旬がわからないレタスという野菜たち

洋画,レタス炒め
レタス炒め

※【レタスの秘密】は、『洋画のレタス炒め』にちなんで「レタス」にまつわる寄稿記事を掲載しています。

■Ryoko Miyano:とみ家料理旅館「とみ家」(京都鴨川畔)

スーパーの棚に一年中並ぶレタス!あのみずみずしい薄緑色の野菜の旬は一体いつなんでしょうか?

高原野菜というイメージから、涼しいところのものと思いがちですが、原産地は地中海や西アジアといわれています。

なので、縦長の日本列島を眺めれば、あちらこちらで順に一年中栽培していけるわけです。

でも、価格が下がるのは春と秋ですから、それが旬だと考えていいのではないでしょうか。

 

意外に多いレタスの種類

 

 

レタス炒め,洋画のレタス炒め
レタスの秘密/洋画のレタス炒め

 

レタスはサラダに欠かせぬものですが、意外にも、和食料理にも登場します。

苣軸(チシャジク)といって翡翠色に輝く茎と、シャキシャキとした食感が特徴で味噌漬け、醤油漬け、西京漬にして、八寸やおせちにも用いられます。

千社唐(チシャトウ)「茎レタス」とも呼ばれるレタスの仲間です。

そうなんです!レタスには種類がたくさんあるんですよ!!

 

レタスの秘密,玉レタス,洋画のレタス炒め
レタスの秘密/玉レタス

 

一番よく見るボール型に育つ結球型の玉レタスと 、サニーレタスのような非結球のリーフ系があります。

そのほかに見かけるのは グリーンリーフ ロメインレタス チマサンチュ フリルレタス サラダ菜 あたりですね。

姿かたちの特徴が違うのはもちろんですが、お味や栄養価も違います。

レタスの秘密,サニーレタス,洋画のレタス炒め
レタスの秘密/サニーレタス

そして、レタスは生食のサラダだけを食していては勿体ないのです。

そうです!「レタス炒め」です!

次回は、その他にもいろんな料理法をさがしていこうと思います。

■Ryoko Miyano:とみ家料理旅館「とみ家」(京都鴨川畔)

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください