実話ベースの友情映画『私がケーキを焼く理由』あらすじ、重病の親友に尽くす最高の感動作品!

私がケーキを焼く理由
『私がケーキを焼く理由』

皆さん、こんにちわ!洋画が大好きなライターの、Yuuriです。

皆さんは、アマゾンオリジナル映画となる『私がケーキを焼く理由』という作品をもうご覧になりましたでしょうか?

ここでは、実話を基に制作され、アマゾンオリジナルの中でも高い評価を受ける、味わい深くて素敵な感動作のあらすじや見どころといった映画の魅力をお伝えいたします!

(冒頭画像:引用https://www.amazon.co.jp/)

『私がケーキを焼く理由』:作品情報

私がケーキを焼く理由
左:コリン(オデッサ・アジオン)右:ジェーン(ヤラ・シャヒディ)https://www.amazon.co.jp/
映画タイトル私がケーキを焼く理由
原題Sitting in Bars with Cake
監督トリッシュ・シー
出演ヤラ・シャヒディ、オデッサ・アジオン、ベット・ミドラー、ロン・リヴィングストン、マーサ・ケリー、マイア・ミッチェル他
公開日2023年 【YouTube:予告編】

内向的な性格変える、驚きのプランとは:あらすじ

私がケーキを焼く理由
https://www.aboutamazon.com/news/entertainment/

ロサンゼルスで一緒に暮らす社交的で明るいコリンと、ケーキ作りが得意な学生パティシエの内向的なジェーン

共に暮らしている親友同士である2人は子供の頃から常に一緒にいるほどの仲の良さだった。

ある日コリンは、ジェーンが社交的になってもらうために、ジェーンの特技であるケーキ作りを活かして、バーにケーキを持ち込んでみんなに食べてもらおうという1年に渡る壮大な計画を立てる。

計画が順調に進んでいたある日、頭痛に悩まされていたコリンの運命を変える診断が下され、2人の生活は予想外の方向へと進み出すようになる。

子供の頃からずっと一緒にいたコリンを支え、そばに寄り添い続けるジェーン。

2人の人生が一変したその先に見えてくるものとは…。

勇気づけられる、困難に立ち向かう2人の姿

私がケーキを焼く理由
左:コリン 右:ベニータ(ベット・ミドラー)https://www.aboutamazon.com/news/entertainment/

実話を基に映画化された『私がケーキを焼く理由』

内気なジェーンに社交的になってもらおうと、社交的なコリンが立てたケーキを通した計画と共に人生を歩む映画として多くの人に感動を与え、話題となりました。

1年間に及んでケーキをバーに持ち込み、交友関係を広げる…という大がかりでちょっと変わったこのプラン。

そんなに人の性格って簡単に変えられるもの?と、思う方もいらっしゃるかもしれません。

意外にもジェーンにロマンスが訪れたり、顔見知りが出来たりと、少しずつその性格に変化の兆しが見え始めます。

映画の冒頭とはまるで違う姿に、観ているこちらも驚かされるほどでした。

コリンを襲う突然の病

計画が進んでいく中で2人の運命を大きく変えたものが、コリンに発覚した悪性脳腫瘍という重大な病。

コリンの持ち前の明るさで、ポジティブに治療に励むのですが、病は確実にコリンの体を蝕んでいきます。

病から来る不安によって衝突することもあって、生々しい喧嘩も発生。

それまで、ずっと仲の良かった2人のことを思うと、心をえぐられるような寂しい感情にさせられるシーンもありました。

普通であれば心折れそうな状況であるのにも関わらず、恐ろしい未知の困難にもめげずに立ち向かう2人の生き様。

勇気をもらえる瞬間も多く、実話を基に制作されているからこその説得力と、リアルさがずっしりと伝わってくるようでした。

いつの間にか、自分も作品の世界観の住人になって2人を見守っているような、そんな不思議な没入感があるストーリーです。

間違いなく、見応えのある、魅力的で尊い一作になっています。

「友達っていいよね!」と、シンプルに思える一作

私がケーキを焼く理由
https://www.aboutamazon.com/news/entertainment/

中盤で発覚する病にフォーカスしながら、あくまでも親友同士の絆と青春を描いた『私がケーキを焼く理由』。

ジェーンのコリンに対する強い献身っぷりは凄まじく、友達を深く想うジェーンと、それに応えるコリンの親友像はあまりにも眩しく、羨ましくなるほど。

親友っていいよね」、「友達っていいよね」と、シンプルに思わされる物語で、大切な友達がいる人が鑑賞すれば改めて友という存在を尊く感じるはず。

逆に友達が少なかったり、いなかったりする人が観ても2人の真っ直ぐな絆は心地よく、

誰も傷付けない温かい物語に心がじんわりとなるのを感じるのではないでしょうか。

好きなものや人をとことん愛して大切にするジェーンと、最後まで太陽のように明るく人々を照らしたコリンの対照的な2人が奏でる甘いケーキのような瞬間から、

ビターな瞬間までたっぷり味わえる本作は友情作品が好きな人なら絶対に見逃せない一作。

約2時間ほどあるこの大ボリュームの青春物語を、ぜひともチェックしてみてくださいね。

主要キャラクター紹介

■主人公・ジェーン(演:ヤラ・シャヒディ)

私がケーキを焼く理由
https://twitter.com/FilmUpdates/

学生パティシエ。

ケーキ作りが得意で、幼少期より親友のコリンと一緒に暮らしている。

恋愛経験が少なく、内向的で真面目な性格。

出演作品:『サン・イズ・オールソー・ア・スター 引き寄せられる2人』『エディ・マーフィの 劇的1週間』

■コリン(演:オデッサ・アジオン)

私がケーキを焼く理由
https://www.facebook.com/odessaadlon/

社交的な性格でロサンゼルスのレコード会社に勤めている。

ジェーンと暮らしていたが、突如病に襲われて治療に励むように。

出演作:『ヘル・レイザー2022』 『The Inhabitant』

▶原題:Sitting In Bars With Cake(Amazonミュージック)

(サントラ試聴は、Spotify)

まとめ:スウィーツ好きも楽しめる!

人生において何が大切で何を優先すべきか?

そんなことに改めて気付かされる本作。

夢がある人、そして大切な友達がいる人、例えそれらがなくても何かを大切にしてみようと思える『私がケーキを焼く理由』は現代人なら必見!

もちろん、タイトルにもなっているようにケーキやスウィーツが好きな人も楽しめるので、甘いもの好きの方にもオススメの一作です。

映画『私がケーキを焼く理由』は、アマゾンプライムビデオにて独占配信中!

《ライター:Yuuri》

エマ・ストーン,ラ・ラ・ランド,映画の風道
https://www.facebook.com/LaLaLand

読者の皆さんこんにちわ。ライターのYuuriと申します。

アクション映画を好み、エマ・ストーンとクリステン・スチュワートをこよなく推してます。

記事の感想などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

kissme.yr.0604@gmail.com クリックで担当記事一覧へ→

ブログ統計情報

  • 1,379,125 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください