. . .

カテゴリー: 社会派映画

実話映画『リチャード・ジュエル』、FBIが作った恐ろしいえん罪事件!

リチャード・ジュエル,クリント・イーストウッド,えん罪

えん罪と戦う人たちを描いた映画ですが、途中まで観ていて本当にイラつきます。 どうしてもっとはっきり言わないの? なんで誰も助けてあげないの? 『リチャード・ジュエル』は、まじめな青年が真面目過ぎたばかりに「えん罪」という […]

『選挙の勝ち方教えます』は、サンドラ・ブロック主演のおすすめ映画!

サンドラ・ブロック,選挙の勝ち方,大統領選挙

選挙といえば、2020年11月3日のアメリカ合衆国大統領選挙ですね。 候補者の人物評価や政策はもとより、選挙後の各国、各界への影響を含めメディアからいろいろな情報が飛び交います。 確かに物見遊山で高みの見物と決め込めば、 […]

米黒人暴行死!実態を暴いた映画『デトロイト』、今も続く人種差別の構図!

デトロイト,黒人差別,レイシズム

ミネソタ州で起きた、白人警官による黒人男性暴行死事件は、世界的な抗議活動に発展しています。 アメリカの根深い黒人差別問題をメディアが解説する時、必ず引き合いに出されるのが1967年の「デトロイト暴動」。 差別問題は、半世 […]

『エンテベ空港の7日間』、映画の評価を分けたテロリストの視線とは?

「エンテベ空港」と聞いて、記憶のある人は歴史的な事件に精通している人かもしれません。 ほとんどの人は、はじめて聞く空港名でしょう。 エンテベ空港が有名になったのは、1976年、テロリストによってハイジャックされたエールフ […]

『スキャンダル』はセクハラ訴訟で20億円払った実話映画、真実は?

スキャンダル,シャーリーズ・セロン,アカデミー賞

第92回アカデミー賞、本作でカズ・ヒロ氏が「メーキャップ・ヘアスタイリング賞」を受賞! 『スキャンダル』は、全米№1のニュース専門放送局、FOXニュース(FNC)社で2016年に起こったセクハラ訴訟を題材にした実話映画で […]

マーティン・スコセッシ監督『アイリッシュマン』、アカデミー賞対抗馬10部門で!

アイリッシュマン,アカデミー賞,マーティン・スコセッシ

第92回アカデミー賞のノミネート作品が発表されていますが、話題はやはり各部門の本命や対抗馬について。 ちなみに、ノミネート部門数の多いのは、1位『ジョーカー』(11部門)、2位は同数で『アイリッシュマン』『ワンス・アポン […]

実話映画『アルゴ』、アメリカのイラン攻撃の裏にある大使館員人質事件の怨念!

アルゴ,ベン・アフレック,アメリカ大使館

1979年のイラン革命以降、アメリカのイランとのにらみ合いが続く中、アメリカはテロ組織の指導者としてきたソレイマニ司令官を殺害するというニュースが走りました。 トランプ大統領は、バグダッドにある自国の大使館が彼らにより危 […]

政府の嘘に挑んだジャーナリスト、映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』は必見!

記者,大量破壊兵器,ジャーナリスト,ジャーナリズム

政府の嘘に挑んだジャーナリスト(ジャーナリズム)が、ここ数年話題です。 書籍では、堤未果氏の『政府は必ず嘘をつく』、望月衣塑子氏の『新聞記者』(同名映画も)。   USED【送料無料】政府は必ず嘘をつく アメリ […]

『アイリッシュマン』あらすじと意味、マフィア映画カジノと同じマーティン・スコセッシ監督

アイリッシュマン,ジミー,ラッセル

映画『アイリッシュマン』は、第二次大戦後まもないアメリカでいわゆる裏社会に生きた殺し屋家業、フランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)の自伝的物語です。 フランクが死ぬ前に語った回想録、「I Heard You Pain […]

戦場記者の実話映画『プライベート・ウォー』。ロザムンド・パイクが熱演!

ロザムンド・パイク,プライベートウォー,戦場記者

優し気な顔に似合わず、なぜかタフな役柄が似合うロザムンド・パイク。 『ゴーン・ガール』を観た人はその意味がわかるのではないでしょうか。 今回、彼女が演じるのは、アメリカの戦場記者「メリー・コルヴィン」。 知る人ぞ知る、あ […]