AmazonプライムビデオからYuuriのオススメ3選、【2023年5月~】からの見放題で!

『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』
https://twitter.com/hwb_movie/status/1508383398259314690

みなさん、こんにちわ!洋画が大好きな映画ライターのYuuriです。

2023年5月のアマプラ配信映画は、大人気のアクションコメディ映画の続編や、驚きのスリラー映画、ドキドキの恋愛スリル映画など、刺激的なジャンルの洋画が続々と配信。

皆さんはもうチェックされたでしょうか?

ここでは、筆者が是非とも注目して頂きたい至極の3作品をピックアップしてみました!

(冒頭画像:引用https://twitter.com/hwb_movie/)

オススメ映画①:『アンテベラム』

映画タイトルアンテベラム
原題Antebellum
監督ジェラルド・ブッシュ
出演ジャネール・モネイ、エリック・ラング、ジェナ・マローン、ジャック・ヒューストン、カーシー・クレモンズ他
公開日2020年  【YouTube:予告編】

現代と過去が交錯、黒人女性の日常が崩壊:あらすじ

アンテベラム
ヴェロニカ(ジャネール・モネイ)https://www.facebook.com/AntebellumFilm/

NYで見事なスピーチを披露するのは、人気社会学者のヴェロニカ

順風満帆な人生を歩む彼女だったが、突如としてその日常は崩壊してしまう。

その一方で、アメリカ南部の綿花畑で奴隷として働かされているエデンは、とある悲劇に見舞われ、そのことをきっかけに仲間たちと脱走の計画を練るのだったが…。

予備知識なしで、ぜひ「騙されてほしい」衝撃作!

アンテベラム
https://www.facebook.com/AntebellumFilm/

「アンテベラム」=アメリカ南北戦争の直前時代を意味するこの映画は、題名の通り差別が強く蔓延る世界と現代の2つの時代が交差するスリラー映画。

映画ゲットアウト『アス』で知られるプロデューサーのショーン・マッキトリックが手掛けた映画で、人種差別を題材にしているというだけあり、冒頭からショッキングで衝撃的な演出が描かれていきます。

実はこの映画、あらすじにも上記したように、社会学者として生きる現代人のヴェロニカ、そして戦争直前の過去の時代を生きるエデンを主人公にして2つの物語が進んでいきます。

物語が交差し、二転三転、いやそれ以上に想像の斜め上を行くストーリーに引き込まれ、最後の最後までどうなるのか予想の出来ない構成なのです。

そのため、本作は予備知識なしネタバレ厳禁で観てほしい作品で、是非とも良い意味で「騙された!」と驚かされる究極の真実に注目して頂きたいです。

また、ヴェロニカとエデンの一人二役を演じたジャネール・モネイの素晴らしい演技力も必見!

●ジャネール・モネイ(Janelle Monáe)

誕生日:1985年12月1日生まれ

星座:いて座

身長:152cm

出身:アメリカ・カンザス州

▶ジャネール・モネイの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品【管理人・選】

アンテベラム(作品情報) 

Dirty Computer

※歌手・女優:2017年、アカデミー賞作品賞を受賞した映画『ムーンライト』にテレサ役で出演、続いて映画『ドリームス(原題:Hidden Figures)』では主人公の1人=メアリー・ジャクソン役を演じて数々の映画賞にもノミネートされるなど、女優としても大ブレイクを果たした超個性派アーティストジャネール・モネイ待望のサード・アルバムがリリース! (C)RS【引用:Amazon】

Amazonギフトカード ボックスタイプ

※Amazon.co.jpで使えるギフトカードです。数億種の商品・サービスに利用できます。(ギフトカードなど、一部制限)ギフトボックスが付属します。有効期限は発行から10年です。

▶Amazonプライム会員:特典

オススメ映画②:『私の知らないわたしの素顔』

映画タイトルわたしの知らないわたしの素顔
原題Celle que vous croyez/Who You Think I Am
監督サフィ・ネボウ
出演ジュリエット・ビノシュ、ニコール・ガルシア、フランソワ・シビル、マリー=アンジュ・カスタ他
公開日2020年  【YouTube:予告編】

アラフィフ女性が、自分を偽りSNS上で…:あらすじ

わたしの知らないわたしの素顔
クレール(ジュリエット・ビノシュ)https://twitter.com/sugaomovie/

アラフィフで2人の子供を持つ大学教授クレール。

彼女は、年下の恋人であるリュドに振られたことがきっかけで24歳の女性・クララという人物になりきって、SNSの世界に足を踏み入れる。

リュドに近づくことが目的だったものの、SNS上でリュドの友人である写真家のアレックスと知り合うと、2人はチャットでやり取りを開始。

若く、優しいアレックスとのやり取りはだんだんと深いものになり、2人はネット上で恋に落ちてしまう。

しかし、会うことは出来ないため、クレールはアレックスに対して「恋人と結婚する」と言い残し一方的に別れを告げてしまう。

以前、クレールはクララとしての写真を送るためにネットで適当に拾った写真をアレックスに送信していた。

実はこの写真にとんでもない事実が秘められており、これ以外にもアレックスが悲劇を迎えていたことも判明してしまうのだった…。

淡々と、でも深く描かれる主人公の心情が魅力的

私の知らないわたしの素顔
https://twitter.com/sugaomovie/

フランスの大女優ジュリエット・ビノシュ演じるクレールが、子持ちの50代であることを隠してSNS上の若い男性に恋をしたことで思わぬ波乱の展開が待ち受けている姿を描いた『私の知らないわたしの素顔』

劇中では、クレールがカウンセリングを受けるシーンが時折登場し、クレールの奥底に潜む心情と共に彼女の恋愛物語が展開していく斬新なストーリーです。

年齢を詐称し、偽りの写真を使ってネット上の人間と恋愛をする…という光景は、珍しくもない出来事。

今のご時世に蔓延るネット社会を上手く取り上げており、実際にあってもおかしくない話が私たちを惹きつける魅力的な設定になっています。

クレール(=クララ)が愛しながらも騙してしまったアレックスはクレールに会いたがるのですが、当然クレールは会うことが出来ません。

会いたいのに会えない、そんな煮え切らない気持ちを抱えながらも事態は思わぬ方向に転がりだし、2人の運命から目が離せない物語に。

ジュリエット・ビノシュの繊細で、行き場のない悲しみや焦燥の演技は圧巻で、彼女の美しさにもまた惚れる一作になっています。

●ジュリエット・ビノシュ(Juliette Binoche)

誕生日:1964年3月9日

身長:168㎝

出身:フランス・ パリ

▶ジュリエット・ビノシュの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品【管理者・選】

私の知らないわたしの素顔(作品情報)

真実(予告編)

※名優カトリーヌ・ドヌーブと親子関係で登場します。日本の是枝監督作品。

Amazonギフトカード ボックスタイプ

※Amazon.co.jpで使えるギフトカードです。数億種の商品・サービスに利用できます。(ギフトカードなど、一部制限)ギフトボックスが付属します。有効期限は発行から10年です。

▶Amazonプライム会員:特典

オススメ映画③:『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』

映画タイトルヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード
原題The Hitman’s Wife’s Bodyguard
監督パトリック・ヒューズ
出演ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン、サルマ・ハエック、モーガン・フリーマン他
公開日2022年  【YouTube:予告編】

ボディガード資格が剥奪、マイケルの運命は?:あらすじ

ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード
左:ダリウス(サミュエル・L・ジャクソン)右:マイケル(ライアン・レイノルズ)https://twitter.com/hwb_movie/

超一流のボディガードであるマイケルは、かつて日本の要人であるクロサワの警護に失敗したことで、ボディガードの資格を奪われていた。

カウンセラーから仕事から離れ、休暇を勧められたマイケルはイタリアのカプリ島に行き、最高のバカンスを楽しんでいた。

しかし、そこではあのクロサワを殺した殺し屋でマイケルの元相棒・ダリウスの妻である、詐欺師ソニアがマフィアと戦っていた。

ソ二アは、マフィアに捕まった夫ダリウスの奪還をマイケルに依頼、戦場と化してしまう。

一方、クロアチアでは送電線の電力異常が発生。

このことがきっかけで、マイケルは、サイバーテロから世界を救うはめになってしまい、ダリウスとソニアの3人で力を合わせることに…。

ぶっ飛び度120%の、エンタメ映画に興奮!

ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード
中央:ソニア(サルマ・ハエック)https://twitter.com/hwb_movie/

映画『ヒットマン・ボディガード』の続編となる本作ですが、今作から観ても誰でも楽しめる作品です。

ストーリーよりもアクションやテンポの良いやり取りを堪能する、いわゆる頭を空っぽにして気楽に観れる娯楽度100%のポップコーンムービー。

今作では、マイケルを演じたライアン・レイノルズ、ダリウス役のサミュエル・L・ジャクソン、そして妻のソニア役のサルマ・ハエックら3人をメインに物語が進みます。

ブラックジョークあり、ぶっ飛んだ銃撃シーンありのなんとも贅沢すぎる一作で、もうとにかく良い意味で終始ハチャメチャに!

3人とも楽しそうに役を演じていることがこちらにもひしひしと伝わってくるようで、特に今作ではサルマ演じるソニアの大暴れっぷりは一見の価値アリ。

アクションやコメディが好きで、スカッと爽快な気分を味わいたい方にオススメのエンタメ映画となっています。

●サルマ・ハエック(Salma Hayek)

誕生日:1966年9月2日生まれ

星座:おとめ座

身長:157cm

出身:メキシコ・ベラクルス州

CMブランド:グッチ(Gucci)

サルマ・ハエックの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品【管理者・選】

ヒットマン・ワイブズ・ボディガード(作品情報)

エターナルズ(作品情報)

参考記事:マーベル新作『エターナルズ』、人類に危機襲来で再結集。アメコミ伝説が新たに始動

まとめ

『アンテベラム』2023年5月1日『私の知らないわたしの素顔』2023年5月2日『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』2023年5月1日より、それぞれAmazonプライムで絶賛配信中です。

Amazonギフトカード ボックスタイプ

※Amazon.co.jpで使えるギフトカードです。数億種の商品・サービスに利用できます。(ギフトカードなど、一部制限)ギフトボックスが付属します。有効期限は発行から10年です。

▶Amazonプライム会員:特典

《ライター:Yuuri》

エマ・ストーン,ラ・ラ・ランド,映画の風道
https://www.facebook.com/LaLaLand

読者の皆さんこんにちわ。ライターのYuuriと申します。

アクション映画を好み、エマ・ストーンとクリステン・スチュワートをこよなく推してます。

記事の感想などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

kissme.yr.0604@gmail.com クリックで担当記事一覧へ→

ブログ統計情報

  • 1,378,791 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください