『ストレンジャー・シングス』ミリー・ボビー・ブラウン、CM&コスメブランドでも愛される理由

フローレンス・バイ・ミルズ
「フローレンス・バイ・ミルズ(FLORENCE BY MILLS)」

NETFLIXドラマストレンジャー・シングスイレブンを演じ、圧倒的な演技力と美少女っぷりで瞬く間に大スターとなったミリー・ボビー・ブラウン

洋画ファンにとっては映画ゴジラ キング・オブ・モンスターズでもお馴染みの存在かもしれません。

10代でありながらも凄まじい輝きを放つミリーですが、意外と知らないことも多いという方も少なくはないはず。

ここでは、ミリーのことをもっと好きになるその素顔と、次回作やオススメ映画についてお届けしちゃいます!

(冒頭画像引用:https://twitter.com/Florencebymills/)

スペイン出身!ミリー・ボビー・ブラウンプロフィール

●ミリー・ボビー・ブラウン(Millie Bobby Brown)

誕生日:2004年2月19日生まれ

星座:うお座

身長:163cm

出身:スペイン マルベリャ

▶おすすめの出演作品

エノラホームズの事件簿,ミリー・ボビー・ブラウン
https://www.facebook.com/netflixjp/


『エノーラ・ホームズの事件簿』(ポスター)

※シャーロック・ホームズの妹を熱演!

スペイン出身、子役としてTVドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ワンダーランド』(スピンオフ)でデビューを飾ったミリー・ボビー・ブラウン。

その後、Netflixの大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス』のメインキャラクターであるイレブン(エル)役で出演し、その高い演技力が絶賛され大ブレイクを果たしました。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ゴジラ vs コングにも出演し、今や人気若手女優の一人として現在大活躍中です。

また、コスメブランドを創業したことも話題となりました。

「フローレンス・バイ・ミルズ(FLORENCE BY MILLS)」より https://twitter.com/Florencebymills/

そして、あのジョン・ボン・ジョヴィの息子であるジェイク・ボン・ジョヴィとの交際も話題になるなど、女優業以外の活動やライフスタイルにも注目が集まるZ世代のロールモデルとしても人気を博しています。

愛くるしく元気いっぱいなローティーンだったミリーも、もう10代後半。

昨今ではぐっと大人っぽくなり、ブロンドヘアーが鮮やかな美しい女性へと成長し、ますますその姿に大きな視線が集まっています。

大人顔負けの考え方にアッパレ。難聴の障害も乗り越える

https://facebook.com/milliebobbybrown/

実はミリー、生まれつき片方の耳が部分難聴であることを告白しています。

耳にチューブを入れる治療を行っていたとのことですが、歌うことが大好きで以前出演したトーク番組でもその歌声を披露したことがありました。

聴覚障害であるため、自分が歌っている時の声など、様々な音が完璧には聞こえません。

「下手くそでも気にしない。私が大好きなことだから。

歌やダンスとかが上手く出来なくても、好きな気持ちがあるなら真っ直ぐに楽しむべきだと思っている。」

と語っており、この発言に勇気付けられたファンが続出。

また、『ストレンジャー・シングス』では坊主頭になることもあったミリーですが、「髪を美しくする必要なんてなくて、髪の有無に関わらず人は美しいことを学んだ。」とメッセージを発信。

10代でありながらもこういった力強い発言力で人々の心を鷲掴みにしています。

大人顔負けですね!

「ルイ・ヴィトン」アンバサダーなど広がるステージ

最近のミリーの活躍は、ファッション・ステージにも広がっています。

2022年4月には、「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」のブランド・アンバサダーにミリーが就任しました。

ミリーが担当するのはアイウエアの広告キャンペーン。

歌手のLous and The Yakuza(ルース・アンド・ザ・ヤクザ)、モデルのカーリー・クロスと共にCM動画に出演。

夕日の中でアイウエアを装着し、凛とした表情で佇むクールな姿に注目が集まりました。

参考記事:ルイ・ヴィトンCMの顔、007のレア・セドゥなどハリウッド女優がアンバサダーで登場!

自身のコスメブランド、「フローレンス・バイ・ミルズ」

ミリー・ボビー・ブラウン,フローレンス・バイ・ミルズ
「フローレンス・バイ・ミルズ(FLORENCE BY MILLS)」https://twitter.com/Florencebymills/

実力派女優でありながらも、そのファッションやヘアメイク関連も話題を呼ぶ彼女。

2019年からZ世代をターゲットに立ち上げた自身のコスメブランドが、「フローレンス・バイ・ミルズ(FLORENCE BY MILLS)」

ファンデーションやジェルアイマスク、フェイストミストといったメイクアップ商品&スキンケア商品を販売しています。

子役の頃からメイクを施す機会が多かったミリー。

合わないコスメ商品によって自分の肌が荒れることも多く、良いアイテムが見つからず苦労してきたとのこと。

同世代の女性たちの悩みが解消するようなコスメを作りたかったという願いが込められているようです。

参考記事:化粧品ブランドCMのアンバサダー、洋画の人気女優を起用。映画とはひと味違う映像!

絶対観ておきたい!『エノーラ・ホームズの事件簿』

映画タイトル エノーラ・ホームズの事件簿
原題 Enola Holmes
監督 ハリー・ブラッドビアー
出演 ミリー・ボビー・ブラウン、ヘレナ・ボナム=カーター、ヘンリー・カヴィル、サム・クラフリン、ルイス・パートリッジ他
公開日 2020年

あらすじ:母の失踪事件に陰謀に大奮闘!

https://twitter.com/netflix

1884年イギリス。

16歳の誕生日を迎えたエノーラ・ホームズが朝目を覚ますと、母親が謎めいた暗号を残して行方不明となっていました。

エノーラは兄のシャーロック・ホームズとマイクロフトに面倒を見られることに。

エノーラを一流の婦人に育てたいと思う兄たちによって、花嫁学校に追いやられてしまいそうになったものの、エノーラは母親を探すためにロンドンへ出発。

旅の途中で若き貴族を取り巻く謎に巻き込まれたエノーラは生まれ持った名探偵の才能を生かし、陰謀の謎解きに挑みます。

くるくる変わる表情がキュート!見やすい探偵物語

エノラホームズの事件簿,ミリー・ボビー・ブラウン
https://www.facebook.com/netflixph/

ミリーが主演を務めたNetflixオリジナル映画『エノーラ・ホームズの事件簿』

これまで『ストレンジャー・シングス』で見せていた神秘的なイメージとは180度違う姿を楽しめる作品で、ミリーはあのシャーロック・ホームズの妹であるエノーラ・ホームズを熱演しました。

妹の観点から描かれる物語は新鮮で、エノーラの母の失踪事件と若き貴族の事件を追う2つのストーリーがテンポよく繰り広げられ、子供から大人まで楽しめる物語となっています。

今作でのミリー演じるエノーラは天真爛漫で、ティーンエイジャーらしいピュアさがとってもキュートで魅力的。

自分の人生や未来を切り開いていく姿も気持ちよく、エノーラから勇気や元気を与えられるのではないでしょうか。

ミリーはもちろん、他キャストの魅力も炸裂であっという間に人気作の仲間入りを果たしました。

この人気を受けて、パート2となる続編が制作されることも決定しており、もしかするとシリーズ化の可能性もないとは言い切れません。

ミリーの素敵な演技をたっぷり堪能出来る本作は、ファンなら絶対に見逃せません!

次回作はNetflixの大作、『The Electric State』

https://ja-jp.facebook.com/milliebobbybrown/

Netflixが獲得したアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟監督の新作となる『The Electric State(原題)』で主演を演じることが決定しているミリー。

今作は、シモン・ストーレンハーグのグラフィックノベルを実写化した作品で、近未来的でもある過去を孤児の少女が、ロボットと漂流者と共に弟を探して旅をするという物語。


THE ELECTRIC STATE (原作:シモン・ストーレンハーグ)

ミリーはこの作品で主人公の少女を演じます。

そして、その漂流者をジュラシック・ワールドシリーズのクリス・プラットが現在交渉中とのことで、もしクリスが出演するとなると豪華キャストとなりそうな予感でいっぱいです。

Netflixは多額の制作費が投じる予定であるため、大注目の映画となりそうですね。

続報の発表が待ち遠しいところです。(2022年7月現在)

まとめ

かわいいだけじゃない、一人の人間としての魅力がハンパなく詰まったミリー・ボビー・ブラウン。

大スターとなるその理由も頷けますよね。

『ストレンジャー・シングス』完結編となるシーズン5の制作も決まっており、今後も引き続きドラマに映画に大活躍しそうでますますミリーから目が離せなくなりそう!

ぜひ彼女の作品に注目してみてくださいね。

《ライター:Yuuri》

エマ・ストーン,ラ・ラ・ランド,映画の風道
https://www.facebook.com/LaLaLand

読者の皆さんこんにちわ。ライターのYuuriと申します。

アクション映画を好み、エマ・ストーンとクリステン・スチュワートをこよなく推してます。

記事の感想などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

kissme.yr.0604@gmail.com クリックで担当記事一覧へ→

■動画配信「ディズニープラス」

■動画配信「U-NEXT(ユーネクスト)」

ブログ統計情報

  • 532,492 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください