戦う最強美女!『ザ・ボディガード/パーフェクト・エージェント』、ロシアンラップも楽しめる!

ザ・ボディガード
主演ロシア女優「アレクサンドラ・チェルカソヴァ」

皆さん、こんにちわ!アクション映画が大好きな、ライターのYuuriです。

今回は、美女のエージェントが見えない敵と戦うロシア発のヒット映画『ザ・ボディガード/パーフェクト・エージェント』をご紹介いたします。

日本では意外と知られていないものの、隠れた名作である本作をたくさんの方に知ってもらうべく、映画の見どころやキャスト情報など、ネタバレなしでその魅力をお届けいたします!

(冒頭画像:引用https://ru.kinorium.com/)

ロシア発『ザ・ボディガード』:映画情報

映画タイトルザ・ボディガード/パーフェクト・エージェント
原題Shadow of the Star
監督ドミトリー・グバレフ
出演パヴェル・プリルチニー、キリル・ナギエフ、アレクサンドラ・チェルカソヴァ他
公開日2020年 【YouTube:予告編】

ラッパーの警護にあたる、最強美女サーシャ!:あらすじ

ザ・ボディガード
左:ラッパーのイリヤ 右:ボディガードのサシャ https://ru.kinorium.com/1689083/

家庭環境の過酷さに苦しみながらも、大好きなラッパーのイリヤ・ネイムを応援し続け、ライブに訪れたソーニャ

しかし、ライブ会場から追い出された挙句、ソーニャは事故で足を滑らせ転落死という悲劇を迎えてしまった。

ネイムは悲しみに暮れながらガールフレンドと過ごしていたが、ある日何者かに命を狙われ、暗殺未遂事件に巻き込まれてしまう。

ソーニャを匿い、友達でもあった高い知性と容姿を持つボディーガードのサーシャは、ネイムの警護を担当するようになるのだが、サーシャとネイムの間には険悪なムードが流れていた。

あることをきっかけに、少しずつ2人の間に愛が芽生え始めるものの、ネイムは引き続き狙撃手から狙われ続け、彼の周囲にも魔の手が近付きつつあった。

自身の高い戦闘力を武器に、姿の見えない敵に立ち向かうサーシャ。

果たしてサーシャは敵に勝つことが出来るのか、またネイムを守ることが出来るのだろうか――?

険悪な仲から、愛が生まれる瞬間にご注目!

ザ・ボディガード
https://ru.kinorium.com/1689083/

人気ラッパー、ネイムの大ファンである少女・ソーニャが悲劇の死を遂げてからというもの、彼の命を狙う者が出現。

その警護を任されたソーニャの友人であるサーシャとの物語を描いた『ザ・ボディガード/パーフェクト・エージェント』

ロシア発の映画であり、ロシアらしさ溢れる冷たく寒い街並みを舞台に、激ツヨなエージェント

サーシャが終始かっこいいスタイリッシュなアクション作品として根強い人気を集めており、隠れた名作として愛されています。

ラップ嫌いで細身の美女が、エージェント!?

ザ・ボディガード
サーシャとネイム https://ru.kinorium.com/1689083/

ラッパーを警護する…という物語でありながら、実はサーシャは大のラップ嫌い

加えてサーシャとは相反する性格であり、出会った当初はバチバチの関係性でした。

そもそも、スレンダー美女であるサーシャはパッと見ではエージェントとは思えぬ見た目で、彼女を見た登場人物達は「こんな人が本当にエージェントなの?」と疑うほどのビジュアルの持ち主でした。

ですが、クマのような大男とも戦えるサーシャの実力は”ホンモノ”。

どんな些細な変化にも気付き、格闘技だけでなく冷静で高い知性を武器に、ネイムを狙う魔の手から徹底的に守り抜く姿はまさにスーパーエージェントそのもの。

スタイル抜群のサーシャから放たれる可憐なアクションは、思わずずっと見ていたくなるほどの超人っぷりと言えます。

一方、ネイムもカリスマ的ラッパーなのでその魅力は抜群。

ごう慢な性格でありながらも、命を落としたファンの一人であるソーニャに想いを寄せています。

次第にその心にも変化が現れるようになるのですが、その命は何者かに狙われ続け、元恋人も命の危機を迎えてしまうことになります。

一体誰がネイムの命を狙っているのか――?

予想出来ない真犯人の正体からも目が離せない、ノンストップ・エンターテインメント作品はアクション好きなら超必見の一作です!

ロシアンラップとソーニャの儚い人生、想いを馳せて

ザ・ボディガード
https://ru.kinorium.com/1689083/

皆さんは、ロシアのラップを耳にする機会ってありますか?

そもそも、ロシアの音楽エンターテインメント自体に触れる機会がない…という方も多いかと思います。

筆者もこの作品で初めてロシアのラップに触れることが出来た一人。

この映画の描写がロシアのエンターテインメントの全てではありませんが、勉強になるものがありました。

今作は、ラッパーを警護する物語ということもあり、ラップが重要な鍵として描かれ、ライブシーンなども多く登場します。

人気ラッパーのネイムは、人生について語り希望を見い出す歌を歌うことでカリスマ的な支持を集めており、事故死したソーニャもまたネイムのラップに支えられたファンの一人でした。

劣悪な家庭環境で育ち、居場所がなかったソーニャにとってネイムのラップは、唯一彼女の心の支えとなっていた尊い存在だったのかもしれません。

ソーニャはネイムのライブを鑑賞する夢は叶わなかったわけですが、劇中では「もしソーニャがネイムのライブにいたら」という想像が掻き立てられるような幻想的なシーンがあります。

楽しそうにネイムを見つめてリズムを取るソーニャを嬉しそうに見て歌うネイムのシーンは、彼女の魂が救われるような瞬間です。

緊張感に包まれる世界観の中で唯一心がじんわりと温かくなる美しいシーンとなっているので、是非とも目に焼き付けて頂きたいです。

ロシアンラップをたっぷりと堪能出来る貴重な本作は、新たな世界の扉を開くきっかけとなるのではないでしょうか。

アレクサンドラ・チェルカソヴァにご注目!

ザ・ボディガード
https://ru.kinorium.com/1689083/

主人公、サーシャを演じるのはロシア出身のアレクサンドラ・チェルカソヴァ

ロシア出身のモデルで、国内のファッション雑誌で多くの表紙を飾っており、映画『Grom: Trudnoye detstvo』(23)や、『Ladnaoy Demon』(21)といった作品に出演しています。

本作のヒットを受け、ニューアクションヒロインとも呼ばれているアレクサンドラ。

モデルということもあり、持前の抜群のスタイルでキレッキレなアクションはまさに芸術。

美しさと強さと知的さが同居したアレクサンドラが魅せる、スタイリッシュな演技と体術に是非ご注目あれ!

●アレクサンドラ・チェルカソヴァ(Alexandra Cherkasova)

誕生日:1989年4月10日生まれ

星座:おひつじ座

出身:ロシア

▶アレクサンドラ・チェルカソヴァの主な出演作品

ドヴラートフ レニングラードの作家たち

コスモボール/COSMO BALL

まとめ:プライムビデオで配信中!

ザ・ボディガード
https://ru.kinorium.com/1689083/

ロシア映画にあまり触れる機会がない人でも観やすい映画です。

ラップ、アクション、ラブストーリー、そして見えない敵の正体を推測する謎解き要素もある本作は、一度観たら止まらなくなる刺激的な作品です。

今まで観たことのないようなアクション映画を求めている方に激推ししたいこの一作、『ザ・ボディガード/パーフェクト・エージェント』アマゾンプライムビデオなどで配信中です!

《ライター:Yuuri》

エマ・ストーン,ラ・ラ・ランド,映画の風道
https://www.facebook.com/LaLaLand

読者の皆さんこんにちわ。ライターのYuuriと申します。

アクション映画を好み、エマ・ストーンとクリステン・スチュワートをこよなく推してます。

記事の感想などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

kissme.yr.0604@gmail.com クリックで担当記事一覧へ→

ブログ統計情報

  • 1,386,969 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください