イギリス王室の歴史が面白い映画『エリザベス』、絶対女王への道!

エリザベス,ケイト・ブランシェット,ジョセフ・ファインズ
https://www.facebook.com/search/photos/?q=joseph%20fiennes&epa=SERP_TAB

イギリスの歴史は、王室の歴史なくしては語れません。

今も、なにかと話題になり興味の絶えないイギリス王室。

しかし、最近の話題は王室ファミリーの去就や、どちらかといえばスキャンダルに近いことなど。

今回紹介の映画『エリザベス』に出てくる「王室の歴史」は、もっとセンセーショナルで「国家一大事」的な話です。

舞台となるのは近世ヨーロッパのイギリスで、絶対王政をしく「エリザベス王朝」と呼ばれる時代。

主人公の女王であるエリザベスⅠ世が、絶対的権力をもって君臨するまでが描かれています。

若干25歳で即位した、イングランドの若き女王

エリザベス,ケイト・ブランシェット,イギリス王室

主演は、ケイト・ブランシェット

これまで、数々の映画で主演女優賞、助演女優賞に名を連ねてきた名優ですが、彼女を一躍有名にした出世作といえます。

さて、エリザベス女王が若干25歳で即位(1558年~1603年)するのは、現在のイギリス・ブリテン島の南半分の「イングランド」

ちなみに、北は「スコットランド」で別の王国となります。

映画では、エリザベスが即位する前の初々しくも苦難の時代と、即位後、取り巻きの貴族に翻弄されながらも次第に影響力を強めていく過程が描かれています。

今のようなマスコミがこの時代に存在していたら、さぞかし王室ネタとスキャンダルには困らない逸話ばかりかもしれません。

即位直後、安定しない時代が続いた理由

エリザベス,イギリス王室,ケイト・ブランシェット
https://www.facebook.com/blanchettcatherine/

父ヘンリー8世の子供として生まれたにもかかわらず、娘エリザベスの即位に際しては周囲は猛反対。

なぜなら、エリザベスは庶子(非嫡出子)とされ、宗教上もプロテスタント(当時の国教はカトリック)であるというのが理由です。

そのため、現女王である姉メアリー1世からも疎まれ、彼女を後継者にすることに反対されます。

一時は、エリザベスをロンドン塔に幽閉してしまうなど虐げられた存在でした。

メアリー1世に子供がいなかったことが幸いし、彼女の死後、かろうじて即位するのですが、支持者の少ないエリザベスには苦難ばかり。

周囲は彼女の短命政権を予想、不安定な治世が続くのでした。

▶ケイト・ブランシェットの出演映画一覧

因縁の対決、スコットランド対イングランド

エリザべス女王が落ち着かない理由が他にもありました。

それは、ブリテン島(現在のイギリス全土)の北半分、イングランドの北に位置するスコットランド王国の存在でした。

スコットランドには、夫と死別してフランスから一旦、出戻ってきたメアリー・スチュアート女王が支配していました。

メアリーは、もとをただせばエリザベスとは父ヘンリー8世をルーツとする親戚関係に。

エリザベスが正統なイングランド女王の資格がないとされた中で、メアリーは自分こそ正統なイングランド女王だと主張。

エリザベスに対して、兵を挙げた実績のある存在だったのです。

関連作品『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

ふたりの女王,メアリーとエリザベス,英国王室
https://www.facebook.com/MaryQueenMovie/

ところで、この二人の女王、メアリー対エリザベスがイングランド女王の正統性を争った映画が、『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』です。

シアーシャ・ローナンがメアリー・スコットランド女王。

マーゴット・ロビーがエリザベス女王を演じたヒット作で、二人の人気女優による両王国の確執が描かれています。

原題「Mary Queen of Scots」からもわかるように、視点はメアリー女王です。

今作『エリザベス』とともに、あわせて見ると歴史の裏表を見ることができ、ぜひおススメです。

ふたりの女王 メアリーとエリザベス [ シアーシャ・ローナン ]

【TSUTAYA online】

「ヴァージン・クィーン」と呼ばれるまで

エリザベス,ケイト・ブランシェット,ジョセフ・ファインズ
https://www.facebook.com/blanchettcatherine/

さて、『エリザベス』の見どころのひとつで、彼女の結婚観があります。

マスコミやパパラッチならずとも、若干25歳で即位した女王の結婚は気になることろです。

特に、支持基盤が弱いエリザベス女王の側近たちは、早くエリザベスに結婚させ世継ぎを作らせること。

そのため、当時の常識として、対岸の強国フランスや「無敵艦隊」を誇るスペインとの融和を考えた政略結婚に腐心します。

しかし、エリザベスの興味は幼なじみのロバート・タドリー伯(ジョセフ・ファインズ)しかありません。

身分も高くなく、また、後になってわかるのですがタドリーが妻帯者だったことで、二人の関係は破滅へと。

最終的に、エリザベスが結婚しない女王「ヴァージン・クィーン」と呼ばれるようになる過程となっていくのでした。

絶対女王への道、導かれるエリザベス

エリザベス,ケイト・ブランシェット,イギリス王室
https://www.facebook.com/blanchettcatherine/

そんな中、支持基盤の弱いエリザベスに見切りをつけ出し失脚を企むものと、逆に影のように寄り添い支えていくものとに分かれてきます。

失脚を企むのは、貴族のノーフォーク公

女王をなんとか支えようとするのは、影の重臣ウォルシンガム

二人がエリザベスを担ぎたいがために繰り出す、いわゆる諜報合戦は見どころです。

国王あるいは女王が意のままに一国を支配するはずの「絶対王政」

しかし、現実は周囲の貴族連中によって彼らの利する方向へと導かれていく様子は、400年後の官僚政治に通じるものがあるかも?

暗躍する諜報担当、ウォルシンガムの存在

短命政権と思われ、そして何度も暗殺されそうになったエリザベスが生き伸びてきた陰に重臣ウォルシンガムの存在は大きなものがあります。

彼はエリザベスの前に出て引っ張るタイプではありません。

王室の諜報機関のような役割で、彼女の失脚を図るものをあぶり出して行くのでした。

そんな重臣に守られるように、映画の終盤で気がつけば、最初は頼りなげだったエリザベスがたくましく成長しているのに気付きます。

参考記事:英国王室騒動は、イギリスの歴史。映画に残る一大事件とスキャンダル!

まとめ~「ゴールデンエイジ」へと続く~

実はこの映画には、続編が制作されています。

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』がそれで、タイトル通り、エリザベスが名実ともに黄金時代を迎えていく様子が描かれています。

強敵スペイン海軍と戦った「アルマダの海戦」や、ヴァージン・クィーンとして「国家と結婚した」と言わしめた経緯などが出てきますのでぜひ、ご覧ください。

なにかと映画化される英国王室の歴史物語は、イギリスの歴史を知る上で面白い映画がたくさんあります。

同時に、当時の時代を彷彿とさせる絢爛豪華な宮廷衣装も見どころです。

ぜひ、ご覧ください。

物語 イギリスの歴史(上) 古代ブリテン島からエリザベス1世まで【電子書籍】[ 君塚直隆 ]



【中古】 エリザベス /ケイト・ブランシェット 【中古】afb

【TSUTAYA online】

■TSUTAYA:オンラインでDVDが買える■

ブログ統計情報

  • 64,202 アクセス