映画『グレイマン』主演ライアン・ゴズリング、ハードアクションの魅力&おすすめ出演作

グレイマン,ライアン・ゴズリング
NETFLIX『グレイマン』ライアン・ゴズリング

Netflixオリジナルとして配信と一部の劇場で上映されている『グレイマン』(原題:The Gray Man)

続編とスピンオフの制作も決定している人気作品です。

監督は、『アベンジャーズ/インフィニティ』など多くの作品を手掛けた”ルッソ兄弟”こと、アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ監督

ストーリーさながら、甘いマスクのライアン・ゴズリングが鍛え上げられた肉体で立ち向かうアクションシーンが見どころの作品となっています。

今回は、2023年の話題作『バービー』の出演も決まってるライアン・ゴズリングの魅力&過去に出演したsanaeおすすめの三作品をご紹介します。

ど迫力のアクションシーンに挑んだ映画『グレイマン』

ライアン・ゴズリングといえば、話題の映画『グレイマン』を語らずして始まりません。

「グレイマン」ことコート・ジェントリーは、服役中にドナルド・フィッツロイ(ビリー・ボブ・ソーントン)CIA管理官によってエージェントになります。

付けられた秘密暗殺者名は、シエラ・シックス

組織内の暗殺者となったジェントリー、しかし組織の重要機密を知ってしまったことからCIAに命を狙われてしまうことに…。

ライアン・ゴズリングの、鍛え上げられた肉体美!

グレイマン,ライアン・ゴズリング
https://www.netflix.com/tudum/

ライアン・ゴズリングのアクションシーンがとにかく多く、傷だらけになりながらも戦う姿に目が離せない作品です。

元々、細マッチョのライアンでしたが、更に筋トレを重ねワイルドなライアン・ゴズリングに仕上がっています。

共演者とのアクションも激烈で、『ブレードランナー 2049』以来となる、最旬のアナ・デ・アルマスとは共闘。

一方で、なんと、正義?のキャプテン・アメリカだったクリス・エヴァンスにはとことん追跡されます!

続編も楽しみですね。

グレイマン,ライアン・ゴズリング
https://www.netflix.com/tudum/

ライアン・ゴズリング出演、sanaeがおすすめする3選

子役からキャリアを積んできたライアン・ゴズリング。

今まで数多くの作品に出演していますが、なかでも、sanaeが特におすすめする三作をご紹介します。

『きみに読む物語』

ノートブック,ライアン・ゴズリング
https://www.warnerbros.com/movies/notebook

実話が基になっている純愛ラブストーリー。

ライアン・ゴズリングは、一途にアリー(レイチェル・マクアダムズ)を愛し続けるノアを演じています。

裕福な家の娘アリーは、ひと夏を過ごすためにやってきたノース・カロライナ州シーブルックで、地元に住む青年ノアと出会い恋に落ちます。

きみに読む物語
左:アリー(レイチェル・マクアダムズ)右:ノア https://www.warnerbros.com/movies/notebook

しかし、アリーの親に反対されノアは身を引くことに…。

やがて、第二次世界大戦が始まりノアは戦場へ、アリーは大学で知り合った別の男性と結婚。

それぞれ違う道を歩んでいましたが、終末期が近づくころ奇跡が起きます…。

『Drive/ドライブ』

愛する女性を守るため、裏社会に立ち向かうクライムサスペンス。

ライアンは、昼は自動車整備工場とカースタントマンをする傍ら、夜は逃し屋を請け負う天才ドライバーを演じています。

ライアン・ゴズリング
https://ja-jp.facebook.com/movie.drive/

寡黙なドライバー(ライアン・ゴズリング)は、アパートに越してきた人妻アイリーン(キャリー・マリガン)と知り合い、恋に落ちます。

ドライヴ,ライアン・ゴズリング
左:アイリーン(キャリー・マリガン)https://ja-jp.facebook.com/movie.drive/

しかし、服役中の夫が起こした金銭トラブルによってアイリーンは襲撃計画に加担させられることに。

それを知ったドライバーは、アイリーンを守るため逃走役に自ら手を挙げるが、襲撃計画の裏にさらなる計画があることを知る…

迫力のカーアクションも見どころの作品です。

『ブルーバレンタイン』

現在と過去が交差する出会い、結婚、破局までがリアルに描かれた切ないラブストーリー。

ライアンは、ミッシェル・ウィリアムズと夫婦役を演じています。

ライアン・ゴズリング,ブルー・バレンタイン
右:シンディ(ミッシェル・ウィリアムズ)https://www.facebook.com/bluevalentine/

仕事が順調にいかないディーン(ライアン・ゴズリング)と、努力して資格を取り忙しく働くシンディ(ミッシェル・ウィリアムズ)は互いに不満を募らせていた。

ブルー・バレンタイン,ライアン・ゴズリング
https://www.facebook.com/bluevalentine/

物語は夢中で愛し合った過去が交差し、やがて二人の愛は終わりへと近づいていきます。

ダメ夫役を見事に演じているライアン、変わりゆく愛が切ないラブストーリーです。

●ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)

誕生日:1980年11月12日

星座:さそり座

身長:184㎝

出身:カナダ・オンタリオ州

▶ライアン・ゴズリングの出演映画一覧

▶おすすめ代表作


きみに読む物語(予告編) 


Drive/ドライブ(DVD) 


ブルーバレンタイン(DVD)

新作情報、実写版映画『Barbie』出演決定!

2023年来年公開予定の新作『Barbie』が決定、ビジュアルが発表になりました。

ライアン・ゴズリングは、ブロンドヘアーと割れた腹筋が眩しいバービーの恋人ケンを演じます。

バービー役にはマーゴット・ロビーが起用され、リアルなバービーとケンが見れること間違いなしです。

2023年7月21日にアメリカ公開が決まっていますが、日本公開はまだ未定となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Warner Bros. Pictures(@wbpictures)がシェアした投稿

まとめ

いかがでしたでしょうか・

アクションからラブストーリーまで様々な役を演じ、多くの作品に出演しているライアン・ゴズリングです。

三作のなかでも特に筆者がおすすめしたいのは、『きみに読む物語』です。

一途に想い続けるノアに胸キュンです。

今後、どのような役を演じていくのか、ライアン・ゴズリングから目が離せません。

《ライター:sanae》

クリックで担当記事一覧へ→

プロフィール,sanae

子供の頃から映画が大好き。

今では日常生活の一部になっている映画はジャンル問わず鑑賞。

美容と新作映画のチェックは欠かしません。

日常生活を彩る映画との出会いのお手伝いができたら幸いです。

インスタグラム:https://www.instagram.com/sana_lovelife/

■動画配信「ディズニープラス」

■動画配信「U-NEXT(ユーネクスト)」

ブログ統計情報

  • 532,471 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください