Netflix『ナイアド~その決意は海を越える~』、感動の実話を描いたダイアナ・ナイアドの物語

ナイアド
28歳の時に断念、60歳にして再び立ち上がる!

2024年3月、第96回米アカデミー賞の授賞式が行われました。

日本作品からは『ゴジラ-1.0』『君たちはどう生きるか』がノミネートから見事受賞され、ニュースになりました。

(多くの部門で受賞を飾ったのは『オッペンハイマー』でした。)

さて、私が今回取り上げたいのは、主演女優賞と助演女優賞にそれぞれノミネートがあったNetflixオリジナル映画『ナイアド~その決意は海を越える~』です。

(画像引用:https://www.netflix.com/tudum/nyad)

Netflixオリジナル映画『ナイアド~その決意は海を越える~』、感動の実話を描いたダイアナ・ナイアドの物語

実在した女子二人の、堅い友情を描く

ナイアド
左:ダイアナ(アネット・ベニング)右:ボニー(ジョディ・フォスター)https://www.netflix.com/tudum/nyad

この作品は、2013年に64歳にしてキューバからフロリダまでの160kmを約2日間、不眠不休で泳ぎ横断したダイアナ・ナイアドの挑戦が描かれています。

また、ダイアナ・ナイアドの挑戦を一番近くで支え続けた友人ボニー・ストールとの友情もしっかりと描かれており、ナイアドの偉業達成がチームで成しえたものであるとのメッセージも非常に胸を打つストーリーとなっています。

ダイアナ・ナイアドを演じたのは、アネット・ベニング、ボニー・ストールを演じたのはジョディ・フォスターであり、この二人がアカデミー賞にノミネートされました。

エンドロールで本人の当時やインタビュー映像なども出てきますが、実力派俳優であるだけに本人とそっくりな役作りとなっています。

2013年、当時のニュースで本人を見たことのある人は、非常に驚くのではないかと思います。

あらすじ:28歳の時に断念した遠泳、60歳にして再び立ち上がる!

ナイアド
https://www.netflix.com/tudum/nyad

マラソン水泳のプロ選手ダイアナ・ナイアドは60歳にて、若い頃からの夢であったことに挑戦することを決意。

それはキューバからフロリダまでの160kmの遠泳であり、28歳の時に一度挑戦していたが、達成できずに引退していたのであった。

ずっと叶えたいと思っていた夢。

ただでさえサメやクラゲ、天候や水温など多くの危険要因が絡み合う中、60代での挑戦に周囲は戸惑うばかり。

絶対にやり遂げると、ナイアドは30年ぶりに水着を着て、トレーニングを始める。

幼少期から20代まで水泳に情熱をささげてきた彼女ですが、その道のりは決して楽しいことだけではなかった…

心の傷を抱えながらも、失敗しても決してあきらめないナイアド。

「人間には不可能」とされた横断遠泳、記録達成の裏に隠された彼女の想いやチームメイトとの絆が描かれる。

『ナイアド~その決意は海を越える~』3つの魅力

❶正気とは思えない、難題に諦めないナイアド

ナイアド
https://www.netflix.com/tudum/nyad

60代で約2日間泳ぎ続ける、という普通であれば考えつかないようなことを成し遂げたナイアド。

本編でも描かれていますが、死と隣り合わせである状態でありながらも「まだ自分は泳げる」、ボートに引き上げられてフラフラな状態でも「ここでやめたくない」といった言葉が彼女の口から出てきます。

なぜ彼女はそこまで頑張れるのか?

「絶対にやり遂げる」という強い気持ちさえあれば、どんな状況であってもそれは達成できると、とても勇気をもらえます。

逆に、これまで自分がやりたいことをいかに簡単に捨ててしまっていたかを思い知らされ、恥ずかしく感じたくらいです。

私自身もとても刺激になりました。

❷チームメイトの奮闘とチームの絆

ナイアド
https://www.netflix.com/tudum/nyad

この偉業はダイアナ・ナイアドが達成した記録ですが、決して一人のものではなく、彼女を支えたスタッフたちもたくさん出てきます。

コーチであるボニーを始め、海のエキスパート、ボートの操縦者、クラゲの専門家、サメを追い払うメカニック…

多くのスタッフが、彼女が安全に泳げるように環境を整えていました。

そこに信頼関係が無ければ、崩れ落ちてしまう…実際にそういったシーンもありました。

チームメイトの奮闘も見どころのひとつとなっています。

❸偉業達成の瞬間、ナイアドが語ったこと!

ナイアド
https://www.netflix.com/tudum/nyad

キューバから160km先、フロリダの海岸にナイアドがたどり着く瞬間、これはぜひ映画本編で見て欲しい、感動の瞬間でした。

フロリダに到着したナイアドが、3つのことを伝えたいと話し始めます。

  1. Never, ever give up. (決してあきらめないこと)
  2. You’re never too old to chase your dream. (夢を追いかけるのに遅すぎることは無いこと)
  3. It looks like a solitary sprot, but it takes a team. (個人種目に見えるが、チームで成しえたこと)

この気持ちがあったからこそ、達成できたのではないかと思います。

28歳での挑戦を含めて、計5度目の挑戦により達成したキューバからフロリダへの遠泳。

映画を観終わった今でも、信じられません!

おまけ

Netflixには『対岸へ:ダイアナ・ナイアド物語』というドキュメンタリー映画も配信されています。

そこでは実際にダイアナ・ナイアドが60代から始めたトレーニングの様子など当時の映像が多く出てきますので、映画と比較してみるのも面白いでしょう。

ナイアド自身も非常にチャーミングな人柄という点も、垣間見ることができます。

はっきりとした物言いで(ある意味それが頑固というところに繋がるのかもしれません)、私たちに語りかける言葉に重みを感じます。

まとめ

ナイアド
https://www.netflix.com/tudum/nyad

いかがだったでしょうか。

スポーツ映画として胸アツなだけではなく、人と人の絆も描かれた感動の物語です。

ぜひ、映画と共にダイアナ・ナイアドの不屈の精神を覗いてみて下さい。

きっと勇気をもらえるはずです。

《ライター:Halle》

クリックで担当記事一覧へ→

プロフィール,Halle
Halle

暇さえあれば、映画観る!がモットー。
映画が好きになったきっかけは、時間を持て余していた大学時代。
うかつにも数々のシリーズ映画に手を出してしまったのです。
Marvel、DC、スター・ウォーズ、トランスフォーマー、パイレーツ…
今ではすっかり映画が生活の一部になってしまいました。

Twitterでも、気ままに映画・海外ドラマネタでつぶやいています。
良かったら覗いてみて下さい(^^)//

▶ハル・ベリー(と2匹の犬達withクリエヴァ)

ブログ統計情報

  • 1,388,067 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください