『ウィリーズ・ワンダーランド』あらすじと見どころ、ニコラス・ケイジ無双の衝撃!そして笑劇!

ニコラス・ケイジ
ニコラス・ケイジ『ウィリーズ・ワンダーランド』

ポップコーンは断然塩派、どうもミナギです。

今回は2021年公開のホラー(?)映画『ウィリーズ・ワンダーランド』を紹介します。

ホラー、B級、アクション、コメディ、そしてニコラス・ケイジ・・・。

上映時間88分と短めの本作、しかしその中にこれらの様々な要素がデカ盛りてんこ盛りで詰まった、中々見応えある奇作に仕上がっています。

良い意味で期待を裏切られ、筆者の心をバッチリ射止めたこの作品、皆様にも是非見て欲しいので、今回は魅力をたっぷりお伝えできればと思います。

あらすじ:舞台は廃遊園地、たった一夜の清掃作業バイト

ウィリーズ・ワンダーランド
https://screenmediafilms.net/productions/details/3227/Willys-Wonderland

とある田舎道を車で爆走する、ある男(ニコラス・ケイジ)

道に設置されてあった罠を踏んでしまい、タイヤがパンクして立ち往生する場面から物語はスタートします。

通りがかったトラックの運転手に車の修理を依頼しますが、修理代や車の牽引代を合わせて現金のみで1000ドル支払えと。

当然そんな大金を持っていなかった男はそこでもまた、立ち往生するハメになります。

すると、この状況になる事をまるでわかっていたかの様に、トラック運転手の男から「少し働いて支払うのはどうだ」と話を持ち掛けられます。

廃墟と化した遊園地と、恐怖の機械人形たち・・・

ウィリーズ・ワンダーランド
https://www.facebook.com/willyswonderlandmov

トラック運転手に連れてこられたのは、廃墟と化した街の室内遊園地「ウィリーズ・ワンダーランド」。

男はこの遊園地のオーナーであるテックスという男から、「ここを一晩掃除すれば、車の修理代を出そう」と言われます。

無言で握手を交わしこの話を承諾した男は、建物の中に入ります。

不穏な空気の漂う店内、ロビーにはかつて店のマスコットとして子供たちに人気だった機械人形たちが佇んでいます。

ウィリーズ・ワンダーランド
https://www.facebook.com/willyswonderlandmov

簡単な説明を受けてから作業に取り掛かる男ですが、その背後で静かに、停止中であるはずの人形たちが動き始めているのでした

また時を同じくして、このウィリーズ・ワンダーランドについて何かを知っている街の少女リブ(エミリー・トスタ)を筆頭とした青年不良グループが、施設を自分たちの手で破壊しようと動き出しています。

男とリブ達は、無事にウィリーズ・ワンダーランドを出ることはできるのか・・・

まさかのどんでん返し!?ニコラス・ケイジ無双!

ウィリーズ・ワンダーランド
https://screenmediafilms.net/productions/details/3227/Willys-Wonderland

ざっくりとした内容はこんな感じ。

これだけ聞くと、廃墟の遊園地で人形たちが人間を襲うといった王道のパニック・ホラー展開がここから繰り広げられる・・・!と、思いますよね。

動画広告でこの作品を知ったのですが、筆者も最初そのような作品だと期待して視聴しました。

しかし・・・なんとこの作品、ここから我々の想像からは真逆の展開に進んでいきます。

ニコラス・ケイジ演じる“男”が、とにかくあまりに強すぎるのです。

ウィリーズ・ワンダーランド
https://www.facebook.com/willyswonderlandmov

なんと、機械人形に襲われたニコラス・ケイジは臆するどころか顔色一つ変えず、マスコットたちを次々となぎ倒していくのです。

その爽快っぷりといえばもう、何も知らずに視聴を始めた筆者はあまりの衝撃展開に笑いが止まりませんでした(笑)。

最初に動き出したダチョウのオジーというキャラから始まって総勢8体、「マスコットvsニコラス・ケイジ」という滅茶苦茶に楽しいバトルが目まぐるしく繰り広げられていきます。

思わず「えぇー!?」と声が出てしまう様な衝撃(笑劇)展開ばかりなので、是非ご自身の目で見てエキサイトして欲しいですね。

襲う側と襲われる側の立場がどんどん逆転!

普通のホラー映画で恐怖を感じさせるために使われるカメラワークや演出が、本作では人間であるニコラス・ケイジの方にも同様に恐怖の対象として使われています。

逆やろ!と突っ込んでしまう、アイデアがとにかく滅茶苦茶面白いです。

油断は大敵、しっかりドキドキする恐怖描写!

ウィリーズ・ワンダーランド
https://www.facebook.com/willyswonderlandmov

とはいえ、ホラーとしての面白さも全く捨てている訳ではなありません。

時を同じくしてウィリーズ・ワンダーランドに潜入した不良グループ達の潜入シーンでは、想像していた通りのパニック・ホラー展開もしっかり繰り広げられます。

恐怖表現や描写、映像の迫力もしっかり見事。

ホラー好きなら「あ、これは駄目だわ・・・」と見ていてわかる王道もしっかり押さえてきます。

基本的に最強ニコラス・ケイジを楽しむ作品だと筆者は捉えていますが(笑)、リブ達がどうなっていくのかも非常に作品の見どころの一つです。

堪能できる、“B面ニコラス・ケイジ”の魅力

ウィリーズ・ワンダーランド
https://www.facebook.com/willyswonderlandmov

男の役作りも、非常に魅力的。

残虐な程に容赦なく機械人形に立ち向かう一方で、異常なまでに几帳面。

人形との戦闘が終わった後は、何事もなかったかの様に即座にそもそもの依頼内容である清掃作業に戻り、完ぺきにこなします。

休憩時間には決まって同じドリンクを飲んだり、店に置いてあったピンボールにハマって全力で楽しんだり。

挙句の果てにこの男は無口な設定ですので、なんとこの作品でのニコラス・ケイジのセリフ殆ど無いんですね。

筆者の記憶では0であった・・・と思います。(笑)

謎めいていて、一方チャーミングな一面もあるこのシュールな世界観、結構ハマる人も多いのではないでしょうか。

パツパツの作業員用Tシャツをしっかり着ているのもジワジワきますね・・・。

人気大俳優の側面、これぞ“B面ニコラス・ケイジ”

ウィリーズ・ワンダーランド
https://www.facebook.com/willyswonderlandmov

この男の名前も作中では出てこず、一応公式では“管理人”とされているのですが、筆者は敢えて、もうニコラス・ケイジとフルネームで呼びたいです。(笑)

ニコラス・ケイジと言えば、映画好きでなくとも誰もが名前は知っているであろう大俳優。

しかし近年では本作を含め、中々に奇抜な作品でディープな役どころを演じる事も多いです。

それでもコメディ俳優のイメージに振っている訳では毛頭無く、シリアスな役回りも現役でクールにこなして、どちらも全く嫌味なく様になるのがかっこいいですよね。

日本俳優でいうと、浅野忠信さんや窪塚洋介さんの様な感じでしょうか。

この作品はまさに彼の側面、B面ニコラス・ケイジの魅力を存分に楽しめる映画ではないかな、と思います。

人気ホラーゲーム「FNaF」から着想得た作風

ウィリーズ・ワンダーランド
https://www.facebook.com/willyswonderlandmov

また、この作品の世界観はアメリカ発の大人気ホラーゲーム「ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ」(FNaF)から着想を得たと公式に語られています。

ファイブナイツ
https://twitter.com/uni_horror/

実はこの元ネタのゲーム自体も2024年に実写映画化しており、以前筆者も紹介記事を書きました。

(是非一緒に読んでください!)

初めて予告を見てこの作品の存在を知った時、FNaFシリーズのファンである筆者も確かに「テーマほぼ同じじゃん、何か関係があるのか・・・?」と思っていました。

ウィリーズ・ワンダーランド
https://www.facebook.com/willyswonderlandmov

しかし中身を見た後では、「本家の方も主人公がニコラス・ケイジ程強ければ苦労しないのにな」と、感想が変わりましたね。(笑)

いずれにせよ、実写映画化したファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』と合わせて、対比を楽しみながら見るのもお勧めです。

関連記事:大人気ホラーゲーム待望の実写化!『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』あらすじと見どころ

まとめ:何か面白い映画ない?と聞かれたら

ウィリーズ・ワンダーランド
https://screenmediafilms.net/productions/details/3227/Willys-Wonderland

如何でしたか?

本記事中で一体、何回「ニコラス・ケイジ」と名前を呼んだのでしょうか。(笑)

88分と時間も短くサクッと見れてとっても楽しめるので、何か面白い映画ない?と雑に聞かれた時でも紹介しやすい、かなりオススメな作品です。

少しでも気になった方は、是非是非チェックしてみてくださいね。

友達などに勧める際には、大まかな内容は伏せて「滅茶苦茶怖いホラー映画だったよ」とだけ事前に伝えておき、視聴後の感想を聞くのも面白いかもしれませんね。(笑)

そして筆者としては、今後もこの様な奇抜なB面ニコラス・ケイジ作品に是非期待したいところです。

それでは。

《ライター:野元ミナギ》クリックで担当記事一覧へ→

野元ミナギ
野元ミナギ

■1998年生まれ、大分県在住。
「Sleeping Girls」というバンドでボーカルとギター、作詞作曲をしています。
音楽、映画、お酒、オカルト、猫、水族館、お笑いなどなどが好きです。
好きな映画達の魅力が上手く伝われば幸せです。

■X→https://twitter.com/ponagitin6937

■Instagram →https://www.instagram.com/minagi6937

■X(Sleeping Girls) →https://twitter.com/SleepingGirls_

ブログ統計情報

  • 1,379,117 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください