マーゴット・ロビーの実写化映画『バービー(Barbie)』、バービー人形のイメージが変わる!

バービー
実写化映画『バービー』マーゴット・ロビー

2023年公開の映画の中でも特に注目されているのは映画『バービー』

世界中の女の子たちの憧れである、あのバービー人形を女優マーゴット・ロビーが演じるということで大きな視線が集められています。

トレーラーやファーストルックも公開された『バービー』のあらすじやキャスト情報など、その魅力を一足先に要チェック!

(冒頭画像:引用https://twitter.com/wbpictures/)

映画『バービー』:作品情報

映画タイトル Barbie(原題)
原題 Barbie
監督 グレタ・ガーウィグ
出演 マーゴット・ロビー、エマ・マッキー、ライアン・ゴズリング、ウィル・フェレル、シム・リウ、アメリカ・フェレーラ他
公開日 2023年

真の幸せとは?:あらすじ

完璧な容姿ではないという理由から、バービー・ランドを追放された女の子バービー

真の幸せとはなんだろう?

それを見つけるために、バービーは人間界へ旅立つことに…。

王道ではない、ハッピー物語!

https://twitter.com/wbpictures/

世界的に愛されている着せ替え人形のバービーを、ワーナー・ブラザースが実写化した映画『バービー(原題:Barbie)』

誰もが一度は目にしたことがあるブロンドヘアでとびきりお洒落、そしてキュートなバービーを演じるのは映画『スーサイド・スクワッド』(16)や映画『アムステルダム』(22)などで知られるマーゴット・ロビー

ゴージャスなビジュアルで愛され、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気のマーゴットの今回の配役は、「まさに!」と言わんばかり。

もはや、マーゴット以外では考えられないほどのナイス・キャスティングと言っても過言ではありません。

先日、ティザーや劇中場面のファーストルックが公開されるやいなや、バービーの華やかでキュートな姿にファンは大熱狂。

映像を5秒見ただけで恋に落ちてしまうほどの眩しさを放ち、ますますその本編に期待が高まる情報解禁となりました。

意味深なあらすじ、イメージを塗り替える?

バービー
https://twitter.com/wbpictures

詳しいストーリーは2022年12月時点では明らかになっていないものの、「完璧な容姿ではないために、バービー・ランドを追放された女の子」という簡潔なあらすじのみが公開されています。

誰がどう見ても完璧な容姿なのに!?と思わず口走ってしまうような、意味深なあらすじに熱い視線が注がれています。

実は本作、誰もが想像出来るようなバービーの世界観ではなく、王道からも外れており、全く別の何かを描いていると製作にも関わったマーゴットは語っています。

実際、ティザー映像でも「女の子は人形で遊ぶことが当たり前」という概念を壊すような描写が描かれており、人形遊びへの固まったイメージや、女性への考えをいい意味で塗り替えるような物語を示唆しているのです。

とは言え、見ているだけで世界をハッピーに出来る明るい作品でとのことで、老若男女関わらずたくさんの人を元気にしてくれるような作品になっていそうです。

●マーゴット・ロビー(Margot Robbie)

誕生日:1990年7月2日生まれ

星座:かに座

身長:168㎝

出身:オーストラリア

▶マーゴット・ロビーの出演作品一覧

▶おすすめの代表作品


アムステルダム(作品情報)


ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(作品情報)

※マーゴットと言えばハーレイ!カリスマ的な存在感に注目!


スーサイド・スクワッド(予告編:Amazon) (サントラ:楽天)

参考記事:マーゴット・ロビーおすすめ映画3選、ハーレイ・クインから死の谷間まで

恋人・ケン役は、ライアン・ゴズリング!

バービー
https://twitter.com/wbpictures/

バービーと言えば、その世界に欠かせない愛すべきキャラクターがもう一人。

それは彼女の恋人であるケン

ブロンドに、誰もが羨むボディを持つお洒落なケンを演じるのは、映画『ラ・ラ・ランド』(16)で知られるライアン・ゴズリング

こちらもティザーに登場しており、絵に描いたような腹筋と、Kenという名前が入ったパンツで微笑むライアンが印象的なビジュアルに。

バービー人形の設定としては、バービーもケンもティーンエイジャーでしたが、演じる2人の年齢やビジュアルを見る限り、もう少し年齢設定が上げられている可能性が高いようです。

動くバービーとケンが、どのようなやり取りを交わし、関係性が描かれるのか、一日も早くその本編を確認したいところですね。

バービー,ライアン・ゴズリング
https://www.facebook.com/BritishVogue/

●ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)

誕生日:1980年11月12日生まれ

星座:さそり座

身長:184㎝

出身:カナダ・オンタリオ州

▶ライアン・ゴズリングの出演映画一覧

▶おすすめ代表作品


きみに読む物語(作品情報) 


ラ・ラ・ランド(作品情報)

※ライアンの代表作の一つ。夢を追うセブを好演。

難航していた実写化プロジェクト、ついに実現!

バービー
https://twitter.com/Binged_/

映画『バービー』は、今から約10年前の2012年頃より映画化の話が進行していました。

実は映画のプロダクションがスタートした頃には、バービー役にアン・ハサウェイエイミー・シューマーがキャスティングの候補に上がっていたのですが、どちらもスケジュールの都合が付かずに実現不可へ。

他にも脚本家の降板といった困難な時期もあり、製作が思うように進まなかったこともありました。

映画化の計画を一新したのち、バービー役に選ばれたのがマーゴット・ロビーで、プロデューサーとしても本作の製作に携わることが決定。

マーゴットは、バービー役に抜擢されたことをとても光栄に思っているとのこと。

人形と遊ぶということは子供が自分自身を発見することであり、自信や好奇心、コミュニケーションに繋がると述べ、本作はきっと子供たちに良い影響を与えるはずと語っています。

マーゴットの自信溢れる作品でもある本作。

ティザーや場面写真を見れば、そのクオリティの高さや自信が伺えますよね。

まとめ

バービー人形
2022年のホリデーバービーhttps://www.facebook.com/BarbieJapanOfficial/

2023年公開の映画の中でも一際注目を集めている実写化映画『バービー』

紆余屈折の制作過程を経て実現した『バービー』の世界で、”バービー”がどんな幸せを見つけていくのか?

そのキュートでハッピーな姿を観る日が今から待ち遠しくて仕方ありません。

映画『バービー』は、2023年7月21日に全米で公開予定です!

《ライター:Yuuri》

エマ・ストーン,ラ・ラ・ランド,映画の風道
https://www.facebook.com/LaLaLand

読者の皆さんこんにちわ。ライターのYuuriと申します。

アクション映画を好み、エマ・ストーンとクリステン・スチュワートをこよなく推してます。

記事の感想などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

kissme.yr.0604@gmail.com クリックで担当記事一覧へ→

■動画配信「ディズニープラス」

■動画配信「U-NEXT(ユーネクスト)」

ブログ統計情報

  • 763,589 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください