『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は実話映画、はじけすぎたウォール街と伝説の実業家!

ウルフオブウォールストリート
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』主演:レオナルド・ディカプリオ

世界の金融の要である、アメリカのウォール街。かつてこの金融街で、1人の男性がアメリカンドリームを成し遂げ、そしてその夢を散らせていきました。

今回ご紹介していく映画は、そんな男性をモデルとして描いた映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

マーティン・スコセッシ監督が創り上げ、名優であるレオナルド・ディカプリオが彩った今作。

その魅力について語っていきたいと思います。

(冒頭画像:引用https://paramount.jp/wolfofwallstreet/)

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の作品概要

ウルフオブウォールストリート
https://www.facebook.com/wolfofwallstreet.jp/

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、ウォール街で活躍した実業家(であり詐欺師)のジョーダン・ベルフォートの回想を原作とする映画作品です。

監督はマーティン・スコセッシ。

主演は『タイタニック』『インセプション』レオナルド・ディカプリオ

今作の特徴は、アメリカンドリームや世界一の金融街で働くビジネスマンたちを描きながら、彼らを取り巻くセックス中毒や麻薬といった「普通なら人に見せられない」部分を、テンポよく描写していることにあります。

クールに思える金融取引の、凄まじくはじけた部分。

今作を見て追体験してみてください。


原作:ウルフ・オブ・ウォールストリート 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 

あらすじ:アメリカン・ドリームの始まり

ウルフオブウォールストリート
https://www.facebook.com/wolfofwallstreet.jp/

若干22歳のジョーダン・ベルフォートは、愛する妻に見送られながらウォール街に足を踏み入れました。

彼はロスチャイルド社に職を得て、アメリカンドリームを叶える(つまり金持ちになる)ことを夢見ていたのです。

そして、ジョーダンはこの会社で、上司のハンナにより「コカインとリラックスの重要性」について手引きを受けました。

その半年後、ジョーダンは資格を取り、ブローカーとして本格的に仕事をすることができるようになりました。

しかしその日、「ブラックマンデー」が起こり世界経済が大混乱。

ロスチャイルド社も倒産してしまいます。

職を失ったジョーダンは妻と共に新しい仕事を探します。

そして見つけたのが、安価な店頭株ばかりを扱う証券会社です。

その会社は仲介手数料が50%と高額であり、それに惹かれたジョーダンは入社を決めます。

それが、ジョーダンのアメリカンドリームの始まりでした。


ウルフ・オブ・ウォールストリート(作品情報) 

最高にポップでクレイジー、「ビジネス」映画

https://www.facebook.com/wolfofwallstreet.jp/

作品のそこここに散らばる金や欲望、麻薬にセックス。

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』はありていに言って、「ぶっ飛び」過ぎのクレイジーな作品です。

しかし、このクレイジーさは今作の素晴らしさの1つでもあります。

通常の人生では味わえないであろう、倫理観や道徳観を捨ててでも夢に突き進むその姿。

そしてその試みが成功したときの爽快感と達成感。

これらの感覚は中毒性が高く、映画を繰り返し見るきっかけとなります。

こうした中毒性の高い部分を「狂乱のシーン」として表現すると、今作には、より静かな部分があることに気が付きます。

左:副社長ドニー(ジョナ・ヒル)https://www.facebook.com/wolfofwallstreet.jp/

それは、ビジネスの話をしているシーンです(例えば話術やペンを売る方法など)。

こうした話術や技術はまっとうなものではないでしょうが、ビジネスマンならば耳を傾けて損はありません。

狂乱と静けさ、その上に、さらなる悪徳。

どちらかと言えば「悪徳」の要素を多く組み合わせながら、今作のストーリーは進んでいきます。

その流れは非常にテンポが良く、音楽的ですらあります。

もし、これを読んでいるあなたが「クレイジーさ」に耐性があるならば、ぜひ今作を観賞してみてください。

流れるような悪徳と、その中に潜むビジネスや経済の姿を見ることができるはずです。

ディカプリオの、渾身の演技に魅せられる

ウルフオブウォールストリート
https://www.facebook.com/wolfofwallstreet.jp/

映画『タイタニック』のとき、レオナルド・ディカプリオはさながら王子様でした。

光り輝く金髪に、ケチのつけようもない美貌。

彼は、日本では見られないような美しさを持っていました。

それから年月が経ち、ディカプリオは『タイタニック』の時では想像できないような役柄を多く演じています。

そして、その一つが今作の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』です。

彼は、ビジネスマン・詐欺師・麻薬中毒者などといった多くの顔を持つジョーダンの役を、渾身の演技で演じ切っています。

例えば、お客に大口の取引を持ちかける自信満々な口調、信頼する同僚と娼婦について話す様子。

ウルフオブウォールストリート
左:妻ナオミ(マーゴット・ロビー)https://www.facebook.com/wolfofwallstreet.jp/

さらに、2番目の妻ナオミとのユーモア溢れる口論の様子。

また、麻薬の常習者である証拠の多汗症や、作品内に時折ある長広舌のセリフ。

クスリと笑えるものから、なぜだか納得してしまうものまで、ディカプリオは真に迫った演技で見る人を惹きつけています。

それは、俳優としての彼の素晴らしさを裏付けるものと言えるでしょう。

今作『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、ディカプリオのファンにこそ見て欲しい作品の1つです。

●レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)


2023-2024 Calendar& Planner

誕生日:1974年11月11日生まれ

星座:さそり座

身長:183㎝

出身:アメリカ・カリフォルニア州

▶レオナルドディカプリオの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


タイタニック(作品情報)


インセプション(予告編)

参考記事:アカデミー賞10部門でノミネート、タランティーノ監督の「ワンアポ」はどんな映画?

まとめ~知らない世界に旅を~

ウルフオブウォールストリート
https://www.facebook.com/wolfofwallstreet.jp/

実在の人物の回顧録を原作とした映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』。

今作で描かれる世界は、私たちが普段見ることができないような、きらびやかで、かつ、欲望にまみれた世界です。

普段見られない世界を知る、だからこそ映画は楽しいのです。

自分の知らない世界に旅をして、存分に味わってしまいましょう。

今作の主人公であるジョーダン・ベルフォートは「胸を張って誇れる」人物でこそないかもしれませんが、「見てみたい」物語の主人公なのです。

《ライター:オオノギガリ》

■動画配信「ディズニープラス」

■動画配信「U-NEXT(ユーネクスト)」

ブログ統計情報

  • 671,295 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください