ムーミンの誕生秘話を描く映画『TOVE/トーベ』。自由を愛した女性作者の辿り着いた世界

トーベ,ムーミン
『TOVE/トーベ』(フィンランド映画)

今では世界中で愛される人気キャラクター「ムーミン」

「ムーミンは知っているけど、原作者は知らない」という方もいるのではないでしょうか。

8月9日は「ムーミンの日」です。

この日は、原作者トーベ・ヤンソンの誕生日になります。

ムーミンがどのように誕生し、原作者トーベ・ヤンソンとはどのような人物だったのか。

知られざる半生が描かれた映画『TOVE/トーベ』をご紹介します。

(冒頭画像:引用https://twitter.com/visitfinlandjp/)

映画『TOVE/トーベ』あらすじ

舞台は1944年、第二次世界大戦下のフィンランド・ヘルシンキ。

ソ連からの空襲に身を潜めていたトーベは、怖がる子供達にムーミントロールの絵を描きながら話をします。

厳格な彫刻家の父と画家の母をもつトーベは芸術一家の中で育ちました。

間もなく戦争が終わり、アトリエを借りたトーベは本業である絵画に冒頭していきます。

トーベ,ムーミン
トーベ・ヤンソン(アルマ・ポウスティ)https://klockworx-v.com/tove/

政治の風刺画家でもあったトーベは、保持的な絵画を描くことに満たされないまま葛藤します。

個展を開くことが決まり父・ヴィクトルがトーベのもとへやってきますが、当時の美術からはかけ離れた作品に認めてもらえません。

しかし、個展に現れた舞台演出家ヴィヴィカ・バンドラーだけは、トーベの作品に興味をもち名刺を置いて去ります。

自由な恋愛観の先にあるものは

ある日、芸術家が集まるパーティーに参加したトーベは、既婚者のアトス・ヴァルタネン議員と出会い恋に落ちます。

「誰を愛し、愛されることも自由」

常に自分に素直なトーベは躊躇うことなく二人は交際、のちに離婚したアトスと結婚をします。

TOVE_018_web_photo_Sami_Kuokkanen
右:アトス https://klockworx-v.com/tove/

セクシャルマイノリティの目覚め

絵が売れないトーベは、ヴィヴィカから仕事をもらったのをきっかけに急接近していきます。

当時フィンランドでは、同性愛者は犯罪であり精神病院に入院させられるようなことでした。

しかし、好きになったのが女性でも、トーベにしてみたら関係ないこと。

ヴィヴィカとの再会は、トーベの情熱を掻き立てさらに運命を変えていきます。

トーベ,ムーミン
右:ヴィヴィカ(クリスタ・コソネン)https://klockworx-v.com/tove/

ムーミンのキャラクターに隠された真実

ムーミンのお話に出てくる個性豊かなキャラクターは、トーベが出会った人たちがモデルになっています。

たくさんのキャラクターの中でも、映画に出てくるキャラクターをご紹介します。

【スナフキン】

ムーミン,スナフスキン
https://www.moomin.co.jp/news/

●自由と孤独を愛する旅人「スナフキン」は、哲学的な考えの持ち主アトスがモデルになっています。

【トフスランとビフスラン】

ムーミン,トフスラン,ビフスラン
https://twitter.com/moomin_jp/

●とても仲良しで、二人だけしか通じない言葉を話す「トフスランとビフスラン」は、トーベにとってかけがえのない存在となった情熱的なヴィヴィカ・バトラーです。

【ムーミンパパとムーミンママ】

ムーミンパパ,ムーミンママ,トーベ
https://twitter.com/moomin_jp/

●忘れてはいけないのが、「ムーミンパパ」と「ムーミンママ」です。

二人はトーベの厳格な父ヴィクトル・ヤンソンと、母̹ハンマルスチャ・ヤンソンがモデルになっています。

【トゥーティッキ】

ムーミン,トゥーティッキ
https://www.moomin.co.jp/news/

●手先が器用で頼れる存在「トゥーティッキ」は、映画の終盤に登場しトーベと生涯のパートナーとなるトゥーリッキ・ピエティラがモデルになっています。

『TOVE/トーベ』:主要キャスト&監督紹介

トーベ,ムーミン
https://klockworx-v.com/tove/

キャストは全てフィンランドまたは、スウェーデンの俳優を起用。

そして、スタッフは全て実力のある女性を集め制作されたのも、トーベ・ヤンソンの世界観を作り出す監督ザイダ・バリルートのこだわりといえます。

トーベ・ヤンソン/アルマ・ポウスティ演

フィンランド出身で、フィンランドやスウェーデンの舞台や映画を中心に活躍。

『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』では、フローレンの声も担当しています。

トーベ,ムーミン
https://klockworx-v.com/tove/


劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス(予告編)

ヴィヴィカ・バンドラー/クリスタ・コソネン演

フィンランド出身、映画『マイアミ』や、2022年7月15日公開の映画『魂のまなざし』にも出演しています。(後述)

クリスタ・コソネン,トーベ
https://klockworx-v.com/tove/

アトス・ヴァルタネン/シャンティ・ローニー演

スウェーデン出身、映画『ストックホルム・ケース』や数多くの作品に出演しています。

アトス,トーベ
https://klockworx-v.com/tove/

参考記事:実話映画『ストックホルム・ケース』、強盗犯と人質に芽生える心理学的な恋愛感情の不思議

ザイダ・バリルート監督

フィンランド出身、映画『僕はラスト・カウボーイ』、映画『マイアミ』などを手掛けています。

ザイダ・バリルート,トーベ
https://klockworx-v.com/tove/


TOVE/トーベ(予告編)

見どころ&まとめ

トーベ,ムーミン
https://www.facebook.com/Moomin/

ムーミンを軸に原作者トーベ・ヤンソンの半生が描かれた本作。

トーベがまだ落書き程度に描いていたムーミントロールがどのように世界中で愛されるムーミンになったのか。

シーンの所々にムーミンの作品では有名な深い言葉も登場し、トーベ・ヤンソンがいかに愛と情熱のなかで生きてきたのか知ることができる映画です。

トーベ・ヤンソンは、絵画だけではなく小説家、イラストレーター、児童文学作家など、数多くの作品を誕生させ2001年、86歳で亡くなるまで筆を置きませんでした。

トーベ・ヤンソン,ムーミン
https://www.sankei.com/article/

画像引用:産経ニュース記事(2022/4/9)

「大切なのは 自分のしたいことがなにかを わかっていることだよ」

ムーミンの物語には、生きていく上で大切な言葉が沢山散りばめられています。

きっと、心に寄り添ってくれる言葉に出会えるかもしれません。


トーベ・ヤンソン 人生、芸術、言葉(著:ボエル・ヴェスティン)


ムーミン 2023年 カレンダー 壁掛け 大判 

注目の新作北欧映画を紹介

北欧映画は、あたたかく独特な世界観楽しめる映画が多く制作されています。

映画『TOVE/トーベ』も芸術に満ち溢れた一人の女性の伝記映画でした。

そして、前段で紹介したクリスタ・コソネンが出演している、2022年7月15日公開の『魂のまなざし』を紹介しておきましょう。

こちらは、フィンランドの国民的画家「ヘレン・シャルフベック」の伝記映画です。

情熱の向くままにひたすら絵を描き続けたヘレン・シャルフベックが、画家のエイナル・ロイターと出会い人生を変えていく様が描かれています。

参考記事:北欧フィンランド映画『ラスト・ディール』、老美術商が人生を賭けた仕事の行方は?

《ライター:sanae》

プロフィール,sanae

子供の頃から映画が大好き。

今では日常生活の一部になっている映画はジャンル問わず鑑賞。

美容と新作映画のチェックは欠かしません。

日常生活を彩る映画との出会いのお手伝いができたら幸いです。

インスタグラム:https://www.instagram.com/sana_lovelife/

■動画配信「ディズニープラス」

■動画配信「U-NEXT(ユーネクスト)」

ブログ統計情報

  • 662,477 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください