感動作『To Leslie トゥ・レスリー』を考察、驚異のレビュー高評価「再起の価値」とは?

トゥ・レスリー

こんにちは、ライターすどうゆきです。

今回はアメリカのインディペンデント映画『To Leslie トゥ・レスリー』をご紹介します。

製作費100万ドル(約1億3千万円)という低予算作品ながら、主演のアンドレア・ライズボロー は 本作でアカデミー賞 主演女優賞にノミネート。

また映画レビューサイト・ロッテントマトトマトメーターが、一時驚異の98%(2022/10/11)を叩き出したことでも注目を集めた話題作です。

今回は本作の魅力と、私が感じた作中のテーマについて深堀りしていきます!

(冒頭画像:https://twitter.com/KADOKAWA_pic/)

トゥーレスリー
https://www.facebook.com/allisonbjanney

『To Leslie トゥ・レスリー』:あらすじ

To Leslie トゥ・レスリー
左:ジェームズ(オーウェン・ティーグ)右:レスリー(アンドレア・ライズボロー)本作はテキサスが舞台ですが、撮影のすべてはロサンゼルスで行われ、その撮影期間はたったの19日だったそう。https://twitter.com/KADOKAWA_pic/

テキサス州西部のシングルマザー、レスリー(アンドレア・ライズボロー)は、宝くじで高額当選するも、数年でその全てを酒に浪費しまった結果、絶望的な状況に陥る。

お金、人間関係、家までも失った彼女は、息子ジェームズ(オーウェン・ティーグ)やかつての友人ナンシー(アリソン・ジャネイ)ダッチ(スティーヴン・ルート)らの元に身を寄せるが、再び彼らに酒に溺れた姿を見せたことで、結局追い出されてしまう。

しかし、とある寂れたモーテルを経営するスウィーニーマーク・マロンとの出会いが彼女に新たな希望をもたらす。

考察①:最大の魅力、アンドレア・ライズボローの演技力!

トゥーレスリー
https://www.facebook.com/allisonbjanney

本作最大の魅力は何といっても、主人公のレスリーを演じたアンドレア・ライズボローの演技力。

彼女はアルコール依存症で人生のどん底を彷徨うシングルマザーという役どころに対して、迫真の演技で応えています。

冒頭から映画中盤にかけてのレスリーの救いようがない感じが、アンドレア・ライズボローの表情、しかもその顔の皺1つ1つ、眉毛の角度、微妙に上げ下げされる口角といった繊細なレベルの表現で伝わってきます。

依存症に身も心も乗っ取られ、自分の意志ではどうにもならなくなってしまっているレスリーが最高に痛々しく、昨今は映像美や豪華なセットで魅せる作品が多い中、演技を堪能できるも作品になっています。

私も摂食障害で数年間、人生の暗黒期みたいな時期があったのですが、レスリーの「抜け出したいけどそれにすがらないとやっていけない」感じが当時を思い出して本当にリアルだなと思いました。

考察②:泥沼の人生に決別、救いの手を掴む決意

トゥーレスリー
https://twitter.com/KADOKAWA_pic/

ホームレスとなり、居場所のないレスリーは息子ジェームズやかつての友人たちを頼って何とか生きていきますが、息子や周囲の人間のお金を盗んだり、バーで見知らぬ男性をたぶらかしてまでお酒に手をだしてしまう有様。

宝くじで得たお金で「もっといい生活を得るはずだった」とレスリーは言いますが、今や自堕落そのもの。

当然、救いの手を差し伸べてくれる相手まで利用する生き方は長続きしませんし、老いていくレスリーがバーで色仕掛けをするのもそろそろ限界です。

またも居場所を追い出されたレスリーはスウィーニーのモーテルにたどり着き、彼の善意で客室清掃の職にありつけることに。

モーテルでも相変わらずの地獄を這うような毎日を送るレスリーですが、自身の生き方を省みる時間が少しずつ増えていき、あるとき決定的な「これまでの失敗を引き受ける」瞬間が訪れます。

トゥーレスリー
https://twitter.com/KADOKAWA_pic/

考察③:どん底からの脱却、そして酒に代わる新たな生き方

トゥーレスリー
https://twitter.com/KADOKAWA_pic/

レスリーはモーテルでスウィーニーらの世話になる中で、今度こそ「よりよい生活」のために酒断ちを開始。

そしてレスリーは「自分のダイナーを持つ」という、かつてロトに当たったときのインタビュー中で語っていた夢を育て始めます。

口ではこれまでも調子のいい事を言ってきたレスリーですが、今度の決意は固いようで、行動も伴っています。

長らく酒に左右されてきた彼女の人生から酒が消え、その代わりに周囲への感謝や血が通った言動、交流が増えていきます。

この辺から本作のムードは急に上昇気流に乗っていき、レスリーの人生はやや現実味の薄い軌道修正に入っていくことに。

ただ、それでも絶望的な状況から再起に向けて奮闘するレスリーは、ンドレア・ライズボローの演技力も相まって、どうしたって応援したくなるもの。

人間らしさの再評価…レスリーの過ちが導く新たな視点

トゥーレスリー
https://twitter.com/KADOKAWA_pic/

宝くじ当選という幸運に恵まれながら、ひどいアル中で実の子どもを見捨てるほど落ちぶれて、居場所のないホームレスになってしまったレスリー。

すさまじいリアリティをもって存在するレスリーの自立を描く本作は、「人生における失敗は許されない、避けなければならない」とされがちな昨今の風潮のなかで見る価値があると思います。

本作を見て、以前見た、闇バイトに加担して死亡した子の親へのインタビュー映像の中で「もっと小さい失敗をさせて育てたらよかった」と語っていたのを思い出しました。

(参考:NHKクローズアップ現代)

まとめ:誰にもある、再起チャンスを示唆

闇バイトにしろ、寿司テロにしろ、最近は1つの失敗でもそれが取り返しのつかないことになり、その後の人生が「終わってしまう」ような事件が多い気がしますが、

失敗して初めて学ぶこともたくさんありますよね。

小さい失敗を積み重ねることは確かに大事だと思いますが、もしも大失敗して、どん底に陥ってしまっても、もっと世界が「誰もがどん底から立ち上がってもいい」と思えるようなものであればと思います。

レスリーのように、どうしようもなくみすぼらしくなった人間にも、そこからの再起のチャンスがあってもいいじゃないかと思わせてくれる傑作『To Leslie トゥ・レスリー』。

アンドレア・ライズボローの迫真の演技とともに必見の1本です。

●アンドレア・ライズボロー(Andrea Riseborough)

オブリビオン
https://www.facebook.com/oblivion/photos

誕生日:1981年10月27日生まれ

星座:さそり座

身長:167cm

出身:イギリス・イングランド

▶アンドレア・ライズボローの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品(管理人・選)


オブリビオン(作品情報)


U-NEXTギフトコード 30日間見放題+1,200ポイント

※【U-NEXTの特長】作品ジャンル:[ビデオ]:洋画 | 邦画 | 海外ドラマ | 韓流・アジアドラマ | 国内ドラマ | アニメ | キッズ | ドキュメンタリー | 音楽・アイドル | バラエティ | その他♥[ブック]:雑誌 | マンガ | ラノベ | 書籍

【新作が豊富】話題の映画をブルーレイやDVDの発売と同時、あるいは先行配信にてお楽しみいただけます。また、テレビ放送中のドラマやアニメの見逃し配信など、新しい作品も豊富に取りそろえています。

▶無料トライアル実施中!<U-NEXT>

《ライター:すどうゆき》 担当記事一覧はこちらへ→

●洋画好きのすどうです。英語が飛び交う環境で働くペーペー社会人。

映画鑑賞で英語上達を画策中。


僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかた

※スマホ、インスタ、ネットフリックス、スマートウォッチ、ゲーム、メールチェック……新時代の依存症「行動嗜癖」のメカニズムと、この「厄介な隣人」とうまく付き合っていく方法を心理学界の次世代を担う俊英が解き明かす。【引用:Amazon】

ブログ統計情報

  • 1,380,060 アクセス
About すどうゆき 53 Articles
一市民としてゆるふわに映画鑑賞しています。専門用語や知識に偏らず、たくさんの方に馴染みやすい、息の長い記事を書きたいと思っています。 ご依頼などありましたらこちらまでどうぞ。 s9.aqt.xxx@gmail.com

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください