客がいて、ここに8人が集結することになります。

馬車で到着した4人も怪しいのですが、先着の4人も見るからにクセのありそうなヤツでばかり。

荒れくれ連中も寒さに勝てず、暖を取るため食堂の一か所に集まり始めます。

コーヒーをすすりながら、誰となく話し始めたのはそれぞれの素性でした。

南北戦争時代の話になって、一気に過去に火がつく…

ヘイトフルエイト,クエンティン・タランティーノ
サミュエル・L・ジャクソン『ヘイトフル・エイト』 https://www.facebook.com/thehatefuleightmovie/

まず、ジョンが心配だったのは、懸賞金のかかっているデイジーを奪い返そうとする仲間がいないかどうか。

しかし、聞けば嘘か本当か、もっともらしいことばかり発言。

容赦しないジョンは連中たちは話にヒートアップし、すぐに銃に手をかけようとします。

そして、南北戦争直後だったこともあり、彼らの話題は戦争中にあったことに及び始めます。

そこで出てきたのは、黒人を差別する発言。

集まった連中の中で、唯一黒人だったウォーレンに向けられた発言が発端となり、一触即発の緊迫した状態となります。

雪中の一軒家、密室殺人~クライマックスへ~

さて、この物語を面白くしているのは、集まった8人の連中が過去でつながっていたこと。

それぞれの思惑が交錯する中で起こったのがひとりの突然死!

すすっていたコーヒーに毒が入っていたようなのです。

物語は偶然集まった連中というストーリーで進んでいたのですが、一転、誰かが仕掛けた密室殺人の様相を呈してきます。

南北戦争時代に連中に何があったのか、複雑に絡まり合う憎悪はついに限界点に達し、雪中の一軒家は惨殺の修羅場となってしまうのです…。

(閲覧注意:この辺りが、18禁!)

クライマックスからエンディングにかけ、クエンティン・タランティーノ監督の世界が広がります。

監督作品:アカデミー賞10部門でノミネート、タランティーノ監督の「ワンアポ」はどんな映画?

まとめと感想

登場人物が多いのと、それぞれの人物の目的や背景、メンバー同士の関係性が複雑なので観る前にちょっと整理をしておくといいかもしれません。

参考:Wikipedia「ヘイトフル・エイト」

あまりネタバレが好きでない人は、2回見るものいいかも。

それほど面白い映画です。

(★5つが最高)

    雪の中の爽やかさ ☆☆☆☆☆

  映画全体のインパクト ★★★★★

    もう一度見たい感 ★★★★★

「なんだ、コイツラは!」 ★★★★★

構成とストーリーの満足感 ★★★★★

最後に、エンディングの大波乱を予見して止まない、インパクトのあるオープニング映像をお楽しみ下さい。

■動画配信「ディズニープラス」

ブログ統計情報

  • 272,484 アクセス