レタスもりもりアンチエイジング料理。「レタスと豚バラ肉のレモンレンチン蒸し」のレシピ

レタスの秘密,アンチエイジング,
レタスの秘密/アンチエイジング

※【レタスの秘密】は、『洋画のレタス炒め』にちなんで「レタス」にまつわる寄稿記事を掲載しています。

■Ryoko Miyano:とみ家料理旅館「とみ家」(京都鴨川畔)

レタスもりもり、アンチエージング料理の紹介です。レタス

レモンの香りさわやか「レタスと豚バラ肉のレモンレンチン蒸し」

 

【材 料】 2名分

・レタス1玉  半分に切り、さらにざくざくと幅2センチほどの細切りにする。

・豚肉      バラ薄切り150g。3センチ幅に切りさばいておく。

・レモン    1個。皮をよく洗い、薄くスライスする。

 

【調味料】

・料理酒     大さじ1

・みりん     大さじ1

・しょうゆ   小さじ2

・顆粒のだし  小さじ1(コンソメでもOK)

・こしょう    適宜

すべてを混ぜ合わせておく。

 

レタス炒め

【調 理】

・耐熱の皿にレタスをひろげる。

・その上に豚肉を広げ、さらに上にレモンのスライスを並べる。

・合わせた調味料を回しかけ、ラップをふんわりとかぶせて電子レンジへ。

・およそ5,6分(レンチンは必ず様子を見ながら!!)。

・豚肉に火が通るのを確認する。

 

★黒コショウを仕上げにかけると味がしまります。

★出来上がったら、いそいで食卓へ!

★レタスがぐちゃぐちゃになる前に早く食べましょう。

 

 

玉レタスの栄養素

 

 

レタスは ただの水と繊維だけかと思われがちです。

確かに水分が95.9%も含まれており、繊維は100g中1.1gあります。

タンパク質も、脂質もあり、リノール酸 αリノレン酸などもあります。

カリウムなどのミネラル分も含んでいます。そして、ビタミンン類はビタミンA・ビタミンE・ビタミンC等も含んでいます。

 

レタスでアンチエイジング!

 

レタス炒め

ビタミンEはビタミンAとともに脂溶性で、油と相性がよく、サラダでオイル入りのドレッシングをかけて食べるのもgood!

ですが、抗酸化作用のあるビタミンEは熱や酸にも強いので、ビタミンE豊富な豚肉と一緒に加熱し、レモンの酸にも負けないアンチエージング料理になるのです。

もう一つの利点は、加熱により、かさが減りません。

ですから、たくさんたべられて、繊維もたくさん摂取することもできるという一石二鳥!

レタスと豚バラ肉のレモンレンチン蒸しは、アンチエージングには、一番のおすすめ料理です。

その他のレタスの栄養素も逃さず取りたい!

なので、ビタミンCやカリウムは水に溶けやすく熱に弱いため、また違ったレタス料理を考えましょう。

※【レタスの秘密】は、『洋画のレタス炒め』にちなんで「レタス」にまつわる寄稿記事を掲載しています。

■Ryoko Miyano:とみ家料理旅館「とみ家」(京都鴨川畔)

 

About azemichi 193 Articles
「洋画のレタス炒め」の運営者兼ライターで、azemichiと申します。いつもご覧いただきありがとうございます。映画大好きラーター様の寄稿で紹介した作品は千数百作品以上、女優・俳優のプロフィール紹介も500人以上に上ります。訪問者様のコメントをお待ちしております!

Be the first to comment

記事へのご感想・関連情報・続報コメントお待ちしています!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください