マイク・ミルズ作品の家族観と『カモン カモン』、実は「家族」がちょっと苦手なあなたへ

カモンカモン
『カモン カモン』https://www.facebook.com/cmoncmonmovie/

今回ご紹介する作品は近年注目が集まるA24製作映画『カモン カモン』(21)です。

監督・脚本は『20センチュリー・ウーマン』『人生はビギナーズ』マイク・ミルズ

主演を『ジョーカー』『her/世界でひとつの彼女』ホアキン・フェニックスが演じています。

今記事のテーマは「家族」。『カモン カモン』そして、マイク・ミルズ作品を通じて彼の家族観を考察していきたいと思います。

実は「家族」がちょっと苦手、と思っている人はぜひ参考にして下さい。

(冒頭画像:引用https://www.facebook.com/cmoncmonmovie/)

カモンカモン
ホアキン・フェニックス https://twitter.com/cmoncmonmovie/

映画『カモン カモン』:あらすじ

ニューヨークでジャーナリストとして働くジョニー(ホアキン・フェニックス)は、ある日ロサンゼルスに住む妹から頼まれ、彼女の9歳になる息子ジェシー(ウディ・ノーマン)の面倒を見ることに。

まだ幼いジェシーは天邪鬼な態度でジョニーを困惑させるのですが、共同生活をおくる中で2人の距離は次第に縮まっていきます…。


カモン カモン(作品情報)

マイク・ミルズ監督の家族観

人生はビギナーズ
『人生はビギナーズ』https://www.facebook.com/beginners/

マイク・ミルズ監督は家族を題材に作品づくりをすることが多い監督です。

しかしながら、マイク・ミルズ監督が提示する家族像は、規範的でいわゆる「普通」の家族とは違っており、どこか「いびつさ」を含んでいます。

過去作の『人生はビギナーズ』では「自分はゲイだ」と告白した父親と息子の関係性を、『20センチュリー・ウーマン』ではシングルマザーの母親と息子の関係性を描いていました。

本作でも叔父と甥っ子の疑似家族関係、そして甥っ子ジェシーの父親は精神を病んでいるという描写があります。

ホームドラマで描かれるような、あたたかくて愛にあふれた家庭。

そういったいわゆる「健全な家族」像にコンプレックスがある筆者はマイク・ミルズ作品を観ると救われたような心地になります。


人生はビギナーズ(作品情報)

一筋縄ではいかない共同生活

カモンカモン
『カモン カモン』左:ジェシー(ウディ・ノーマン)右:ジョニー(ホアキン・フェニックス)https://www.facebook.com/cmoncmonmovie/

ひょんなことから、甥っ子ジェシーの親代わりになったジョニー。

やんちゃで好奇心旺盛なジェシーは、ジョニーに対して「なぜ結婚しないの?」といった鋭い質問を容赦なくぶつけて彼を困らせることも。

しかしジェシーの行動は、単なる「こどもらしさ」からくるものだけではないのです。

行動で示される、「愛情不足」のSOS

ある時ジェシーはジョニーとの買い物中、わざといなくなった振りをして、その後何事もなかったようにジョニーの前に姿を現します。

これはいわゆる「試し行動」の一つで、大人の気を引くためや、気持ちを探るためにわざと迷惑をかける行為です。

この試し行動には、愛情を確認したいというねらいがあると言われています。

(ちなみに試し行動は子どもだけでなく、愛着障害、愛情不足のある大人にも見られる行動です)

ジェシーの行動に手を焼いていることをジョニーが妹に相談する場面で、妹がそれとなく説明していますが、幼いジェシーにとって両親不在の中、突然叔父との生活を強いられるというのは大変不安な状況。

自由奔放に振る舞っているように見えても、ジェシーが愛に飢えていることは明らかなのです。

カモンカモン
https://twitter.com/cmoncmonmovie/

「分かり合えなさ」から逃げない

カモンカモン
https://www.facebook.com/cmoncmonmovie/

度重なる試し行動、突飛な発言に振り回されながらも、ジョニーは根気強くジェシーと向き合い続けます。

家族は最も身近な他人、と言われるように、たとえ血縁関係の結びつきがあったとしても、人は相手を完全に理解することはできません。

幼いジェシーでさえもそれを感じ取っています。

「普通」の家族から外れてしまったジェシーの苦しみをジョニーはそのまま理解することはないでしょうし、彼が欲している愛情を与えることはできないかもしれない。

それでもジョニーは「大丈夫じゃなくていい」と何度でもジェシーを抱きしめることで、お互いの「分かり合えなさ」もひっくるめて愛を示していくのです。

モノクロから感じられること

本作は白黒のモノクロ映画ですが、実際は黒と白の間には無数のグラデーションが存在します。

人間にも同様にグラデーションがあります。

人間は状況に応じてその人の振る舞いが変わるので、一時の印象でその人を評価することはできません。

人間関係には一つの正解、解決策なんてものはなく、極めて複雑で年を取ってもわからないことだらけ。

ジョニーとジェシーもグラデーションを生きる中で時にぶつかったり、慰め合ったりしながらお互いの距離感を確かめていく。

モノクロ映像がつくるやわらかな輪郭は、そんなふたりをやさしく見守っているようでもあります

まとめ:マイク・ミルズ監督の包容力

マイク・ミルズ監督
右:マイク・ミルズ監督(左:ウディ・ノーマンと)https://www.facebook.com/cmoncmonmovie/

マイク・ミルズ監督は、家族表象に着目した作品を撮る傾向にあります。

彼の作品において、登場人物たちの家族は皆何かがずれていたり、欠けたりしているのだけれど、マイク・ミルズ監督はそのいびつさをあたたかく包む力があります。

「家族」にしんどさを抱えている人には特におすすめしたい監督です。

関連記事:A24×マイク・ミルズ監督が再タッグ『カモン カモン』、主演ホアキン・フェニックスの家族愛

ライター「すどうゆき」:おすすめの一冊 

《すどうゆきさん。担当記事はこちらから→》

ジョニーと同じく仕事を通してこどもと関わる、usaoさんのエッセイ。

子どもと同じ目線で向き合うusaoさんのまわりにはやわらかい空気が流れていそうです。

こちらも気になりましたらチェックしてみてください。

※心がふっと軽くなる――Twitterで多くの共感を呼んだ、小学校教員の大人気コミックエッセイを書籍化。

「先生」の毎日には、たくさんのことが起きます。
子どもと一緒に楽しんだり、
子どもに教わったり、
ときには不安で胸がいっぱいになったり……。
それでも、また明日も「先生」をできるのは、子どもたちが、同僚が、家族が励まして、元気をくれるから【引用:Amazon】

※著者:usao

▶Amazonプライム:特典案内(動画・音楽・本・配送無料)はこちらから→

ブログ統計情報

  • 1,378,791 アクセス
About すどうゆき 53 Articles
一市民としてゆるふわに映画鑑賞しています。専門用語や知識に偏らず、たくさんの方に馴染みやすい、息の長い記事を書きたいと思っています。 ご依頼などありましたらこちらまでどうぞ。 s9.aqt.xxx@gmail.com

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください