強運「ふたご座生まれ」のハリウッド女優・俳優。チャレンジする女優、大胆・迫力の男優を紹介!

ニコール・キッドマン
「ニコール・キッドマン」

「ふたご座生まれ」(5月21日~6月20日)の女優5名、俳優5名、合計10名の紹介です。

1.Nicole Kidman

ニコール・キッドマン、新たに汚れ役にチャレンジ!

誕生日:1967年6月20日生まれ

ノースマン,ニコール・キッドマン
『ノースマン』https://www.facebook.com/TheNorthmanFilm/

いかがですか、この挑戦的な顔!

「ふたご座生まれ」のトップバッターは、2023年の新作『ノースマン 導かれし復讐者』で堂々たる雄姿を見せるベテラン女優ニコール・キッドマンです。

長きにわたり、数々の映画賞獲得と話題映画で主演する彼女のチャレンジは続いています。

映画はもちろんのこと、最近ではHBOドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』にも出演。

この5人の女性仲間(モントレー5)の連携たるや、すさまじいものがありました!

エミー賞(優秀ドラマ部門)を獲得したのは記憶に新しいところです。

ただ、ファンにはちょっと残念なことが。

それは、超絶の美人女優であるにも関わらず、最近の意欲作『ストレイ・ドッグ』では完全な汚れ役。

二つの画像の格差にびっくり!ですよね。

『ストレイ・ドッグ』での役どころは主演とはいうものの、なんと、過去の不始末を今に引きずる哀愁の女刑事役です。

家族を捨てて裏社会に潜入捜査する刑事のピリピリ感の伝わる作品で、まだまだニコール・キッドマンの挑戦は続きます。

●ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)

誕生日:1967年6月20日生まれ(ふたご座)

身長:180㎝

出身:ハワイ~オーストラリア

▶ニコール・キッドマンの出演映画一覧

▶おすすめ代表作

スキャンダル (予告編)

※エンディングのニコール・キッドマンはさすが見どころ!

参考記事:『スキャンダル』はセクハラ訴訟で20億円払った実話映画、真実は?

ニコール・キッドマン,ストレイ・ドッグ,デストロイヤー
https://www.facebook.com/DestroyerMovie

ストレイ・ドッグ(予告編)

2.Angelina Jolie

アンジェリーナ・ジョリー、6人の子を持つ母親そして女優

誕生日:1975年6月4日生まれ

アンジェリーナ・ジョリー,マレフィセント,ふたご座
https://www.facebook.com/DisneyMaleficent/

アンジェリーナ・ジョリーも、数々の人気作に登場してきた実力派女優です。

この画像は、『マレフィセント』に登場した時のものですが、今もその妖艶さは健在です。

ブラッド・ピットと結婚していたことでも有名で、養子3人と二人の間に生まれた子ども3人を含み6人の子どもの母親でもあります。

その一方で、映画はほぼ1年おきに出演し監督作品もあるというスーパー・ウーマン。

文字通り、「チャレンジ」「大胆行動」そして「限界突破」なキャラクターの持ち主です。

彼女を有名にした映画は、『トゥームレイダー1.2.』

その後、『チェンジリング』『ツーリスト』とアカデミー受賞作品が続き、最近は『マレフィセント1.2.』で圧倒的な存在感を見せました。

また、森林消防降下隊員というハードな役どころに挑戦する『Those Who Wish Me Dead(原題)』は楽しみな作品です。

●アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)

誕生日:1975年6月4日(ふたご座)

身長:170㎝

出身:アメリカ・カリフォルニア州

▶アンジェリーナ・ジョリーの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

ソルト (予告編)

※展開が早くて、スリリングな内容に大満足!

マレフィセント
https://twitter.com/Maleficent

マレフィセント (予告編)

※ディズニー屈指の最強ヴィランを、実力派のアンジェリーナ・ジョリーが好演!

3.Natalie Portman

ナタリー・ポートマン、才色兼備で天才子役から監督業も!

誕生日:1981年6月9日生まれ

続くナタリー・ポートマンも、今が旬の勢いある人気女優のひとりです。

13歳の時に抜擢された『レオン』のマチルダ役が印象深い人も多いのでは。

天才子役と言われて以降、順調に数々の映画に登場してきました。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』以降のシリーズ3作で登場したアミダラ女王役は一世風靡。

一方、賞レースでも実績を残しています。

アカデミー賞主演女優賞を受賞した『ブラック・スワン』と、同ノミネートの『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』はぜひ見ておきたい2作品です。

ナタリー・ポートマン,ピアジェ,Piaget
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』https://www.facebook.com/JackieFilm

どちらの作品も、とにかく役への入れ込み方が半端でないのが伝わってきます。

そして、意外とイメージがないのですが「監督業」も意欲的です。

母国イスラエルの建国前夜を描いた映画『愛と闇の物語』では監督と主演をこなしています。

詳細記事:ナタリー・ポートマン、デビュー作『レオン』から最新監督作品『愛と闇の物語』まで

●ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)

誕生日:1981年6月9日(ふたご座)

身長:160㎝

出身:イスラエル

▶ナタリー・ポートマンの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

ブラック・スワン,ナタリー・ポートマン,サイコスリラー
https://www.facebook.com/ijustwantobeperfect

ブラック・スワン (予告編)

4.Zoë Saldaña

ゾーイ・サルダナ、『アバター』のネイティリだった!

誕生日:1978年6月19日生まれ

ゾーイ・サルダナ,アバター,Avatar
『アバター』https://www.facebook.com/AVATARMOVIEJP

さあ、こちらはジェームズ・キャメロン監督のSF最高傑作『アバター』ゾーイ・サルダナです。

はじめて映画を観た時は、その映像美の素晴らしさに驚愕。

希少鉱物の衛星パンドラ先住民族ナヴィ、そして娘ネイティリ(画像)の登場という奇想天外なストーリーに酔いしれたものでした。

ただ、ネイティリを演じていたのがゾーイ・サルダナと知ったのはしばらくしてから。

画像のように、ナヴィ族として登場するメンバーを演じているのは誰かなんてほとんどわかりません。

演じたゾーイ・サルダナにすれば、大ヒット作のヒロインでありながらきっと複雑な気持ちだったかも。

●ゾーイ・サルダナ(Zoë Saldaña)

誕生日:1978年6月19日 (ふたご座)

身長:170㎝

出身:アメリカ・ニュー・ジャージー州

▶ゾーイ・サルダナの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

アバター (予告編)

ゾーイ・サルダナ
ゾーイ・サルダナhttps://www.facebook.com/Colombiana

コロンビアーナ(予告編)

※孤高の女スパイ「ニキータ」を彷彿とさせる傑作です。

しかし、ゾーイ・サルダナはこれがきっかけとなりその後、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『スター・トレック』『アベンジャーズ』といったアメコミ映画、SF映画で一気に弾みをつけることに。

まさに、『アバター』は彼女のサクセス・ストーリーのスタート作品になったわけです。

今後のさらなる期待は、前作から10年以上経過し満を持しての『アバター2』

しかも、ジェームズ・キャメロン監督は『アバター2.3.4』も宣言しているのです!

ファッション情報誌「バザー」が詳細を伝えていますので是非、ご一読下さい。

ところで、『アバター』からは想像できないゾーイ・サルダナの素敵な素顔を紹介しておきましょう。

5.Carey Mulligan

キャリー・マリガン、再びアカデミー賞の脚光!

誕生日:1985年5月28日生まれ

キャリー・マリガン,プロミシング・ヤング・ウーマン,アカデミー賞
https://www.facebook.com/promisingyoungwoman

チャレンジする女優の最後は、キャリー・マリガンです!

タイトルは、『プロミシング・ヤング・ウーマン』

彼女の役は、医学部に在籍の「将来を約束された若い女性」(タイトルの意味)が、夜になると一転、秘密の顔を持つという、大胆かつショッキングな役で登場。

たとえば、ヒット作『華麗なるギャツビー』のヒロインや『未来を花束にして』からは打って変わり、やさぐれたイメージに様変わりです。

2009年の『17歳の肖像』以来の、久々のアカデミー賞ノミネート対象となりました。

若手女優から中堅に成長していくキャリー・マリガンが見えるようで楽しみな女優です。

●キャリー・マリガン(Carey Mulligan)

誕生日:1985年5月28日 (ふたご座)

身長:170㎝

出身:イギリス・ロンドン

▶キャリー・マリガンの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

華麗なるギャツビー
https://www.facebook.com/thegreatgatsbymovie/

華麗なるギャツビー(予告編)

※愛くるしい、ギャツビーの恋人役がとっても印象的でした!

▶次ページから、「大胆&迫力」の男優編

ブログ統計情報

  • 1,378,791 アクセス
About azemichi 189 Articles
みなさん「洋画のレタス炒め」をよろしく!