ミステリー×ファッション!『シンプル・フェイバー』のセクシーなスーツコーデにご注目

ブレイク・ライヴリー,アナ・ケンドリック
『シンプル・フェイバー』左:アナ・ケンドリック 右:ブレイク・ライヴリー

アナ・ケンドリックブレイク・ライヴリーがダブル主演を務めた映画『シンプル・フェイバー』は、アナ演じるステファニーとブレイク演じるエミリーがお互いの子供を通してママ友となり、やがてとんでもない事件へと発展する壮大なミステリー作品。

予想不可能な真実、とんでもないどんでん返しにアッと驚かされる、一筋縄では行かない物語として人気を得たスマッシュヒット作です。

失踪したママ友の謎追いかける中で浮かび上がる闇を共に推理するのが醍醐味となる一方で、アナやブレイクのファッションスタイルにも大きな注目が集まりました。

劇中で用意された衣装はなんと50着以上!

中でもファンの心を鷲掴みにしたブレイクのファッションやその秘話についてここではピックアップしていきたいと思います。

これぞブレイク・ライヴリーの正しい使い方

https://www.facebook.com/ASimpleFavorMovie/

ブレイク・ライヴリーと言えば、ゴージャスで華やか、絵に描いたような女神級の美しさを持つ女優として世界ではもちろん、日本でも熱狂的に愛されている存在です。

彼女がスターダムへ駆け上がるきっかけとなった出演作の大ヒットドラマ『ゴシップガール』でも、毎回ハイセンスなファッションを披露しており、そのファッショニスタな姿に魅了された方もきっと多いのではないでしょうか。

何せブレイクが『ゴシップガール』で役を獲得したのも、「本人がお洒落さん」であったことが理由の一つだったそうですから、やはり若い時から既に相当なファッショニスタであったことが伺えます。

これまでにブレイクが出演した作品でお洒落を堪能出来る映画やドラマは多数存在していますが、今作『シンプル・フェイバー』ではブレイクのファッションスタイルを120%堪能でき、「これぞブレイクの正しい使い方!」のお手本のような作品に仕上がっています。

ブレイク出演のお洒落作品TOP3を挙げるとしたら、『ゴシップガール』『リズム・セクション』、そしてこの『シンプル・フェイバー』がランクインするのではなかろうか、と筆者は思っています。

●ブレイク・ライヴリー(Blake Lively)

誕生日:1987年8月25日(おとめ座)

身長:178㎝

出身:アメリカ・カリフォルニア

▶ブレイク・ライヴリーの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


シンプル・フェイバー(予告編:Amazon)

※う~ん!と、最後まで唸らせてくれるサスペンス映画です。


リズム・セクション (予告編:Amazon) (楽天)

※こんな汚れ役のブレイク・ライヴリーを見るの、初めて!

参考記事:ブレイク・ライヴリー、おすすめ映画3選。ゴシップガールを卒業!』

参考記事:『シンプル・フェイバー』意味に仕込んだ、計算づくめのミステリー!

異質なファッショニスタ、エミリー・ネルソン

https://www.facebook.com/ASimpleFavorMovie/

本作でブレイクが演じたエイミー・ネルソンは、NYのファッション会社の広報部であり、バリバリのキャリアウーマン

サバサバした大胆な性格で、思ったことはハッキリと口にします。

また、ママ友となるステファニーにも真正面からぶつかってくるタイプ。

ただどこかミステリアスで、絶世の美人さんなのに顔を撮られることを嫌がるなど謎な一面もある女性。

服装はモデル顔負けのお洒落さんで、毎回バチバチにキマったスタイルで登場し、小学生の子供を持つ母親には全く見えない美貌を振りまいています。

初登場となるシーンは子供を迎えに小学校に向かう場面。

ビシッとキマッたパンツスタイルで雨の中をスローモーションで登場するのですが、ここでもう既にノックアウトされること間違いありません。

ただの子供の迎えなのに、映画際のレッドカーペットに登場してもおかしくないほどのかっこよさで、“エミリー”というよりは“ブレイクだ…”と息を飲んでしまいます。

こんなママが学校に来たら、相当なパンチ力があるのではないでしょうか。

現実離れした、どこか異質な存在感がクセになってしまいます。

メンズスタイルは、監督のファッションを参考に?

https://www.facebook.com/ASimpleFavorMovie/

映画のポスターやキービジュアルで着用しているオールホワイトのスーツにスティックを持つ姿も劇中で登場します。

その登場シーンはと言うと映画のネタバレになってしまうので詳しくは言えないのですが、“このビジュアルでここに来るエミリー“がこれまた異質で奇妙であり、エミリーらしさが爆発しているので場所とルックスのアンバランスさに注目して頂きたいです。

こんな男前な衣装、恐らくブレイク・ライヴリーにしか着こなせないのではないでしょうか。

男前すぎて惚れてしまいます。

ガーリーなワンピーススタイルも披露しているブレイクですが、基本的に本作ではメンズのような衣装を多く着用しています。

実はそのような衣装が多いのにはワケがあり、ブレイクは本作の監督を務めたポール・フェイグ監督のような格好を取り入れたのだと話しています。

ポール・フェイグ監督 https://www.popsugar.com/entertainment/

監督の衣装は確かにエミリーが着ても違和感のないようなスタイリッシュなメンズスーツで杖も持っていたりと、とてもお洒落。

ブレイクはお洒落なポール監督の衣装を意識したのだとか。

女性が着用するにはなかなかハイレベルなファッションですが、さらりと着こなすブレイクはやはりさすがの存在。

このファッション秘話を頭に置いて見てみると、また違った良さが見えてくる映画なのではないでしょうか。

まとめ

劇中で用意された衣装は50着を越えたという『シンプル・フェイバー』。

今回はブレイク演じるエミリーのスタイリッシュなファッションにフォーカスを当てましたが、アナ演じるステファニーの大人かわいいファッションと対になる様も含めて全てが魅力的なお洒落映画となっています。

物語が進むにつれ変わりゆくファッションスタイルや、監督やキャストのこだわりが感じ取れる、ミステリー映画でありながらもファッションショーのような本作を是非ご堪能ください。

■動画配信「ディズニープラス」

■動画配信「U-NEXT(ユーネクスト)」

ブログ統計情報

  • 676,626 アクセス