スパイ映画『ARGYLLE/アーガイル』マシュー・ヴォーン監督、新次元のスパイアクション作品!

アーガイル

こんにちは、好きなスパイ映画は『007 /スカイフォール』のすどうゆきです。

今回は、英国紳士スパイ『キングスマン』シリーズのマシュー・ヴォーン監督最新作『Argylle(アーガイル)』(原題)を紹介します!

2024年3月1日(金)公開『Argylle』は、マシュー・ヴォーン監督が手掛ける新たなスパイアクション映画ということで注目を集めています。

スパイ映画の鉄板要素を持ちながらも、独自のスタイルと斬新なアプローチで観客を魅了することで評価されているらしい本作。

以下では、『Argylle』のあらすじ、キャスト情報、現時点での魅力の考察について紹介します!

記憶喪失のスパイ復讐劇、『ARGYLLE/アーガイル』

アーガイル
https://www.facebook.com/DuaLipa

まずは映画『ARGYLLE/アーガイル』のあらすじをチェック。

世界的なスパイである主人公は自分をスパイ小説のベストセラー作家だと思い込み、小説を執筆。

やがて彼の記憶と殺傷能力が戻り、かつての影の組織「ディビジョン」への復讐の旅に身を投じていくことに…。

何やらつかみだけでも面白そうな予感がしますが、この物語は作家エリー・コンウェイによる同名小説を原作としているそう。

このプロットを基に、マシュー・ヴォーン監督がスパイアクションにどんな味付けをしてくれるのか楽しみなところです。

Argylle (英語版)Elly Conway (著) 2023/11/9予約

スパイ映画『Argylle』、気になるキャスト情報

アーガイル
左:ヘンリー・カヴィル 右:デュア・リパ https://www.facebook.com/theworldmusicawards

『Argylle』のキャスト陣には、豪華な俳優たちが集結!

主人公のアーガイル役を演じるのは、『マン・オブ・スティール』『コードネーム U.N.C.L.E.』ヘンリー・カヴィル

モデルとしても活躍する彼のカリスマ性とアクションスキルが、物語の核心を担っています。

●ヘンリー・カヴィル(Henry Cavill)

誕生日:1983年5月5日生まれ

星座:おうし座

身長:185cm

出身:イギリス

▶ヘンリー・カヴィルの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

ヘンリー・カヴィル
https://twitter.com/BatmanvSuperman/

マン・オブ・スティール(作品情報)

U-NEXTギフトコード 30日間見放題+1,200ポイント

※【U-NEXTの特長】作品ジャンル:[ビデオ]:洋画 | 邦画 | 海外ドラマ | 韓流・アジアドラマ | 国内ドラマ | アニメ | キッズ | ドキュメンタリー | 音楽・アイドル | バラエティ | その他♥[ブック]:雑誌 | マンガ | ラノベ | 書籍

【新作が豊富】話題の映画をブルーレイやDVDの発売と同時、あるいは先行配信にてお楽しみいただけます。また、テレビ放送中のドラマやアニメの見逃し配信など、新しい作品も豊富に取りそろえています。

▶無料トライアル実施中!<U-NEXT>

さらに、サミュエル・L・ジャクソンブライス・ダラス・ハワード 、 サム・ロックウェルディアンジェロ・ベイカー、といった実力派俳優たちが脇を固めています。

彼らの演技が、物語の緊張感やドラマチックな要素を一層引き立てることが予想されます。

そして、本作が本格的な俳優デビュー作となる※シンガーデュア・リパにも注目したいところです。

アーガイル,デュア・リパ
https://www.facebook.com/DuaLipa

■※シンガーのデュア・リパについて【管理人・選】

Dua Lipa( CD)

※ミレニアル世代を代表する、UK#1ポップ・アイコンの座を射止めた、デュア・リパのデビュー・アルバム『デュア・リパ』に
過去に実施した豪華コラボレーション楽曲を2枚組にしたコンプリート・エディション!【引用:Amazon】

▶Amazonプライム会員:特典(動画・ミュージック・本・ライブ・DVD他)

マシュー・ヴォーン監督『Argylle』、注目すべき理由

マシュー・ヴォーン監督
https://www.facebook.com/KingsmanMovie/

さて、今作はスパイ映画の新たな金字塔となるのでしょうか?

『ARGYLLE/アーガイル』が注目される理由としてまず、マシュー・ヴォーン監督の才能とビジョンが挙げられます。

彼は過去にキングスマンシリーズや『キックアス』X-MEN: ファースト・ジェネレーションなどでその能力を証明、スパイジャンルにおいて独自のスタイルを確立しています。

アーガイル,キングスマン
『キングスマン』(コリン・ファース)https://www.facebook.com/KingsmanMovie/

そのため『ARGYLLE/アーガイル』でも、彼の特有のスタイリッシュな演出とユーモアが存分に発揮されることが期待されています。

ちなみに本作は、「1980年代のアクション・スリラーへの賛歌」として製作にあたったとのこと。

また、ヴォーン監督はあるインタビューの中で、『ARGYLLE/アーガイル』のストーリーをジェームズ・ボンドになぞらえています。

「この初期の草稿を読んだとき、※50年代のイアン・フレミング(007シリーズの作者)の小説以来、最も独創的なスパイ・フランチャイズだと感じた 」

「これはスパイというジャンルを再発明することになる」

と語っていることからも、マシュー・ヴォーン監督が本作によってスパイ映画の新たな到来を告げるのでは?!と予測しています。

▶※50年代のイアン・フレミング

イアン・フレミング:「007/カジノ・ロワイヤル」

※世界で最も有名なスパイ ジェームズ・ボンド初登場の記念作!映画化され大ヒットしたスパイ小説の金字塔【引用:Amazon】

まとめ:3部作のスタートに!

アーガイル,デュア・リパ
https://www.facebook.com/theworldmusicawards

今回は、マシュー・ヴォーン監督の新作映画『ARGYLLE/アーガイル』を紹介しました!

個人的にちょっと気になっているのがタイトルのスペルで、「アーガイル」って大体英語でArgyle、Argyllといった綴りになるのですが、本作はそのどちらでもない、「Argylle」。

何かそこに意味があるのでしょうか?

Argylle』は早くもフランチャイズ化が決まっているらしく、本作は3部作の最初の作品になる模様。

世界中のあらゆる場所を舞台に、今回はどんなスパイが活躍してくれるのか、とても楽しみです。

《ライター:すどうゆき》 担当記事一覧はこちらへ→

●洋画好きのすどうです。英語が飛び交う環境で働くペーペー社会人。

映画鑑賞で英語上達を画策中。

ブログ統計情報

  • 1,379,127 アクセス
About すどうゆき 53 Articles
一市民としてゆるふわに映画鑑賞しています。専門用語や知識に偏らず、たくさんの方に馴染みやすい、息の長い記事を書きたいと思っています。 ご依頼などありましたらこちらまでどうぞ。 s9.aqt.xxx@gmail.com

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください