Yuuriおすすめアマプラ作品、『シャドウ・イン・クラウド』 『X エックス』(2023年7月版)

シャドウインザクラウド
『シャドウ・イン・クラウド』主演:クロエ・グレース・モレッツ

みなさん、こんにちわ!洋画大好き、ライターのYuuriです。

アマゾンプライムビデオ・2023年7月のラインナップは、2022年に話題となった映画も続々登場し、フレッシュで豪華な作品がズラリ。

思わずどれを観ようか悩んでしまう!

という方のためにここでは筆者オススメの3つの洋画をピックアップしてみました。

(冒頭画像:引用https://www.facebook.com/shadowinthecloudfilm/)

1.Shadow in the Cloud

オススメ映画①:『シャドウ・イン・クラウド』

映画タイトルシャドウ・イン・クラウド
原題Shadow in the Cloud
監督ロザンヌ・リァン
出演クロエ・グレース・モレッツ、ニック・ロビンソン、ビューラ・コアレ、テイラー・ジョン・スミス、カラン・マルヴェイ他
公開日2022年 【YouTube:予告編】

機体に張り付くのは、あのグレムリン!?:あらすじ

シャドウ・イン・クラウド
https://twitter.com/shadowincloud_m/

時は第二次世界大戦中の1943年。

連合国空軍の女性大尉であり、何かが入った大事な鞄を抱えているモード・ギャレットはフールズ・エランドと呼ばれる戦闘機に乗り、とある機密文書をニュージーランドからサモアに届ける任務を任されていた。

男性乗組員から性差別され、卑猥な言葉をかけられながらも健気に任務に集中しているモードだったが、彼女は機体の右翼にしがみつく謎の生物グレムリンを目撃してしまう。

それだけでなく、モードには実は驚くべき秘密があり、この爆撃機に乗ったのには大きな理由があった。

モードはこの究極の危機を乗り越えられるのだろうか?

クロエ・グレース・モレッツ、魅力炸裂のアクション映画

シャドウ・イン・クラウド
https://twitter.com/shadowincloud_m/

クロエ・グレース・モレッツ主演ニック・ロビンソンら人気若手俳優が共演を果たしたスリラーアクション映画『シャドウ・イン・クラウド』

飛行機にイタズラをする空想の産物とされていた悍ましいモンスター、「グレムリン」と対峙したクロエ扮する乗組員のモードが、バトルを繰り広げながら自身が抱える秘密と共に任務を果たす…という物語。

ワンシチュエーションという限られた空間で光るクロエの迫真の演技と、最強っぷりは新たな女性無双映画の仲間入りを果たしたと言っても過言ではなく、クロエの魅力を存分に生かした物語に。

アッと驚かされるモードの秘密、最初はサイアクな言葉でモードと仲違いした男達の変化、命懸けで不気味な生物グレムリンと戦う勇ましい姿や、クライマックスの予想出来ない迫力溢れる怒涛の展開は必見!

クロエ好きでも、そうでなくとも見逃せない真新しい航空パニック映画となっています。

2.My Salinger Year

オススメ映画②:『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』

映画タイトルマイ・ニューヨーク・ダイアリー
原題My Salinger Year
監督フィリップ・ファラルドー
出演マーガレット・クアリー、シガニー・ウィーパー、ダグラス・ブース、サーナ・カーズレイク、ジョナサン・ダブスキー他
公開日2022年  【YouTube:予告編】

ファンレターを処理する仕事に疑問を抱き…:あらすじ

マイ・ニューヨーク・ダイアリー
中央:ジョアンナ(マーガレット・クアリー)https://twitter.com/my_ny_diary/

90年代のニューヨークで生き、作家を目指しているジョアンナ

気まぐれで偏屈的な小説家の一人であったJ・D・サリンジャーの担当をする女上司のマーガレットのもと、アシスタントして働くことになる。

ジョアンナの仕事と言えば、サリンジャーの元に頻繁に届くファンレターを処理することだった。

読者が懸命に書いた熱い手紙に対し、愛のこもっていない定型文の返信を送ることに疑問を抱き始めたジョアンナは、とうとう思い付きで個人的な手紙を返信するように。

そんなある日のこと、ジョアンナのもとにサリンジャー本人から電話がかかってくるのだが…。

夢を追いかけ、仕事に励みたい人必見の映画

マイ・ニューヨーク・ダイアリー
左:上司マーガレット(シガニー・ウィーバー)https://twitter.com/my_ny_diary/

文芸版マイ・インターンプラダを着た悪魔とも呼ばれ、名作と名高い『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』

出版社を舞台に、上司マーガレット(シガニー・ウィーバー)と部下の熱くてハートフルな関係性を繊細に描き、夢を追いかける利発で聡明な主人公ジョアンナを魅力的に描いた一作です。

ポジティブな世界観と共に広がるファッションや色合いもとてもキュートで、視覚的にも楽しめるお洒落ムービーでもある本作。

夢を追いかけている人や仕事を頑張りたい人、自分の人生と葛藤している人に特に観てもらいたい作品です。

好きな事や、やりたい事は少しずつでいいので続けること」という※J・D・サリンジャーのセリフなど、勇気付けられる数々の名台詞は必見。

また、ジョアンナ役のマーガレット・クアリーのひたすら愛くるしい人間味溢れる演技も本作の素晴らしい味付けのひとつになっています。

●マーガレット・クアリー(Margaret Qualley)

誕生日:1994年10月23日生まれ

最座:さそり座

身長:173cm

出身:アメリカ・モンタナ州

▶マーガレット・クアリーの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品(管理人・選)

映画チラシ『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』

※J・D・サリンジャー

サリンジャー ――生涯91年の真実

出生秘話、家族、戦争体験、失恋、結婚、創作活動、編集者との確執……謎に包まれた私生活や埋もれていた新事実がいま明らかに。死後初めてとなる決定版・評伝!【引用:Amazon】

▶Amazonプライム会員:特典(動画・ミュージック・本・ライブ・DVD他)

3.X

古き良きセクシーホラー映画『X エックス』

映画タイトルX エックス
原題X
監督タイ・ウェスト
出演ミア・ゴス、ジェナ・オルテガ、ブリタニー・スノウ、キッド・カディ、マーティン・ヘンダーソン、オーウェン・チャンベル他
公開日2022年  【YouTube:予告編】

ポルノ映画の撮影地で起きた悲劇:あらすじ

エックス
https://twitter.com/xmovie_jp/

舞台は1979年のテキサス。

女優のマキシーン(ミア・ゴス)、その恋人のウェイン、ブロンド女優のボビー、帰還兵で俳優のジャクソン、監督を担当するRJ、RJの彼女でサウンドクリエーターのロレイン(ジェナ・オルテガ)ら6人の若者。

彼らは、ポルノ映画を製作するために撮影場所として選んだ人里離れた農場に向かうことに。

野心溢れる彼らは、この映画が大ヒットすることを信じていて、当時急成長を遂げていたポルノ映画産業を上手く利用しようと企んでいた。

農場では主である老人のハワードが待っており、若者たちを不穏な雰囲気が漂う納屋へ案内する。

一方、マキシーンは窓からこちらをのぞく怪しげな老婆と目が合ってしまう…。

真夏の夜は、古典的なアメリカンホラーで

エックス
https://twitter.com/xmovie_jp/

ミア・ゴスや、ジェナ・オルテガといった今をトキめく若手女優が出演したホラー映画『X エックス』

キービジュアルや予告編からも分かるように、古き良きアメリカのホラーとアダルト要素を絶妙に交えたヴィジット感溢れる作品であり、古典的なアメリカンホラーへの愛を感じられる一作に。

最も恐ろしいのは幽霊ではなく人間であることをシンプルに描いた作品で、物語のキーマンとなる老夫婦の狂気さや、ラストのスカッとする締め方など見どころ満載!

また、映画『ミッドサマー』などで知られる映画スタジオのA24が製作したというだけあり、ホラーでありながらも映像美に溢れ、観ている者を飽きさせない斬新な画面作りも魅力の一つに。

懐かしさを感じられるレトロ・ホラーな本作は、是非とも真夏の夜に観て頂きたい一作です。

続編記事:映画『Pearl パール』を考察、ミア・ゴスの魅力満載ホラーは「変革」を予感させるA24作品

まとめ

エックス
『X エックス』https://twitter.com/xmovie_jp/

『シャドウ・イン・クラウド』『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』『X エックス』は、全てアマゾンプライムビデオにて2023年7月1日より配信スタートとなっています。

どうぞこの機会にお見逃しなく!

《ライター:Yuuri》

エマ・ストーン,ラ・ラ・ランド,映画の風道
https://www.facebook.com/LaLaLand

読者の皆さんこんにちわ。ライターのYuuriと申します。

アクション映画を好み、エマ・ストーンとクリステン・スチュワートをこよなく推してます。

記事の感想などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

kissme.yr.0604@gmail.com クリックで担当記事一覧へ→

ブログ統計情報

  • 1,378,787 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください