プライムビデオ:【2024年3月の見放題】新着洋画編、名作続編から心打つ作品までラインナップ3選

トップガン
『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ

皆さん、こんにちわ!アマプラでの洋画鑑賞が趣味の、ライターのYuuriです。

2024年3月のアマプラでは、世界的ヒットを記録したあの名作の続編や、心を打つような作品までバラエティ豊かなラインナップがズラリ。

どれを観ようか悩む!という方の為に、ここでは筆者が特に観てもらいたいオススメの3作品をピックアップしてみました。

是非参考にしてみてください。

(冒頭画像:引用https://www.facebook.com/TopGunMovie/)

1.Ricky Stanicky

オススメ①『俺らのマブダチ リッキー・スタニッキー』

マブダチリッキー
https://www.aboutamazon.com/news/entertainment/
映画タイトル俺らのマブダチ リッキー・スタニッキー
原題Ricky Stanicky
監督ピーター・ファレリー
出演ザック・エフロン、ジョン・シナ、アンドリュー・サンティーノ、ジャーメイン・ファウラー他
配信日2024年 【YouTube:予告編】

イタズラ好き3人組、遂に後悔!?:あらすじ

ディーン、JT、ウェスの3人はいたずら好きの幼馴染。

彼らはいたずらが失敗してしまうと、リッキー・スタニッキーという存在しない友人をでっち上げていつも難を逃れていた。

リッキーという架空の友人を作り出してから20年。

今でもリッキーを利用していたのだが、彼らの周囲の人間はだんだんとその存在を疑い始めていた。

ある時、罪を犯してしまった3人は、リッキーという存在を作り出したことを次第に後悔するようになってしまう。

ザック・エフロン主演、ユーモア溢れるコメディ映画に

マブダチリッキー
https://www.aboutamazon.com/news/entertainment/

ザック・エフロンアンドリュー・サンティーノジャーメイン・ファウラーが幼馴染役を演じた『俺らのマブダチ リッキー・スタニッキー』

あらすじにもあるように、リッキーとは3人がいたずらから逃れるために作り出した架空の人物で、20年経った今でもリッキーを利用している…という何ともユニークな物語です。

友情と責任を描いたコメディ映画であり、演技派俳優として大きな注目を集めているザック・エフロンが久々に主演、ファンはもちろんのこと、コメディ好きは間違いなく要チェックの一作に。

恥ずかしい秘密を守る為に奮闘する3人のキテレツな冒険モノは、予告編だけでも既に笑える予感で満ち溢れている作品となっています。

いたずら好きの3人が、遂にリッキーを生み出したことを後悔するようになるその過程や、熱い友情関係の行く末にご注目あれ!

(2024年3月7日配信スタート)

2.Top Gun: Maverick

オススメ作品②:『トップガン マーヴェリック』

トップガン
https://topgunmovie.jp/
映画タイトルトップガン マーヴェリック
原題Top Gun: Maverick
監督フィリス・ナジー
出演トム・クルーズ、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス、ジョン・ハム他
公開日2022年 【YouTube:予告編】

「マーヴェリック」が教官で、トップガンに復帰!:あらすじ

米の優秀なパイロットチームであるトップガンと呼ばれる彼らは、成功する可能性が低い任務に挑もうとしていた。

この任務を成功させるため、かつてエリートパイロット候補生と呼ばれたマーヴェリックという男が飛行士訓練校に教官として復帰。

伝説のパイロットであるマーヴェリックだが、実はかなり異端の存在で、常識や組織に囚われない自由な男でもあった。

この態度が原因で昇進することもないマーヴェリックだった。

が、これまでに失った大切な仲間との思い出から、空を飛ぶことの厳しさや戦いの過酷さを生徒たちに教え、教官として生徒たちを指導することに。

生徒の中には、かつてマーヴェリックの亡き相棒であるグースの息子の姿もあったのだが、グースはマーヴェリックに恨みを抱いていた。

なぜマーヴェリックが再びトップガンに戻ってきたのか?大空にかけるその想いとは…。

大迫力のスカイアクション!進化した続編に興奮

トップガン
https://topgunmovie.jp/

世界的大ヒット映画『トップガン』(86)の36年ぶりの続編となるやいなや、2022年公開映画の中でも超ヒットを記録。

日本でも『マーヴェリック旋風』を巻き起こした『トップガン マーヴェリック』。

トム・クルーズ演じるエリートパイロット候補生だったマーヴェリックが教官として訓練校にカムバックし、スカイアクションとヒューマンドラマを織り交ぜた物語が展開される作品です。

トムにとって、大ブレイクを果たすきっかけとなった前作の『トップガン』。

その魅力を大いに上回りながらも、マーヴェリックという人物の軸はブレず、彼らしさが存分に発揮されており、変わらぬ良さがそこにはあります。

そして、マーヴェリックの元相棒であり今は亡きグースの息子の訓練生・ルースターとの関係性や葛藤もドラマを彩る魅力の一つに。

何といっても大幅にパワーアップしたスカイアクションは圧巻!

最新技術を駆使した迫力満点の映像は、この映画の最たる見どころと言っても過言ではありません。

トムを始めとする俳優陣が訓練を重ねて挑んだ臨場感溢れるアクションは、何度でも観たくなるほど素晴らしいシーンになっています。

前作ファンはもちろん、今回初めて『トップガン』に触れる人でも楽しめる本作の配信を是非ともお見逃しなく!

(2024年3月9日配信スタート)

3.Till

オススメ作品③:『ティル』

ティル
https://www.universalpictures.jp/micro/till
映画タイトルティル
原題Till
監督ンジンガ・スチュワート/エミリー・ティン
出演ダニエル・デッドワイラー、ウーピー・ゴールドバーグ、ジャリン・ホール、ショーン・パトリック・トーマス、ヘイリー・ベネット他
公開日2022年 【YouTube:予告編】

14歳の息子が殺害、立ち上がる母親!:あらすじ

1955年のイリノイ州シカゴ

空軍でたった一人の黒人女性として勤めていたメイミー・ティルは、一人息子のエメットと幸せな日々を過ごしていた。

そんな2人の運命が変わったのは、エメットが初めてミシシッピ州の親戚のもとへ訪れたことがきっかけだった。

飲食店で働く白人女性のキャロリンにエメットが声をかけて口笛を吹いたというだけで白人の男達に連れ去られ、リンチされて川に投げ捨てられるという凄惨な事件が起きてしまったのだ。

エメットの母であるメイミーは、息子を死に追いやったこの理不尽で信じがたい事件を多くの人に知ってもらうために、危険を冒してでも裁判に立つことを決意。

これまでの常識を覆す勇気ある行動は、世界の黒人に希望を与え、大きな旋風を巻き起こすことに。

実話を基に制作、残酷な物語が心に突き刺さる

ティル
左:ティル(ダニエル・デッドワイラー) 右:エメット(ジャリン・ホール )https://www.universalpictures.jp/micro/till

1950年代を舞台に、白人からリンチを受けて殺害された黒人男性の事件をきっかけに、アフリカ系アメリカ人が公民権運動を邁進させた実在の事件を映画化した『ティル』

『ザ・ハーダー・ゼイ・フォー 報復の荒野』(21)のダニエル・デッドワイラーが主人公ティルを演じ、『ブルーザー』(22)のジャリン・ホールが息子のエメットを演じました。

他、白人女性のキャロリンにはヘイリー・ベネット、アルマ役にはウーピー・ゴールドバーグといった豪華俳優陣が出演。

平凡に暮らしていた母のティルと、14歳という若さで理不尽な理由で殺害されてしまった息子のエメット。

白人女性に口笛を吹いただけでリンチされ殺害されてしまうという、平和な現代に暮らす私たちからすると絶句してしまうようなこの事件。

そんな残酷な状況でも我が息子に何が起きたのかを世界に伝えるために立ち上がった母が、絶望を希望へと変えていった勇気あるこの物語は、人類史を知るために一度は観ておきたい物語になっています。

(2024年3月15日配信スタート)

4.見放題作品の一覧表

プライムビデオ,2024年3月
https://twitter.com/PrimeVideo_JP/

まとめ

映画『俺らのマブダチ リッキー・スタニッキー』は、2024年3月7日

映画『トップガン マーヴェリック』3月9日

映画『ティル』3月15日よりアマゾンプライムビデオにて配信スタートとなっています。

この機会をどうぞお見逃しなく!

《ライター:Yuuri》

エマ・ストーン,ラ・ラ・ランド,映画の風道
https://www.facebook.com/LaLaLand

読者の皆さんこんにちわ。ライターのYuuriと申します。

アクション映画を好み、エマ・ストーンとクリステン・スチュワートをこよなく推してます。

記事の感想などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

kissme.yr.0604@gmail.com クリックで担当記事一覧へ→

ブログ統計情報

  • 1,379,118 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください