ネクストブレイク必至ケイリー・フレミング、『ブルー きみは大丈夫』主演の純度100%の可愛い素顔

ケイリー・フレミング
2024年に高校を卒業!日本も大好き、6月に初来日!

皆さん、こんにちわ!可愛いハリウッド女優に目がない、ライターのYuuriです。

今回は、子役時代にドラマ『ウォーキング・デッド』ジュディス役でブレイク、映画『ブルー きみは大丈夫』で主演を飾った大注目の新・若手女優、ケイリー・フレミングをピックアップ!

キュートなビジュアルと凛とした高い演技力で、大人顔負けの素晴らしい表現力を持つケイリー。

その素顔やオススメ作品など、ネクストブレイク必至の魅力をお届けします。

ケイリー・フレミング:プロフィール

●ケイリー・フレミング(Cailey Fleming)

誕生日:2007年3月28日生まれ

星座:おひつじ座

出身:アメリカ・ミシシッピ州

▶ケイリー・フレミングのおすすめ作品

ドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』(作品情報)

※主人公リックの娘役でブレイク!

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(作品情報)

※主人公レイの子供時代で注目を集める。

『ウォーキング・デッド』、ジュディス役で大ブレイク!

ケイリー・フレミング
https://x.com/WalkingDead_AMC/

8歳の頃より役者活動をスタートし、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)で主人公レイの子供時代を演じたことで注目を集めたケイリー・フレミング。

のちに、約12年も続く大ヒットドラマシリーズとなった『ウォーキング・デッド』シーズン9で主人公リックの娘、ジュディスを演じてブレイクを果たしました。

キュートで愛くるしいその姿からは想像が出来ないほど芯のある高い演技力が多くの人の心を掴み、天才子役と呼ばれたことも。

2024年には17歳となり、子役のイメージが強かった方にとっては大人っぽく、そして美しく成長したケイリーの姿に驚いたのではないでしょうか?

年齢を重ねたことでケイリーの魅力もグングン伸びて、今、大変注目を集める存在なり、ネクストブレイク必至の若手女優の仲間入りを果たしています。

2024年に高校卒業!日本も大好き、6月に初来日!

ケイリー・フレミング
https://x.com/Paramount_Japan/

2024年5月には、高校を卒業したことを自身のインスタグラムに投稿。

ハリウッドの若手女優として生きる傍ら、普通のティーンエイジャーとして高校に通っていたケイリーでしたが、

15歳の頃に高校を優先しようと決断していたところにブルー きみは大丈夫の撮影が始まったことも明かしています。

勤勉で真面目な性格も魅力のケイリー。

映画のPRで初めて日本にも訪れており、家族と一緒にラーメンとお寿司のお店に行ってとても美味しかったことや、日本人の親切さに感動したと話しています。

今後、ますます売れっ子になっていくであろうケイリーに、映画の宣伝など様々な機会で会える可能性もありそうで楽しみですよね。

是非、プライベートでもたくさん来日してほしいところです!

主演を飾った『ブルー きみは大丈夫』:作品情報

ケイリー・フレミング
左:カル(ライアン・レイノルズ)右:ビー(ケイリー・フレミング)https://x.com/Paramount_Japan/

子供達が空想の中で描く、イマジナリー・フレンド

心に深い傷を抱える少女ビーが、大きな謎のもふもふした生き物ブルーに出会うのですが、実はこのブルー、想像力豊かな子供により生み出された空想の友達でした。

子供が大人になれば忘れてしまい、消えてしまう運命にあるというブルー。

ビーはこのブルーを救う為に、新しい相棒を見つけるべく奔走する…という物語で、ケイリーは主人公の少女・ビーを熱演しました。

本作には、大人だけどブルーのことが見えてしまうというビーの隣人カル役にライアン・レイノルズ

声優陣にブレイク・ライヴリーブラッドリー・クーパージョージ・クルーニーマット・デイモンといった豪華俳優陣も出演しており、何とも贅沢な一作になっています。

子供のピュアな好奇心や、想像上の友達という独自の目線からファンタジーな世界観が構築。

大人になると忘れてしまう想像力や、夢をもう一度信じてみたくなる玉手箱のような物語になっています。

台本を読んで号泣したケイリー、泣く演技も魅力の一つに

本作は、台本を読んで何度も泣いたというケイリーの感受性豊かな表現力が存分に発揮されています。

どこを切り取ってもキュートで、泣く演技や得意なダンスの演技も楽しめる魅力溢れる役柄で登場します。

また、本作ではライアン演じるカルとの息の合った掛け合いも見どころの一つ。

ケイリー曰く、撮影は非常に楽しくて学ぶことも多かったようですが、アドリブで笑ってしまうこともあったのだとか。

役者人生の中でも濃厚な時間を過ごせたという『ブルー きみは大丈夫』で、是非ともケイリーの新たな魅力に出会ってみてください!

映画タイトルブルー きみは大丈夫
原題If
監督ジョン・クラシンスキー
出演ケイリー・フレミング、ライアン・レイノルズ、スティーヴ・カレル、マット・デイモン、エミリー・ブラント、オークワフィナ他
公開日2024年 【予告編】

関連記事:『ブルー きみは大丈夫』あらすじとキャスト、イマジナリー・フレンドをテーマに心温まる!

オススメ作品:『ウォーキング・デッド』作品情報

ケイリー・フレミング
https://x.com/TheWalkingDead/
ドラマタイトルウォーキング・デッド
原題The Walking Dead
監督フランク・ダラボン/ロバート・カークマン他
出演アンドリュー・リンカーン、ノーマン・リーダス、ローレン・コーハン、ダナイ・グリラ、メリッサ・マクブライド、ケイリー・フレミング他
公開日2010~2022年 【予告編】

主人公の強き娘、ジュディス役で登場

ウォーカーと呼ばれるゾンビが蔓延る終末の世界で、保安官の主人公リックと、その家族や旅の途中で出会った仲間達と共にサバイバルする世界的大ヒットドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』(以下TWD)。

ゾンビの怖さはもちろん、人間模様や人間の恐ろしさ、本性を魅力的に描いたことによって世界中の人々の心を鷲掴みにしたドラマです。

約12年間にも及んで放送された大人気作品で、皆さんも一度はこのタイトルを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

本作にて、ケイリーはシーズン9から登場する主人公リックの娘、ジュディス・グライムズを熱演。

子供でありながらも、大人っぽく、凛とした佇まいで懸命に戦う姿が圧巻で、ケイリーはこの役柄をきっかけに大ブレイクを果たしました。

物語の重要キャラクターということもあって、出番も多く、『TWD』の世界に欠かせない魅力溢れる役柄となっています。

本編はもちろんのこと、スピンオフとなるウォーキング・デッド:ザ・ワンズ・フー・リブの第6話にも出演。

『TWD』を観終えた後は、スピンオフの方も要チェックです!

まとめ

ケイリー・フレミング
https://x.com/Paramount_Japan/

『TWD』でのブレイクをきっかけに、新たな若手女優として注目を集めているケイリー・フレミング。

確かな演技力に加え、キュートなビジュアルや聡明さを持つ彼女は日本でも人気を博しそうな予感でいっぱい!

今後、様々な媒体でケイリーに出会えること間違いナシですので、気になる方は是非ケイリーに注目してみてくださいね!

《ライター:Yuuri》

エマ・ストーン,ラ・ラ・ランド,映画の風道
https://www.facebook.com/LaLaLand

読者の皆さんこんにちわ。ライターのYuuriと申します。

アクション映画を好み、エマ・ストーンとクリステン・スチュワートをこよなく推してます。

記事の感想などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

kissme.yr.0604@gmail.com クリックで担当記事一覧へ→

Be the first to comment

記事へのご感想・関連情報・続報コメントお待ちしています!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください