ベラ・ラムジー主演『少女バーディ』、14歳少女に迫る結婚!ガールパワーの大胆ポジティブ映画

『少女バーディ~大人への階段~』

2022年10月より配信されている、アマゾンプライムオリジナル映画少女バーディ ~大人への階段~を皆さんはもうご覧になりましたか?

本作は天真爛漫で活発な少女が決められた結婚や価値観に疑問を持ち、自分らしく生きようと強く立ち向かう力強い一作で、隠れた名作として現在じわじわとその人気を博しています。

ここでは、まだ『少女バーディ』を観ていないという方や気になる!という方のために、あらすじや見どころといった魅力をぎゅっとまとめてお伝えいたします!

(冒頭画像:引用https://twitter.com/BellaRamsey/)

『少女バーディ ~大人への階段~』:作品情報

映画タイトル 少女バーディ ~大人への階段~
原題 Catherine Called Birdy
監督 レナ・ダナム
出演 ベラ・ラムジー、アンドリュー・スコット、ジョー・アルウィン、ソフィー・オコネドー、ビリー・パイパー、レスリー・シャープ他
公開日 2022年

14歳の少女に訪れた、決められた結婚!?:あらすじ

ベラ・ラムジー.少女バーディ
https://twitter.com/BellaRamsey/

舞台は英国ストーンブリッジ村。

大地主の邸宅を持つ一家に生まれた、おてんば娘のレディ・キャサリン=バーディは今日も元気いっぱい。

バーディは14歳でありながら、まだ赤ちゃんがどう出来るのかを知らないような少女。

ロロ卿の父や美しい母、兄のロバート、乳母のモーウェナや親友達に囲まれて幸せに暮らしていました。

長男のエドワードは修道士として教会で暮らしています。

いつも泥まみれになりながら活発に過ごすバーディでしたが、家庭の財産状況が厳しくなってしまい、父はバーディを花嫁へ送ることを決定します。

大地主の娘ということもあり、次々に求婚者が現れますが、バーディは決められた相手との結婚を拒否し、跳ねのけていきます。

そして、自分の体が大人になっていくことや、親友とのすれ違い、一人の人間として自由に生きれないことなど、様々な試練がバーディにのしかかっていくことに…。

自分らしく生きる!これぞガール・パワー

https://www.amazon.com/

中世のイギリスを舞台に、ベラ・ラムジー演じるバーディことレディ・キャサリンが決められた結婚や自身の身体の成長に抵抗しながらも、真っ直ぐに生きる姿を大胆に描いた『少女バーディ ~大人への階段~』。

サブタイトルにもあるように、14歳という年齢から一歩大人への階段を上ることになった少女をコメディタッチで描いており、始まりから終わりまでとにかく明るくポジティブな気持ちで観ることが出来る素敵な作品です。

バーディはとにかく想像力も豊富で元気いっぱいなのですが、赤ちゃんの作り方はもちろんのこと、女性の体になる過程となる初潮についても知らない純粋無垢な少女でした。

人生は紆余曲折、だからこそ面白い!

https://twitter.com/BellaRamsey/

バーディの、時代を先取りし過ぎた独立心はしばしば両親とも衝突する原因となり、バーディを無理矢理金持ちの男へと嫁がせようとする父とは特に対立。

“レディ”にさせようと奮闘する父、お嫁に行きたくないバーディ。

自分の身体に遂に訪れた月経もひたすら嫌で、当て布を毎月隠しているという状況でした。

バーディは、叔父であるイケメンのジョージに夢中だったのですが、親友であるアリスに取られてしまったりと、とにかくその人生に予想だにしない事態がたくさん起こってしまいます。

(アリスとの友情も非常に魅力的!)

そんな逃げ出したくなるような状況でも、自分の意思を曲げずに戦い続け、女性だからこうだと価値を決めつけようとする大人たちに対抗。

その姿が14歳ながらアッパレもので、ひたすらかっこいいのです。

思い通りにならない人生、真っ直ぐに生きる!

男性の言いなりにはならないというバーディの鉄のように強い思いは、現代社会にも十二分に通じるメッセージ性があります。

性別など関係なく、自分らしく伸び伸び生きることの大切さを改めて考えるきっかけになり、勇気をもらえる作風になっています。

バーディが魅力的なキャラクターであることはもちろんですが、父や母、兄、親友といった周囲の人々も個性豊かな人たちばかり。

それぞれが思い通りにならない人生を歩んではいるものの、自分らしく真っ直ぐに生きている姿が素敵です。

愛すべきキャラクターとなっているので、そこに注目するとより一層この物語を好きになれるはずです。

尚、本作はアマゾン・オリジナル映画であり、アマゾンプライム独占配信となる作品ですのでこの機会に未加入の方は加入してみてはいかがでしょうか。

Amazon
Amazonプライム:入会特典のご案内

主演ベラ・ラムジーの、クルクル変わる表情に釘付け

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bella Ramsey 🐏(@bellaramsey)がシェアした投稿

主人公バーディを演じたのは、ベラ・ラムジー

最新作ドラマThe Last of Us(原題)(2023年スタート)で主人公エリーを演じるということで、現在とても注目を集めている若手女優です。

おてんばなバーディは劇中でもコロコロと表情が変わるのですが、ベラの等身大の演技が見事にマッチ。

天然素材を使ったドレスをひらひらさせながら自然の中を駆け巡る姿がとてもキュート!

素朴でガーリーなオーラを放つバーディから発せられる飾らない生き様や、その口の悪さのギャップが不思議な魅力を放っており、観ている者を飽きさせることはありません。

ベラにしか出来ないバーディというキャラクターに終始心掴まれること間違いナシですので、ぜひともその存在感に釘付けになっちゃってください。

▶『The Last of Us(原題)』予告編

●ベラ・ラムジー(Bella Ramsey)

誕生日:2003年9月25日生まれ

星座:てんびん座

身長:156cm

出身:イギリス

▶おすすめの出演作品


ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』

※若き熊の島の女公、リアナを好演。

まとめ

自分らしく生きることはとても難しいこと。

そんな中でも、自分の信念を貫き、前を向くことによって道が開かれることを教えてくれる超ポジティブな映画『少女バーディ~大人への階段~』

バーディという一人の少女が強く生きるその姿から、きっと元気や勇気をたくさんもらえるはず。

是非とも彼女の勇敢な姿に注目してみてください!

《ライター:Yuuri》

エマ・ストーン,ラ・ラ・ランド,映画の風道
https://www.facebook.com/LaLaLand

読者の皆さんこんにちわ。ライターのYuuriと申します。

アクション映画を好み、エマ・ストーンとクリステン・スチュワートをこよなく推してます。

記事の感想などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

kissme.yr.0604@gmail.com クリックで担当記事一覧へ→

■動画配信「ディズニープラス」

■動画配信「U-NEXT(ユーネクスト)」

ブログ統計情報

  • 671,289 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください