2020年~2021年公開のおすすめ洋画、厳選20作品の見どころ一挙紹介!【公開日:注意】

007,レア・セドゥ,ダニエル・クレイグ
https://www.facebook.com/JamesBond007JP/

【新型コロナの影響を受けた公開日を整理しました。】

2020年に公開が予定されていた映画は、新型コロナの影響で大幅に変更が入りました。

2020年10月12日時点で、大作、話題作を中心に公開状況を整理し直しましたので是非、参考にご覧下さい。

<目次>

    1. 延期された後、2020年中の公開が決定
    2. すでに公開済(DVDや動画配信で見られます)
    3. 2021年に延期もしくは決定されたもの

❶2020年中の公開が決定作品

1.『TENET テネット』~クリストファーノーラン監督~

公開日:2020年9月18日(金)

今作もコロナで延び延びになっていたのですが、やっと2020年9月18日(金)の公開決定。

内容がなかなかオープンにされず、いろいろなうわさが出ているのが国際スパイ映画『テネット/TENET』

予告編の中でも、「この言葉を覚えろ!『TENET』というセリフがありますが、映画タイトル自体が謎です。

キーワードは、「第三次世界大戦を防ぐ」「人類滅亡より悲惨」「時間の逆転」。

2019年末のIMAX映画館では、Youtube予告とはまったく違う5分以上の予告映像がすでに流れています。

監督は、『ダンケルク』クリストファー・ノーラン監督

IMAX映像にこだわったようで、大きなスタジアムにスワットの一群が侵入するシーンが大音響の中、延々と続きますが内容は不明です。

キャストは、ジョン・デビィッド・ワシントン主演。

共演は、『トワイライト・サーガ』ロバート・パティンソン、と「アンクル U.N.C.L.E」エリザベス・デビッキ

参考記事:『テネット』で注目、エリザベス・デビッキ。超身長のモデル的美女!

2.『ナイル殺人事件』~ポワロが再び挑む密室殺人~

公開日:2020年12月18日(金)←10月23日から延期

ナイル殺人事件,ケネス・ブラナー,アガサ・クリスティー
『ナイル殺人事件』https://www.facebook.com/OfficialAgathaChristie/

2017年の『オリエント急行殺人事件』は、名探偵エルキュール・ポワロ役のケネス・ブラナーを筆頭に、デイジー・リドリージョニー・デップなどそうそうたるキャストが勢ぞろい。

すべてが犯人と思わせるような名演技に堪能しました。

▶ケネス・ブラナーの出演作品一覧

▶オリエント急行殺人事件 (予告編)

今作『ナイル殺人事件』は、同じアガサ・クリスティーの名作で再び登場。

奇しくも、ナイル河にうかぶ豪華客船内の同じ「密室殺人」。

ポアロ以外は、総入れ替えとはいうものの、またまた有名キャストのラインナップで犯人捜しの楽しみが膨らみます。

『ワンダーウーマン』ガル・ガドット『ホテル・ムンバイ』アーミー・ハマー『キャプテン・マーベル』アネット・ベニング

『ブラックパンサー』レティーシャ・ライトなど。

さあ、ポアロの追求に彼ら彼女らはどんな言い逃れ?をしてくるのでしょうか、楽しみです。

参考記事:新『ナイル殺人事件』登場人物、豪華キャストで再び密室ミステリーへ

3.『ワンダーウーマン 1984』~最強ヴィラン・チーターとの決戦!

公開日:2020年12月25日(金)に延期←2020年10月9日(金)

ワンダーウーマン,1984,ガルガドット
https://www.facebook.com/wonderwomanfilm/

アメコミ(アメリカン・コミックス)の実写化映画は、アベンジャーシリーズを筆頭に、今、ハリウッド映画の大きな流れ。

奇想天外なヒーローたちが自由自在に暴れまわる世界観はエンタメ映画にピッタリです。

中でもアメコミの女性ヒーローを取り上げた作品は大人気。

約3年ぶりに帰ってきたのがアマゾネス族のプリンス「ワンダーウーマン」(ガル・ガドット)

▶ガル・ガドットの出演作品一覧

前作の時代背景は1910年代の第一次世界大戦でしたが、今度は1984年。

タイトルも、『ワンダーウーマン1984』となって新たなストーリー展開となります。

この続編の話題は、なんと言ってもを新たなヴィラン(悪役)の「チーター」(クリスティン・ウィグ)の登場。

ワンダーウーマンの宿敵と言われるだけあって、対決が楽しみです。

前作で行方不明だったスティーブン(クリス・パイン)も元気な姿で登場します。

参考記事:『ワンダーウーマン1984』(続編)の日本公開!ヴィラン「チーター」役キャストを紹介

▶ワンダーウーマン(予告編)

4.『ミッドウェイ』~日本の運命を変えた3日間~

公開日:2020年9月11日(金)

次の紹介映画は、『ミッドウェイ』。1976年にも同名の映画があります。

映画『ミッドウェイ』は、北太平洋のミッドウェイ島近海で衝突した、太平洋戦争における日米「ミッドウェイ海戦」がベースに描かれています。

この海戦で日本は多くの空母や戦艦を失い、以降の太平洋上の戦況は一気に劣勢に陥ります。

映画の冒頭に出てくるのは、日本軍のハワイ真珠湾攻撃。

いわば、太平洋戦争の初戦だったのですが、アメリカのここでの敗北がミッドウェイでの「反攻」につながったとされています。

アメリカ側は、チェスター・ニミッツ司令長官ウディ・ハレルソン、ニミッツ長官の情報補佐官エドウィン・レイトンにパトリック・ウィルソンなどが出演。

日本側は、連合艦隊司令長官山本五十六役の豊川悦司はじめ、浅野忠信(山口多聞少将)、國村隼(南雲忠一中将)などが出演しています。

歴史的決戦が決着するまでの戦略合戦と、激しい戦闘を目の当たりに見ることができます。

▶ウディ・ハレルソンの出演作品一覧

ミッドウェイ【電子書籍】[ 森村誠一 ]

【楽天ブックス★★★☆☆ レビュー8件】 

❷2020年公開済作品

5.『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

原題は、『Little Women』

と聞けば、思い出すのはあのルイーザ・メイ・オルコットの名作『若草物語』ですよね。

1世紀近くにわたり何度も映画化され、その時々の人気女優が演じてきた4人姉妹の成長物語です。

今作の話題のひとつは、次女役ジョーのシアーシャ・ローナンと、女性監督のグレタ・ガーウィグとのコンビ。

▶グレタ・ガーウィグ監督&出演作品一覧

二人は、アカデミー賞ノミネート作品となった青春ドラマ『レディ・バード』で話題となりました。

そして、次女役が『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンです。

4姉妹の愛情と瑞々しい青春物語に期待が膨らみます。

参考記事:『『若草物語』シアーシャ・ローナン主演が公開、ジョーの生き方に焦点!』 

▶ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(予告編)

《2020年公開済作品》

6.『1917 命をかけた伝令』~第一次大戦ブームの戦争ドラマ~

戦争ドラマといえば、第二次大戦ものが多いのですが、このところ第一次大戦を取り上げたものがちょっとしたブーム。

監督は、『007 スカイフォール Skyfall (2012)』『007 スペクター Spectre (2015)』を撮ったサム・メンデス監督

▶サム・メンデス監督作品一覧

タイトル『1917 命をかけた伝令』にある「伝令」とは、主に戦時中に重要な命令を伝えること、またその役割を任された人のことを言います。

主人公の若い兵士二人が受け取ったのは、仲間を救うためには絶対伝えなければならない最重要事項。

銃弾飛び交う戦火の中、二人は仲間の命をかけて必死で突っ走りますが行く先々には危険な罠がいっぱい待っていました。

鑑賞者があたかも戦地の真っただ中にいるような臨場感を出すために採用されたという、全編ワンカットの映像。

否がおうにも緊迫感が盛り上がります。

ジョージ・マッケイディーン・チャールズ=チャップマンの若手俳優に加え、ベネディクト・カンバーバッチコリン・ファースマーク・ストロングなどの実力俳優も登場します。

▶1917 命をかけた伝令 (予告編)

▶『1917 命をかけた伝令』動画配信

《2020年公開済作品》

7.戦争実話『名もなき生涯』~ナチス支配下の信念の農夫~

戦争ドラマが、いつまでも映画の中で語り継がれる理由があります。

その理由は、不条理。

第二次大戦中、ナチスドイツに併合されたオーストリアが舞台の実話

妻と娘と幸せに暮らしていた農夫フランツ・ヤゲルシタッターアウグスト・ディール)に、ナチスから召集令状が届きます。

周囲の人たちはじめ、教会までもがフランツに対して従軍するよう説得しますが、彼の信念で拒否。

当然、彼は投獄されることに。

その後受ける彼への制裁や拷問は推して知るべしですが、頑なに家族への愛と信念を貫いた彼の姿勢は今でも語り継がれています。

予告編でも映し出されるオーストリアの風景が素晴らしいだけに、嫌な時代の犠牲者となった彼に哀惜の念が募ります。

▶名もなき生涯 (予告編)

参考記事:『名もなき生涯』は実話映画。ナチスを拒否した農夫と妻の慟哭に涙

《2020年公開済作品》

8.『スキャンダル』~3大トップスターの競演は爆弾級!~

原題は、『Bombshell』

事件からまだ2~3年も経たないうちに映画化されるスピードは、まさに「爆弾!」。

あとを絶たないセクハラスキャンダルですが、この映画は2016年のアメリカテレビ局「FOXニュース」で起こった実際の事件がモデルです。

(参照:2016年9月7日のロイターニュース:https://jp.reuters.com/article/twenty-first-fox-ailes-idJPKCN11C2LU )

セクハラ訴訟で訴えられ辞任まで追い込まれたのは、FOXニュースのCEOロジャー・エイムズ。

訴訟を起こしたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンにニコール・キッドマン

訴訟に関わった売れっ子キャスターのメーガン・ケリーにシャーリーズ・セロン、新人キャスターのケイラにマーゴット・ロビーと、ハリウッドの三大スターの競演が見どころ。

・ニコール・キッドマン:『ビガイルド』『LION 25年目のただいま』『虹蛇と眠る女』など。

▶ニコール・キッドマンの出演映画一覧

・シャーリーズ・セロン:『アトミック・ブロンド』『タリーと私の秘密の時間』など。

シャーリーズ・セロンの出演映画一覧

・マーゴット・ロビー:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』『死の谷間』など

マーゴット・ロビーの出演映画一覧

▶スキャンダル (予告編)

参考記事:『スキャンダル』はセクハラ訴訟で20億円払った実話映画、真実は?

《2020年公開済作品》

9.『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』

マーゴット・ロビーの役柄の幅の広さには驚かされます。

この記事内の映画『スキャンダル』に登場する新人キャスター役から、『死の谷間』で見せたノーメイクの農婦風までさまざまです。

また、最近では『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で殺される前のシャロン・テート役が印象的でした。

しかし、一番驚くのはなんといっても、『スーサイド・スクワット』のハーリーン・クインゼル博士こと、「 ハーレイ・クイン」かもしれません。

ハーレイクイン,マーゴットロビー,DCコミックス
https://www.facebook.com/BirdsOfPreyMovie/

この映画は、アメリカン・コミックスの『スーサイド・スクワット』に登場するハーレイ・クインのその後の物語です。

影響を受けたサイコパス(反社会的人格)のジョーカーと別れてからの姿が描かれています。

コミックならではのハーレイ・クインのハチャメチャな行動は、実写化でさらにパワーアップし楽しませてくれるはずです。

▶ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(予告編)

参考記事:マーゴット・ロビーおすすめ映画3選、ハーレイ・クインから死の谷間まで

《2020年公開済作品》

10.『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を』~ハートフルコメディ~

こんなシャレッ気たっぷりの映画があったんだ!

アゼルバイジャンの山あいの狭い街中を、すれすれに通り抜けていく列車。

定年退職が間近な鉄道運転手ヌルラン(ミキ・マノイロヴィッチ)は、線路まではみ出た洗濯物の中を通過していました。

気が付いた時、列車にはなんと美しい青いブラジャーが引っかかっていたのです!

「このブラは誰のもの?」が物語の始まりです。

生真面目な運転手は仕事を終えた後、街中に戻って始めたのはブラジャーの持ち主探し。

オフィシャルサイトでは、「青いブラジャーをめぐる大人のファンタジーと冒険を、全編セリフを排しながらも雄弁なハートフルコメディに仕上げた。」とあります。

さて、「迷子のブラジャー」を巡って一体、何が起こるのでしょうか?

参考記事:『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を』アゼルバイジャンに溶け込むメルヘン

▶ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を(予告編)

《2020年公開済作品》

11.ミュージカル『キャッツ』~テイラー・スウィフトが悪ネコに~

ミュージカル「キャッツ」は、日本では劇団四季による公演でよく知られていますが、この映画『キャッツ』は、本場アメリカでハリウッド映画として公開されたものです。

ストーリーは、都会のごみ捨て場にネコたちが夜毎集まり、歌とダンスを繰り広げるというなんとも楽しいミュージカルです。

白猫のヴィクトリア(ダンスに優れた天賦の才を持っている)を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルダンサー「フランチェスカ・ヘイワード」が務めます。

また、ジュディ・デンチ『007シリーズ』)、イドリス・エルバ『ワイルドスピード』)、ジェームズ・コーデン『イエスタデイ』など実力俳優が登場。どんな「ネコ」に化けるか、楽しみです。

キャッツ,テイラースウィフト,ボンバルリーナ
《キャッツ》https://www.facebook.com/catsmovie

そして、話題はなんと言ってもボンバルリーナ(セクシーな赤いメス猫)を演じる、歌手のテイラー・スウィフト

歌もダンスも本職とはいえ、ネコになった彼女をぜひ見たいものです!

参考記事:映画化『キャッツ』の魅力、悪ネコ役テイラー・スウィフトを見逃すな!

▶キャッツ (予告編)

《2020年公開済作品》

12.『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりは、大空に羽ばたく二人…と言いたいところですが現実はそう甘くないようです。

時は、1862年。

装備や科学的知識もまだ乏しい年代に、気球飛行に挑戦した男女の感動実話です。

堅物の気象学者のジェームズ(エディ・レッドメイン)と、気ままな気球操縦士のアメリア(フェリシティ・ジョーンズ)がそれぞれ違う目的を持って乗り込んだ気球。

▶エディ・レッドメインの出演映画一覧

映像的には、素晴らしい景色を満喫できそうですが現実はとんでもない状況に遭遇します。

最初は高みの見物、でも高度7000mを超えた頃から強烈な自然のしっぺ返しをもらうことに。

フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインといえば、世界的物理学者スティーブン・ホーキングを扱った『博士と彼女のセオリー』で両者ともアカデミー賞候補となった名コンビ。

▶フェリシティ・ジョーンズの出演映画一覧

実力俳優の共演が見どころです。

参考記事:映画『イントゥ・ザ・スカイ 』、強い女性が似合うフェリシティ・ジョーンズ主演

▶イントゥ・ザ・スカイ ~気球で未来を変えたふたり~ (予告編)

《2020年公開済作品》

13.『娘は戦場で生まれた』~強烈なドキュメンタリー映像の連続!

実話をもとにした映画も緊迫感がありますが、最も緊張しリアル感があるという意味では、ドキュメンタリーに勝るものはありません。

この『娘は戦場で生まれた』は、今も内戦が続くシリアで死と背中合わせにいるワアド・アルカティーブ監督が妊娠・出産を経て、我が子サマを守るべく撮り続けた記録です。

その生々しさは、予告編だけでも伝わってきます。

誰のために映像を取り続けるのか、「この映画はあなたのためよ。」とワアド監督のナレーションが入ります。

また、「何があっても全部撮ってみせる。」と言うとき、そこには何十人もの死体が並んでいるのです。

アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にもノミネートされ、これにより国際世論が大きく動くことが期待されます。

しかし、そんな先のことより、今の今、彼女と子どもがどこでどうしているのかが一番気になる映画です。

▶娘は戦場で生まれた [DVD]

《2020年公開済作品》

14.『チャーリーズ・エンジェル』~女スパイ3人のアクション炸裂!

さて、気分をガラッと変えて戦うスパイ女子3人のアクション・コメディ映画はいかがでしょうか。

『チャーリーズ・エンジェル』と聞けば、思い出す人もたくさんいるのでは。

ルーツは半世紀以上も前のテレビドラマシリーズで、その後何度かキャストを変え映画化されています。

今回の話題のひとつは、女性監督兼役者のエリザベス・バンクスです。

彼女は『ハンガー・ゲーム』など、数々の映画出演のある女優でもあるのです。

そして見どころは、なんといっても3人の訓練された「エンジェル」(探偵社のスパイ名)が過酷なミッションをクリアしていく過程。

『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート(サビーナ)、『アラジン』でブレイクしたナオミ・スコット(エレーナ)、そして新星エラ・バリンスカ(ジェーン)のアクションに注目です。

参考記事:『チャーリーズ・エンジェル』は、女スパイ3人のシスターフッド映画!

▶チャーリーズ・エンジェル (予告編)

❸2021年に延期作品

15.『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』~最後のボンド役?~

公開日:2021年4年2月(金)に延期←2020年11月20日(金)

「007シリーズ」第25作目の今作は、いろんな意味で『007 ジェームズ・ボンド』にとってエポック。

まず、ダニエル・クレイグが今作で最後になるということ。

そして、スパイコード番号「#007」は新たに「ノミ」(ラシャーナ・リンチ)という黒人女性に引き継がれるとの噂です。

これだけでも、話題性十分で楽しみな映画です。

加えて、ボンド・ウーマンは前作に続き、美女マドレーヌ・スワン役でレア・セドゥが再び登場。

さらには、キューバ出身の新星アナ・デ・アルマスがCIA捜査官で登場します。

参考記事:「アナ・デ・アルマス」おすすめ映画ランキング、キューバ出身の新星に注目!

そして、『ボヘミアン・ラプソディー』ラミ・マレックヴィラン・最強悪役として登場するなど話題が満載!

「NO TIME TO DIE」は、直訳すると「死んでるヒマはない!」。

もしかしたら、ジェームズ・ボンドに投げられた言葉かも?

007,レア・セドゥ,ボンドガール
https://www.facebook.com/JamesBond007JP/ 公開日:2021年4月2日に延期

16.『ブラック・ウィドウ』~スカヨハのスーパーアクション~

公開日:2021年4月29日(木・祝)←2020年11月6日から延期

スカーレット・ヨハンソン,11月生まれ,ブラックウィドウ
https://www.facebook.com/blackwidow/

「アベンジャーズ・シリーズ」の元ロシアスパイ、ナターシャ・ロマノフこと「ブラック・ウィドウ」の活躍は記憶に新しいところです。

が、残念なことに同シリーズは終わってしまいました。

ところが、今回単独映画『ブラック・ウィドウ』として、新たに登場します。

主演のスカーレット・ヨハンソンは、もともとキレキレのアクションで数々の映画に出演してきた実績を持ちます。

▶スカーレット・ヨハンソンの出演映画一覧

しかも、売り出し中の新星フローレンス・ピュー演じるエレーナを、スパイ養成時代の妹分に従えての登場。

また、レイチェル・ワイズ演じるメリーナと3人の女スパイ共闘も楽しみです!

参考記事:映画『ブラック・ウィドウ』、元ロシアの女スパイの過去が明らかに!

17.『クワイエット・プレイス PARTⅡ』~音を立てたら即死!~

公開時期:2021年4月23日(金)(全米)

クワイエットプレイス,音,即死
https://www.facebook.com/AQuietPlaceMovie/

2018年のエミリー・ブラント主演、『クワイエット・プレイス』期待の続編です。

前作では、『メリー・ポピンズ リターンズ』で見せたような、あの可愛いエミリー・ブラントは見られません。

なぜなら、ホラーそのものだからです。

▶エミリー・ブラントの出演映画一覧

「音と立てたら即死!」がキャッチフレーズのこの映画、前作で主人公エヴリン・アボット(エミリー・ブラント)は、必死の形相で出産をします。

小さな音にも反応し、即刻、音の発信源を瞬殺する得体の知れない怪獣に対し、子どもを守るために銃を構え敢然と立ちあがったのが、前作最後のシーンでした。

前作では怯えるばかりのエヴリンでしたが、果たして彼女は、映画『ボーダーライン』(FBI捜査官役)のように敢然と立ち向かってくれるのでしょうか?

期待が膨らみます。

▼前作

▶クワイエット・プレイス (予告編)

参考記事:『クワイエット・プレイス パートⅡ』(続編)で前作の謎が明らかに! 

18.『ピーターラビット2』~3Dアニメの続編で再び会える!~

全米公開:2021年1月15日⇒(日本公開日:未定)

2018年に公開され、大好評だった『ピーターラビット』の待望の続編です。

原作はもちろん、あの「ビアトリクス・ポター」

3Dの実写化映画で、素晴らしい世界観で蘇りました。

とにかく、映像がキレイなのとウサギたちが生き生きとイギリスの湖水地方を走り回る様子が強く印象に残っています。

▼前作

▶ピーターラビット™ (予告編)

今回もキャストはもちろん同じで、ピーターラビット以下5匹のいたずら好きのウサギが主人公。

加えて、彼らの敵であるトーマス(ドーナル・グリーソン)、優しい味方のビア(ローズ・バーン)が登場します。

ただ、この二人は前作では恋人同士でしたが、ウサギたちに邪魔されず結婚したようですが?

今回はどんないたずら劇が仕込まれているのか楽しみです。

19.『ゴーストバスターズ/アフターライフ』~ファミリーで楽しむ

公開時期:2021年3月5日予定

ニューヨークに出没するゴーストを退治するコメディ『ゴーストバスターズ』シリーズの第3作目。

奇抜な発想でヒットした1作目(1984年)、2作目(1989年)を受け、新たなゴースト退治に奮闘する物語です。

また、2016年にはリブート(再起動)版として、女性3人のゴーストバスターたちの活躍をコミカルに描いた作品も好評でした。

ゴーストなど超常現象への挑戦は、いつになっても根強い興味と人気の現れといえます。

今作の特徴は、ゴースト退治が子どもになったこと。

兄役として、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』フィン・ウルフハード

妹役には、『gifted/ギフテッド』の天才子役マッケナ・グレイスが登場します。

また、前作の懐かしいベテラン俳優も登場し、世代を超えてファミリーで楽しめる映画となっています。

▶マッケナ・グレイスの出演映画一覧

▼前作

▶ゴーストバスターズ (予告編)

20.『トップガン マーベリック』~トム・クルーズが帰ってきた!~

公開日:2021年7月2日(金)に延期2020年12月25日(金)

「トップガン」とは、アメリカ海軍のパイロット養成学校の通称です。

前作『トップガン』(1986年)は、この養成学校をモデルにして公開された大ヒット作です。

いまでこそ、トム・クルーズと言えば『ミッション・インポッシブル』シリーズなど、知らない人はいないかもしれませんが、彼を一躍有名にしたのはこの映画。

▶トップガン (予告編)

あれから、約30年。

再び、主人公である伝説の「マーベリック」が教官役として帰ってきました!

30年も経過すれば、使う航空機の性能も激変しているはず。

最新鋭機で見せるドッグファイト(航空機同士の戦闘)はあるのか、スカイアクション好きには期待の膨らむこと間違いなし!

一方、ドローン戦争の様相を呈してきた現在の空の戦いで、パイロットはどう変化していくのかも見どころですね。

▶トム・クルーズの出演映画一覧

まとめ~2021年の傑作映画はまだまだ!~

いかがでしたでしょうか?

なお、2021年公開に延期された映画はまだまだありますので、順次、公開決定日を紹介しましょう。

21.『The 355』~国際スパイのシスターフッド映画~

全米公開日:2021年1月15日

『The 355』、意味深なタイトルですね。

これは、「007」がジェームズ・ボンドのコード番号であったように、固有名詞が不必要なスパイに付けられたコード番号。

時は18世紀のアメリカ独立戦争時代に、実際に存在した女性スパイのコード「355」に由来します。

主演は、『ゼロ・ダーク・サーティ』でウサーマ・ビン・ラーディンを追い詰めたCIA職員マヤを演じたジェシカ・チャステイン

再びシビレさせてくれそうです。

▶ジェシカ・チャステインの出演映画一覧


▶ゼロ・ダーク・サーティ (予告編)

登場するのは、彼女以下、各国の選りすぐり女スパイ5人。

ダイアン・クルーガー(ドイツ)、ペネロペ・クルス(コロンビア)、ルピタ・ニョンゴ(イギリス)、そしてファン・ビンビン(中国)。

同盟国かどうかに関係なく、本来単独で工作活動を行うスパイが今作では「連帯」するシスターフッド(女性同士の連携)映画です。

背景には、世界規模で暗躍する共通の敵?

参考記事:2021年の女スパイ映画『355』、ブームのシスターフッド映画とは?

(2021年分も、撮影スケジュールの変更のため公開予定が変わる場合が大いにありますのでご注意下さい。)

ジャンルもできるだけ幅広く紹介していきます。

ぜひ、楽しみにお待ちください。

■TSUTAYA:オンラインでDVDが買える■

ブログ統計情報

  • 39,081 アクセス