サラ・ポーリー監督の実話映画『ウーマン・トーキング』、 あらすじ・豪華キャストを紹介!

ウーマン・トーキング
左:ルーニー・マーラ右:クレア・フォイ『ウーマン・トーキング』

2023年アカデミー賞で、作品賞(ノミネート)と脚色賞(受賞:サラ・ポーリー監督)となり話題の『ウーマン・トーキング 私たちの選択』

映画評論サイトでは批評家スコアが90パーセントと、高い評価を得ています。

今回は、そんな『ウーマン・トーキング 私たちの選択』のあらすじやキャスト、そしてサラ・ポーリー監督をはじめとする制作スタッフを紹介していきます。

(冒頭画像:引用https://www.facebook.com/WomenTalkingFilm/)

あらすじ:被害女性の3つの選択肢とは?

ウーマントーキング
https://www.facebook.com/WomenTalkingFilm

世間から隔離された宗教コミュニティの村。

ここで生活する保守的な宗教「メノナイト」の女性や少女たちは、けだるさや痛みで目を覚ますと、身に覚えのないアザや出血があることに気づく。

被害を受けた女性たちは相談するが、男たちは「悪魔のしわざ」や「被害妄想」だといって否定する。

しかし、それは数年に渡って実際に起こっていた性暴力事件だったのだ。

大半の男たちが街へ出かけている2日間で、女性たちは集まって話し合いを行う。

何もしない、残って戦う、もしくは逃げるー。

彼女たちの選択肢は3つだった…。

メインキャストは、超豪華な主役級!

ウーマントーキング
https://www.facebook.com/WomenTalkingFilm

女優たちのキャスティングには1年ほどかかったそうですが、その甲斐あって超豪華な主役級キャストたちが勢揃いしました。

紹介していきますね。

ルーニー・マーラ【Ona(オナ)役】

ウーマン・トーキング
https://www.facebook.com/WomenTalkingFilm

事件によって妊娠した女性。

演じるのは『ドラゴンタトゥーの女』『her/ 世界でひとつの彼女』などで知られるルーニー・マーラ

今回も難しい役どころを演じています。

●ルーニー・マーラ(Rooney Mara)

誕生日:1985年4月17日生まれ

星座:おひつじ座

身長:160㎝

出身:アメリカ・ニューヨーク州

▶ルーニー・マーラの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品(管理人・選)

ローズの秘密の頁(予告編:Amazon) (楽天)

※切なさがほとばしる表情が、とってもかわいい演技派女優の代表!

参考記事(by オオノギガリ):映画『キャロル』あらすじとLGBTの世界観。複雑でエレガントで、人に見惚れる瞬間を思い出す 

クレア・フォイ【Salome(サロメ)役】

ウーマン・トーキング
https://www.facebook.com/WomenTalkingFilm

Onaの姉。3歳の娘が被害に遭う。

演じるのはNextflixオリジナルシリーズ『ザ・クラウン』で若い頃のエリザベス女王を演じ話題となったクレア・フォイ

●クレア・フォイ(Claire Foy)

誕生日:1984年4月16日生まれ

星座:おひつじ座

身長:162㎝

出身:イギリス

▶クレア・フォイの出演映画一覧

▶おすすめの代表作

蜘蛛の巣を払う女 (作品情報)

ザ・クラウン シーズン1

ジェシー・バックリー【Mariche(マリシェ)役】

ウーマン・トーキング
https://www.facebook.com/WomenTalkingFilm

旦那から家庭内暴力を受けている女性。

旦那と息子に人生を捧げている。

演じるのは、2023年に公開され話題となっている『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー

確かな演技力で、抜群の存在感を見せてくれそうですね。

参考記事:映画『MEN 同じ顔の男たち』感想と考察【ネタバレ注意】、主人公ハーパーを襲う”彼ら”とは?

フランシス・マクドーマンド【Scarface (スカーフェイス)役】

ウーマントーキング
https://www.facebook.com/WomenTalkingFilm

コミュニティの熱心な信仰者。

演じるのはフランシス・マクドーマンド

プロデューサーとして参加しているマクドーマンドは、今回は小さな役でカメオ出演しています。

●フランシス・マクドーマンド(Frances McDormand)

誕生日:1957年6月23日生まれ

星座:かに座

出身:アメリカ・イリノイ州

身長:165㎝

▶フランシス・マクドーマンドの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

ノマドランド (予告編)

※飄々として、時にはにかむ優し気な顔。現実の厳しさを垣間見せながら淡々と進む素晴らしい映画、そして女優です。なんと3度目の主演女優賞。

スリー・ビルボード (予告編)

※いかつくも頑固な役を好演。主演フランシス・マクドーマンドが2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞した名作です。

ベン・ウィショー【August(オーガスト)役】

ウーマン・トーキング
https://www.facebook.com/WomenTalkingFilm

教師。女性たちの話し合いに議事録として参加。

演じるのは、『007/スカイフォール』『パディントン』シリーズでおなじみのベン・ウィショー

原作ではナレーターのAugustですが、映画内では主要なキャラクターの1人へ変更されているようです。

●ベン・ウィショー(Ben Whishaw)

誕生日:1980年10月14日生まれ

星座:てんびん座

身長:175cm

出身:イギリス・イングランド

▶ベン・ウィショーの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

パピューム(予告編:Amazon) 

007 スカイフォール(予告編:Amazon)

制作会社は、ブラッド・ピットの「Plan B」

シーセッド
『SHE SAID/ シー・セッド その名を暴け』https://www.facebook.com/shesaidfilm/

ブラッド・ピットが設立し、数々の名作を送り出してきた「Plan B」が制作しています。

最近では『SHE SAID/ シー・セッド その名を暴け』『ミナリ』が話題ですね。

社会派で意義のある作品が多いPlan Bだけに、『ウーマン・トーキング 私たちの選択』にも期待が高まります。

参考記事:実話が原作映画『SHE SAID/シー・セッド』感想、その選択は将来の自分や誰かを救うか?

監督サラ・ポーリー、プロデューサーにフランシス・マクドーマンド

ウーマン・トーキング
Sarah Polley, Writer/Directorhttps://www.facebook.com/WomenTalkingFilm

女優としても幼い頃から活躍し、初監督作品『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』ではアカデミー賞脚本賞にノミネートされるなど、監督としても才能を発揮しているサラ・ポーリー

前作のドキュメンタリー『物語る私たち』から、約10年ぶりにメガホンを取ることになりました。

原作を読んだポーリーは、フランシス・マクドーマンドがオプション権を獲得したと知り、そのことについてメールで尋ねたそう。

すると5分ほどで「監督をしないか?」と打診の返信がきたそうで、「本当に運命を感じた」とローリング・ストーン紙のインタビューで語っています。

(参照: ‘We can imagine a better future’: Sarah Polley on ‘Women Talking‘)

プロデューサーには、大女優のフランシス・マクドーマンドが名を連ねています。

マクドーマンドは『ノマドランド』でも原作を読んだあとにオプション権を獲得し、クロエ・ジャオに監督を打診した経緯があります。

女性が主役、そして社会派な作品という共通点から、マクドーマンドの関心の高さも伺えますね。

良作なのは間違いなさそうです。

実話を基にした、同名小説を映画化

本作は、2018年に出版されベストセラーにもなったミリアム・トウズによる同名小説「Women Talking」を映画化したもの。

2005年〜2009年にかけて、ボリビアで実際に起こったレイプ事件を基にした小説です。

この事件は、保守的な宗教であるメノナイトの女性や少女たちが、同じコミュニティの男たちから被害を受けていたもの。

寝ている女性に動物用鎮静剤を使用して意識を失わせ、そのあいだにレイプしていたそうで、被害にあった女性や少女は130人以上にも及ぶ悲惨な事件です。

小説自体は、この事件に対する「空想上の回答」とのことですが、ミリアム・トウズ自身も実はメノナイトで育ったので、この事件を知ったときに「これを書かなくては」と思ったのだとか。

男性たちは最初、被害を認めるどころか「悪魔のしわざ」だと否定していたので信じられませんね。

【YouTube:予告編】

■原作の紹介(英語版)

Women Talking: The Oscar nominated film

※著者:Miriam Toews(ミリアム・トウズ)

ミリアム・トウズ
https://www.amazon.co.jp/Miriam-Toews/

(日本語版は未刊行)

まとめ

アカデミー賞作品賞にノミネートされるのも納得できるストーリーやテーマ性がありますね。

Plan Bが制作し、フランシス・マクドーマンドがプロデューサーとして参加、そして監督のサラ・ポーリーに主役級のキャスト陣がズラリ・・・。

私はこの情報を見た瞬間に「この映画は間違いないやつだ!」と確信しました。

動画配信各社で配信されていますので、ぜひご覧になって下さい。

■おすすめの動画配信・レンタル・本【管理人・選】

▶U-NEXT会員:動画配信特典・無料トライアル実施中!

▶楽天ブックス会員:特典(DVD・本・音楽配信・ゲーム)

▶DMM.com会員:宅配レンタル(DVD&CD・コミック1ヶ月無料キャンペーン中) 

▶Amazonプライム会員:特典(動画・ミュージック・本・オーディブル・ライブ・DVD他)

《ライター:Ayaka》 担当記事一覧はこちらをクリック→

プロフィールayaka
🏵️ayaka(於・アトランタ)

高校時代にハマった映画観賞が、いつのまにかライフワークに。

ハリウッド大作からインディペンデント作品まで、ジャンルを問わず見ています。

オタク気質ゆえ、気になる作品はとことん調べてしまいます(笑)

記事の感想などございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね!

kbayaka2158@gmail.com

ブログ統計情報

  • 1,387,680 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください