ネクストブレイクの美しき若手女優、ハリウッドで今キテる!絶対チェックしたい20人をピックアップ

アニャ・テイラー=ジョイ
「アニャ・テイラー=ジョイ」

みなさんには、「推し女優」はいますでしょうか?

若手女優から大ベテランまで、素晴らしいスターたちがハリウッドで活躍し、私たちにいつも感動や癒しを与えてくれています。

日々、新たなスターが誕生している現在のハリウッドで、今、とても注目を集め、ネクストブレイクと呼ばれる美しき若手女優たちを筆者の目線でピックアップしてみました!

次のお気に入りが見つかるかも?

1.Anya Taylor-Joy

ニャ・テイラー=ジョイ、唯一無二の存在ブレイク中!

アニャ・テイラー・ジョイ
https://twitter.com/anyataylorjoy/

●アニャ・テイラー=ジョイ(Anya Taylor-Joy)

誕生日:1996年4月16日生まれ

星座:おひつじ座

身長:169cm

出身:アメリカ・フロリダ州

▶アニャ・テイラー=ジョイの出演映画一覧

▶おすすめの主演作品

ラストナイト・イン・ソーホー(作品情報)

※独特な世界観が光る話題作。共演、トーマシン・マッケンジー。

参考記事:ディオールアンバサダーのアニャ・テイラー=ジョイ、レトロファッションを話題映画に学ぶ!

昨今、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気を博し、若手女優の中でもめきめきと頭角を現しているのはドラマクイーンズ・ギャンビットで大ブレイクしたモデルでもあるアニャ・テイラー=ジョイ

一度見たら忘れられないスタイル抜群のお人形さんのようなルックスを持つアニャは、なんと犬の散歩中にモデルとしてスカウトされたという異色エピソードを持っています。

アニャは出演したホラー映画『ウィッチ』で、それまで演技の経験ほとんどがなかったにも関わらず、すぐに演じるキャラクターを理解。

自身が役者であることをしっかりと理解していたそうです。

元々役者を夢見ていたアニャは、その夢叶い現在は演技に夢中。

今後はミュージカルに出演するのも目標で、最終目標はなんと監督になることなのだそうです。

ミュージカルのアニャ、監督のアニャ、今からどちらの姿も楽しみになるばかりですね。

コンプレックスも、包み隠さず語るその素顔

アニャ・テイラー=ジョイ
https://twitter.com/anyataylorjoy/

ファッションアイコンとしても人気を誇り、大スターとなったアニャ。

そのビジュアルに憧れる女性ファンも多いのですが、実は自分の外見には全く自信がないとのこと。

見た目を理由に学校でいじめられていた経験があり、今もコンプレックスがあるため、スクリーンで大きく映る自分を観に行くことはあまりないのだとか。

ディオールの顔にも選ばれ、映像であれほど美しく、まばゆいばかりの光を放っているアニャがそういった気持ちを抱えていると思うととても意外ですよね。

悩みも隠さずに表に出せるのも、そこがまた魅力的なのかもしれません。

オススメ出演映画、『ラストナイト・イン・ソーホー』

ラストナイト・イン・ソーホー,アニャ・テイラー=ジョイ
https://www.focusfeatures.com/last-night-in-soho/ 【予告編】

アニャが主演を務め、大ヒットした映画が『ラストナイト・イン・ソーホー』です。

ロンドンを舞台に、とある女性が夢の中で60年代にタイムスリップ。

そこで魅惑的な女性と出会い、その女性にまつわる殺人事件に巻き込まれるというスリラー映画です。

本作にてアニャは、夢の中で主人公のエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)が憧れる歌手サンディーを演じました。

独特な世界観に60年代のロンドンと、その時代のファッションに身を包んだアニャが究極にマッチ。

古典映画を意識したような淡泊な画面が美しく、観ているだけでこちらもタイムスリップしたような気持ちにさせられる作品です。

サスペンス要素の強い作品であるため、最後の最後まで様々な考察や可能性を考えられる面白さもあり、そのオチにも納得させられる内容に。

アニャの真髄がギュッと詰まった魅力的な本作は、ファンなら絶対見逃せません!

▶アニャ・テイラー=ジョイの最近作(管理人・選)

ノースマン
https://www.facebook.com/TheNorthmanFilm/

※9世紀、スカンジナビア地域にある、とある島国。若き王子アムレートは、父オーヴァンディル王とともに成人の儀式を執り行っていた。しかし、儀式の直後、叔父のフィヨルニルがオーヴァンディルを殺害し、グートルン王妃を連れ去ってしまう。10歳のアムレートは殺された父の復讐と母の救出を誓い、たった一人、ボートで島を脱出する。数年後、怒りに燃えるアムレートは、東ヨーロッパ各地で略奪を繰り返す獰猛なヴァイキング戦士の一員となっていた…。【引用。Amazon】

ノースマン 導かれし復讐者(作品情報)

2.McKenna Grace

マッケナ・グレイス、天才子役は今もグングン成長中!

マッケナ・グレイス
https://twitter.com/MckennaGraceful/

映画gifted/ギフテッドで天使のようなルックスに加え、大人顔負けの演技力で天才子役と呼ばれるようになったマッケナ・グレイス

久し振りにマッケナを見た方は、「もうこんなに大きくなったの!?」と思わず驚き、変わらないそのエンジェル・ルックスにもニンマリしてしまうかもしれません。

演技力、ビジュアルに更に磨きがかかったマッケナは、アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルで実在のフィギュアスケーターの幼少期で出演。

アナベル 死霊博物館では主演を務めたりと、ジャンルに囚われず幅広い映画作品に出演しています。

ギフテッド,天才脳,マッケンナ・グレイス
幼少時代『gifted/ギフテッド』https://www.facebook.com/GiftedFilm

また、2021年には歌手デビューも果たしており、主演映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』では主題歌も担当するなど、演技に歌にマルチな才能で活躍中です。

15歳でありながら動物の保護活動にも熱心で、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の集い)とも協力しており、動物を愛しているマッケナは菜食主義者になったという素顔も。

女優としても人としてもプロ意識の高いマッケナ。

若くして既にベテラン女優であり、ネクストブレイクを超えたかもしれませんが、さらに今後はハリウッドを代表する女優へと成長していきそうな予感でいっぱいです。

日本大好き、理想の撮影ロケ地は日本と宣言!

マッケナ・グレイス
https://twitter.com/MckennaGraceful/

理想の撮影場所は日本、と米Flauntのインタビューでも答えるほど大の日本好きのマッケナ。

来日したこともあり、サンリオピューランドでは大好きな「けろけろけろっぴ」を見て大興奮したこともありました。

日本の文化や人々がとても愛おしいとのことなので、次回は是非ともマッケナの夢である日本での撮影が叶うことを願うばかり!

オススメ出演映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』

ゴーストバスターズ
https://www.facebook.com/Ghostbusters

マッケナはあの名作映画ゴーストバスターズの最新作となる『ゴーストバスターズ/アフターライフ』にて、知的な主人公フィービーを熱演。

これまで以上に注目を集めました。

本作は、主人公のフィービーが、原因不明の地震が30年間起きている引っ越し先の田舎町でゴーストトラップと呼ばれる装置を開封。

そのことで、不気味な異変が町で起こり始める…という物語です。

ボーイッシュ(一瞬、美少年に見えるほど)なメガネっ娘スタイルがとても可愛く、主人公なので当たり前ではありますが、一際輝く魅力を放っています。

瞬きするのが惜しいほど贅沢にマッケナを堪能することが出来ちゃいます。

本作の人気を受けて、続編の公開が2023年に決定、まだまだ『ゴーストバスターズ』の世界を楽しめることが約束されています。

成長したマッケナを観るのにはもってこいの本作を是非ご覧になってみてください。

3.Kristine Froseth

クリスティン・フロセス、圧倒的すぎる美しさに惚れ惚れ

クリスティン・フロセス
https://www.facebook.com/kristinefroseth111/

●クリスティン・フロセス(Kristine Froseth)

クリスティーナ・フロセス
https://www.facebook.com/kristinefroseth

誕生日:19995年9月21日生まれ

星座:おとめ座

身長:171cm

出身:アメリカ・ニュージャージー州

▶クリスティン・フロセスの出演映画一覧

▶おすすめの出演作品

『バーズ・オブ・パラダイス』

※過酷なバレエ界を生きる主人公役でブレイク

ノルウェー人の両親を持ち、モデルとしてのキャリアをスタート。

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』(17)で長編映画デビューを果たしたクリスティン・フロセス

ぽってりとした唇に、あどけない笑顔が魅力的で、どこかマーゴット・ロビーを彷彿とさせるような正統派美人のビジュアルを武器に、繊細で凛とした演技力で近年人気を博しています。

映画作品を中心に、ドラマ『ザ・ソサエティ』『ルッキング・フォー・アラスカ』といった話題のドラマシリーズにも出演。

映画とドラマの垣根を越えて活躍中です。

日本ではまだまだ知れ渡っていないクリスティンですが、今後ブレイク必至の若手女優なので彼女の活躍に注目してみてはいかがでしょうか。

バレエ界を生きる少女を熱演、『バーズ・オブ・パラダイス』

アマプラオリジナル映画バーズ・オブ・パラダイスは、クリスティンの名がグッと広まるきっかけとなった出世作。

オペラ座で踊るバレエダンサーを目指す為に、過酷なバレエ界にて様々な壁にぶつかりながらも2人の少女が強く生きる様子を描いた作品です。

この作品でクリスティンは主人公マリーンを熱演。

バレエ団のトップクラスに君臨していた高飛車な性格のマリーンが、アメリカから転校してきた少女ケイト(ダイアナ・シルヴァーズ)と出会い、ライバルとして、良き友として切磋琢磨するという物語。

クリスティンのどこか影がありつつも、可憐で美しい魅力が存分に生かされた作品で、しなやかに、かつ官能的に踊るバレエシーンは圧巻の華やかさを放っています。

ビジュアルとストーリー共に楽しめる作品になっているので、クリスティンの出演作をまだ観たことがないという方におすすめの一作です。

プライムビデオ,アマプラ
Amazonプライム会員:見放題の案内

ブログ統計情報

  • 1,359,283 アクセス

Be the first to comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください