心温まる映画を洋画から選んで紹介、家族・友情・人生そして奇跡の物語に人生ってまんざらでもない…

ジョジョ・ラビット
『ジョジョ・ラビット』公式サイト

毎日楽しく暮らしたいのに、何気ないことで心のバランスをなくしてしまうことってありませんか?

心許せる人との楽しい会話で、吹っ切ってしまうのも方法かもしれません。

でも、今はわざわざ人と対話する処方箋より、一旦、ひとりになってみませんか?

そして、「心温まる映画」でも見ながらサッサと気分を切り替える!

「人生って、まんざらでもないなぁ…」と思えたら、1本の映画、安いものです。

さまざまな人生背景に、ホッとする人間模様

紹介するのは、8本の洋画からです。

さまざまな年代、男と女、そして環境の違う人たちが登場します。

読者と映画に登場する人物の背景が違うのは当然で、まして海外作品なので悩みや人間関係の機微は違うかもしれません。

しかし、なんとか「せいいっぱい生きている人たち」を描いているという点ではまったく一緒です。

そんな人たちを見ると、きっと心が温かくなってきて、ホッと和んでいる自分に気付くことでしょう。

1.The Glass Castle

『ガラスの城の約束』、嫌いなお父さんのこと

ガラスの城の約束,嫌いな父親,エラ・アンダーソン
https://www.facebook.com/GlassCastleFilm/ 中央:ジャネット・ウォールズ(エラ・アンダーソン)

最初の「心温まる映画」は、家族がテーマです。

家族間の人間関係は、ややもすると普通の人間関係よりキツイかもしれません。

今作、『ガラスの城の約束』はアメリカで活躍する女性コラムニスト「ジャネット・ウォールズ」の自叙伝が原作。

両親と姉妹たち6人で暮らした家族の、父と娘にスポットが当たっています。

主人公ジャネット(ブリー・ラーソン)は、小さい頃は思い出をいっぱい作ってくれた父レックス(ウディ・ハレルソン)のことが好きでした。

しかし、成長するにつれ大酒飲みで約束を守らない父に次第に愛想を尽かし始めます。

ガラスの城の約束(予告編)

大人になってやっと親から独立できたジャネットは、すっかり父親のことを忘れコラムニストとして忙しい日々を送っていました。

あえて父親と会うのも避けてきたのですが、ジャネットが結婚すると聞いた母親が、せめてフィアンセを父親に紹介したらと持ち掛けます。

多少、レックスの悪癖を聞いていたフィアンセも理解してくれ、二人は会うことに。

しかし、事態はとんでもないことに発展、父の悪癖は全然変わっていなかったのです。

ガラスの城の約束,嫌いな父親,ウッディ・ハレルソン
https://www.facebook.com/GlassCastleFilm/

もう金輪際と思った矢先、強弁の父親も長年の大酒飲みがたたってとうとう体調を崩すことに…。

久々に集まった姉妹たちの話題は、映画のタイトルともなった「ガラスの城の約束」のことでした。

悪口を言うものは誰もいず、みんなが笑顔で話すのは懐かしい父との思い出ばかり。

ギスギス感ばかりの家族映画と思いきや、最後にはやさしい安ど感に包まれます。

作品詳細:父親のことが大嫌いなあなたに見て欲しい映画、『ガラスの城の約束』

●ブリー・ラーソン(Brie Larson)

誕生日:1989年10月1日

出身地:アメリカ・カリフォルニア

身長: 170 cm

▶ブリー・ラーソンの出演作一覧

▶おすすめの代表作品

ルーム(予告編)

※感動のエンディングが待っています!

キャプテン・マーベル (予告編)

※2022年には、続編が予定されています。

2.Tully

『タリーと私の秘密の時間』、ナイトシッターの驚きの秘密

タリー,アラフォー,マッケンジー・デイヴィス
https://www.facebook.com/tullymovie

今作、『タリーと私の秘密の時間』もテーマは家族ですが、その中で子育てに奮闘するアラフォーママにスポットが当たっています。

主人公ママ、マーロー(シャーリーズ・セロン)は夫と二人の子どもと暮らす4人家族。

しかも、もうすぐ3人目の出産も控えています。

映画は、最初からタリーの孤軍奮闘ぶりが映し出されます。

(夫は、一応多忙なマーローに理解を示しているのですが、肝心のところにはちょっと手が届いていない様子)

出産前でもそんな状態ですから、出産後のバタバタが思いやられます。

果たして、この映画のどこが「心温まる」のでしょう…。

タリーと私の秘密の時間(予告編)

出産後のマーローは、激務そのものです。

疲れ切っているマーローを見かねた夫は、知り合いから「ナイトシッター」の情報を聞いてきてマーローに相談を持ち掛けます。

「ナイトシッター」とは、夜中の赤ちゃんの授乳など夜だけ育児の手伝いをしてくれる人です。

正直、それほど期待していなかったマーローですが、やってきたのはタリー(マッケンジー・デイヴィス)という若い女性。

すこぶる印象もよく、大変良く気の付く女性で仕事は完璧でした。

タリー,マッケンジー・デイヴィス,シャロン・ストーン
https://www.facebook.com/tullymovie/ 左:タリー(マッケンジー・デイヴィス)右:マーロー(シャーリーズ・セロン)

しかも、マーローが昼間にやり忘れているようなことまでしっかりやってくれるのでした。

おかげでマーローは余裕ができ、昔の元気を取り戻すマーロー。

さて、実はこの映画、最後にどんでん返しが仕掛けられています。

たまには夜の街に繰り出そうとマーローを誘ったタリーから、突然、告白されます。

「この仕事をやめなければならなくなった…。」と言い出したのです。

その理由を知った時、マーローだけではない誰にもある秘密にハッと気づくことに。

生活に疲れひんやりしていた心が、ホッとする瞬間に立ち会えますよ。

●シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)

誕生日:1975年8月7日(しし座)

身長:177㎝

出身:南アフリカ共和国

▶シャーリーズ・セロン出演作品一覧

▶おすすめの代表作品

アトミック・ブロンド(予告編) 

●マッケンジー・デイヴィス(Mackenzie Davis)

誕生日: 1987年4月1日(おひつじ座)

身長:180 cm

出身:カナダ・ バンクーバー

▶マッケンジー・デイヴィスの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

ハピエスト・ホリデー 私たちのカミングアウト (予告編)

※女子同士のラブストーリー。マッケンジー・デイヴィスが輝いて見えますよ!

3.Jojo Rabbit

『ジョジョ・ラビット』、10歳の男の子とユダヤ人の交流

ジョジョラビット,スカーレット・ヨハンソン,アカデミー賞
https://www.facebook.com/JojoRabbitMovie/

次に紹介する『ジョジ・ラビット』は、前2作と時代も背景を異なる映画です。

第二次大戦中の、ドイツの話です。

と言えば、思い起こすのは悪事を尽くしたナチス・ドイツ

ちょっと馴染めない人もいるかもしれませんが、観れば必ず心の中の突っ張りが外れ気持ち良くなること受け合います。

主人公は、ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイヴィス)という名前の10歳の子どもです。

なんと彼は、当時のナチスの国策でナチスの思想を植え付ける「ヒトラー・ユーゲント」という組織に入隊させられていました。

日に日に、「ハイル!ヒットラー!」という例の号令が上手になるのを自慢さえしていました。

ジョジョラビット,アカデミー賞,作品賞
http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/)

そんなナチス思想にハマりつつあるジョジョは、ある日、自宅の隠し部屋にとんでもないものを見つけます。

それは、ユダヤ人の少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)でした。

母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)と二人きりで住む家で、絶対ご法度のユダヤ人が匿われていたのです。

見つかれば大好きな母親もろとも死刑は必至。

ロージーが働きに出た昼間、ジョジョは人間以下と洗脳されていたユダヤ人に恐る恐る話しかけるのでした。

少女との会話を通じてジョジョが次第に感じ始めることに、戦争の醜さを知っている人はきっと心穏やかになるはず。

そして、何よりこころを揺さぶるのはジョジョと母親ロージーの会話です。

普通の戦争映画にはない、爽やかなエンディングを迎えます。

作品詳細:『ジョジョ・ラビット』は泣ける映画!ヒトラーユーゲントに10歳で入隊した男の子

●スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)

誕生日:1984年11月22日生まれ(いて座)

身長:160㎝

▶スカーレット・ヨハンソンの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

ジョジョ・ラビット (予告編)

ゴースト・イン・ザ・シェル (予告編)

4.Gifted

『gifted/ギフテッド』、天才少女の悩みに寄り添う

ギフテッド,マッケンナ・グレイス,クリス・エヴァンス
https://www.facebook.com/GiftedFilm

続いてこちらも子どもが主人公の、心温まる映画です。

子どもの純粋な気持ちに触れた時は、なおホッとしますよね。

でも、今作『gifted/ギフテッド』の主人公メアリー(マッケンナ・グレイス)はちょっと変わっていました。

「Gifted」は天才を意味し、メアリーは7歳ながら数学の天才だったのです。

ただ、メアリーは両親がいなくて亡くなった母親の弟フランク(クリス・エヴァンス)に預けられていました。

gifted/ギフテッド (予告編)

フランクの方針で普通の小学校に通うメアリーだったのですが、圧倒的な天才脳のため学校でも浮いた存在でした。

先生はじめ周囲は、本人の将来を考え天才教育の専門学校へ転校するよう勧めます。

しかし、フランクは頑として断っていました。

なぜなら、友達関係を含め情緒的な教育には、今は普通の学校が適しているという信念があったからです。

メアリー自身もフランクが大好きで、学校生活を楽しんでいました。

ギフテッド,天才脳,マッケンナ・グレイス
https://www.facebook.com/GiftedFilm

そんな時、訴訟を起こしてでもメアリーを強硬に引き取ろうとする人間が現れます。

フランクの母で、メアリーの祖母になるイヴリンでした。

実は、イブリンはじめこの家系は天才の家系だったのです。

メアリーは一旦、祖母の家に引き取られるのですがショックを受け沈み込んでしまいます。

大好きだったフランクが自分を裏切ったと思い込んだのです。

さあ、映画の後半からは、周囲の人たちはメアリーをなんとか元通りにしてあげたいと頑張る姿が描かれています。

そして、メアリーに以前のような屈託のない笑顔が戻った時、人間にとって一番大切なことは何かを切々と教えてくれます。

●マッケンナ・グレイス(Mckenna Grace)

誕生日:2006年6月25日(かに座)

出身:アメリカ・テキサス

▶マッケナ・グレイスの出演映画一覧

2ページから後半へ

ブログ統計情報

  • 1,379,118 アクセス
About azemichi 189 Articles
みなさん「洋画のレタス炒め」をよろしく!