5月生まれの洋画ハリウッドスター、誕生日とおススメ代表作はコレ!

クリスティーナ・ヘンドリクス, 5月生まれ,ねじれた家

5月生まれのハリウッドスターを紹介しましょう。

みなさん、誕生日おめでとうございます!

今月取り上げた女優、俳優はいずれもハリウッドを代表するひとたちばかり。

そうそうたるメンバーで編集できました!

誕生日と、輝いた代表作を中心に紹介していきましょう。

まず、トップはこの人から。オスカーの常連です。

《女優》

1.Cate Blanchett

ケイト・ブランシェット『ブルージャスミン』、数々の賞に輝く名優

誕生日:1969年5月14日生まれ(おうし座)

ケイト・ブランシェット,5月生まれ,ブルージャスミン
https://www.facebook.com/BlueJasmineMovie/ 『ブルージャスミン』

ご存じ、ケイト・ブランシェットは、数々の映画賞の受賞歴を持つベテラン名優です。

アカデミー賞(主演女優賞)のノミネートでは、『エリザベス』とその続編である『エリザベス:ゴールデン・エイジ』が最も有名、かつ見ごたえのある作品。

世界史に名を遺すイギリス女王「エリザベス1世」は、名作中の名作です。

そして、助演女優賞受賞『アビエイター』を経て、堂々と「主演女優賞」に輝いたのが、『ブルージャスミン』でした。

ブルージャスミン [ ケイト・ブランシェット ]

栄光の歴史的人物を演じた「エリザベス」とは違い、今作では、もともと裕福だった女性名士が一転、貧しい生活へと転落していく姿を演じています。

そのギャップある表情、立ち居振る舞いから侘しさ感を切々と伝えてくれました。

そうそう、『キャロル』も彼女の妖艶な魅力がたっぷり味わえます。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

●ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)

誕生日:1969年5月14日(おうし座)

身長:174㎝

出身:オーストラリア

▶ケイト・ブランシェットの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


キャロル(予告編)

※パトリシア・ハイスミス原作。セリフより、主演二人の表情が物語を進めていきます。


エリザベス (予告編)

※『エリザべス ゴールデン・エイジ』の2作は、イギリス王室を知る上でもぜひ見ておきたい映画です。

参考記事:英国王室騒動は、イギリスの歴史。映画に残る一大事件とスキャンダル!

2.Christina Hendricks

クリスティーナ・ヘンドリックス『ねじれた家』、アンニュイな被疑者

誕生日:1975年5月3日生まれ

ねじれた家,クリスティーナ・ヘンドリクス,5月生まれ
https://www.facebook.com/crookedhousemovie/

さて、冒頭の画像は、『ねじれた家』クリスティーナ・ヘンドリックスです。

この作品は、有名なミステリー作家アガサ・クリスティーの原作です。

多くの小説の中で、作家本人をして「最高傑作」と言わしめた作品。

推理小説やミステリーには、意外性やドンデン返しがつきものですがその典型です。

物語の中で、重要な役割を担うのがクリスティーナ・ヘンドリックス演じるブレンダ。

殺された被害者の後妻役で、彼女独特のアンニュイな表情を終始見せ、真っ先に疑わさせる筋立てにしてやられた…。

●クリスティーナ・ヘンドリックス(Christina Hendricks)

誕生日:1975年5月3日(おうし座)

身長:171㎝

出身:アメリカ・テネシー

▶クリスティーナ・ヘンドリックスの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

ねじれた家 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]

感想(7件)

 

アガサ・クリスティー ねじれた家 [ グレン・クローズ ]

参考記事:アガサ・クリスティのミステリー映画、最新作とおすすめ作品を紹介!

3.Sofia Coppola

ソフィア・コッポラ、『The Beguiled ビガイルド』の女性監督

誕生日:1971年5月14日

https://www.facebook.com/BeguiledMovie/ 前列中央:フランシス・コッポラ 前列右:ニコール・キッドマン

ソフィア・コッポラという名前を聞かれたことはあるでしょうか。

キレイな女性ですが、残念ながら女優ではありません。

「コッポラ」から、フランシス・コッポラ監督を思い出せば正解です。

彼の娘で職業は同じく映画監督です。

女性の地位向上が叫ばれる最近のハリウッドで、活躍する女性監督のひとり。

その中で、ニコール・キッドマンはあえて女性監督の作品に積極的に出演することを表明。

そのひとつが『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』です。

第70回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した作品です。

4.Octavia Spencer

オクタビヴィア・スペンサー、存在感抜群の名バイプレイヤー

誕生日:1970年5月25日(ふたご座)

オクタビア・スペンサー,ヘルプ,ふたご座
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』アカデミー賞助演女優賞を受賞https://www.facebook.com/thehelpmovie

バイプレイヤーとは、「脇役」のことです。

ある時は主役と敵対、ある時は主役のフォロー役など出番はさまざまですがオクタビア・スペンサーほど存在感のあるバイプレイヤーもいないのではないでしょうか。

彼女が出演した映画を思い出すと、なんとも愛嬌のある表情と動きが記憶に残っています。

『魔女がいっぱい』では、冒頭から登場。

時に、主役のアン・ハサウェイを越えるほどです。

黒人ならでは役どころで、人種差別を訴える『ドリーム』『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』などでは、愛くるしい目元の一方で、相手をグッと見据えるシーンが印象的です。

●オクタヴィア・スペンサー(Octavia Spencer)

誕生日:1970年5月25日(ふたご座)

身長:157㎝

出身:アメリカ・アラバマ州

▶オクタヴィア・スペンサーの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


魔女がいっぱい(予告編)

※とってもキュートでかわいいオクタビヴィア・スペンサーが見られます!


ヘルプ~心がつなぐストーリー~ (字幕版)

※黒人メイド役の彼女が作品全体に大きな影響を!アカデミー賞、助演女優賞を受賞!

5.Annette Bening

アネット・べニング、『ナイル殺人事件』に登場!

誕生日: 1958年5月29日 (ふたご座)

アネット・ベニング,ふたご座,20センチュリーウーマン
https://www.facebook.com/20thcenturywomen

アネット・ベニングをして、4度の「アカデミー賞主演女優賞ノミネート」となりながら、受賞にいたらない「名優」と言われることがしばしば。

年度ごとに競合した女優とのタイミングもあるかも?名優であることには間違いありません。

懐かしいところでは、『めぐり逢い』の思い出が強い人がいるかも。

いろいろな作品に登場していますが、最近の『キャプテン・マーベル』はちょっと新鮮ですよ。

主人公の夢の中に出てくるクリー人の科学者「マー・ベル」として登場した時にはちょっとびっくり!

また、『ナイル殺人事件』の最新作にも登場し話題となっています。

まだまだこれからの、主演の勝負作品に期待をかけたい女優です。

参考記事:新『ナイル殺人事件』登場人物、豪華キャストで再び密室ミステリーへ【公開延期中】

●アネット・ベニング(Annette Bening)

誕生日: 1958年5月29日 (ふたご座)

身長:169㎝

出身:アメリカ・カンザス州

▶アネット・ベニングの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


20 センチュリー・ウーマン(予告編)


キャプテン・マーベル (予告編)

以上が女優で、次からは男優になります。

【コラム①:映画情報のファッション誌・専門誌の紹介】

■コラム②:May Keyword

5月生まれのキーワード(メモ)■エメラルド(宝石言葉:幸福、幸運 「スタージュエリー」調べ)■ピンクバラ(花言葉:感謝 「花キューピッド」調べ)

■おうし座(4/20 – 5/20:Taurus・タウラス )

■ふたご座(5/21 – 6/20:Gemini・ジェミニ)


星ひとみの天星術 (幻冬舎単行本)


「突然ですが占ってもいいですか?」 (扶桑社ムック)

■DVDカレンダー(TSUTAYA)

■ゲームカレンダー(TSUTAYA)

■CDカレンダー(TSUTAYA)

《男優》

1.Jamie Dornan

ジェイミー・ドーナン、元モデルのイケメン俳優

誕生日:1982年5月1日生まれ

プライベートウォー,ジェイミー・ドーナン,5月生まれ
https://www.facebook.com/APrivateWar/ 左:ロザムンド・パイク 右:ジェイミー・ドーナン

元モデルのイケメンで、出演本数は少ないのですが続けて話題作に登場しています。

前述のソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』を皮切りに、官能映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』などで有名に。

特に、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は主人公二人のあからさまな性描写が話題になりました。

また、BBCテレビの人気ドラマシリーズ『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』では、X-ファイルのジリアン・アンダーソンと共演。

なかなかシビれるドラマです。

シリーズが長かっただけに、異常な連続殺人犯のイメージが固定したかもしれないですね。

でも、『プライベート・ウォー』では、実在の女性戦場記者メリー・コルヴィンに寄り添うカメラマン役で登場し、イメージチェンジに成功。

最初は、記者を裏切らないか心配でしたが大丈夫でした!

映画自体は、世界の紛争地帯に勇猛果敢に挑戦し続けた戦場記者の実話映画で、見ごたえのあるものでぜひおススメです。

また、彼女の実録モノも公開されています。

メリー・コルヴィンの瞳 [ メリー・コルヴィン ]

●ジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)

誕生日:1982年5月1日(おうし座)

身長:178㎝

出身:アイルランド

▶ジェイミー・ドーナンの出演映画一覧

▶おすすめの代表作


フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (予告編) 

※どちらも新人に近い俳優が出演。話題を呼んだ官能映画です。


プライベート・ウォー(予告編) 

※戦場記者の伝記映画。ロザムンド・パイクと共演しました。

参考記事:戦場記者の実話映画『プライベート・ウォー』。ロザムンド・パイクが熱演!

2.Cillian Murphy

キリアン・マーフィー『ハイドリヒを撃て!』、ナチ幹部の暗殺映画

誕生日:1976年5月25日生まれ

キリアン・マーフィ,5月生まれ,
https://www.facebook.com/Anthropoidthemovie/ 上:キリアン・マーフィ 下:ジェイミー・ドーナン

キリアン・マーフィーが主演の『ハイドリヒを撃て!』は、副題が「ナチの野獣暗殺作戦」。

画像にある原題『ANTHROPOID』(類人猿)は、第二次世界大戦中の有名な、ナチスドイツ将校「ハイドリヒ」暗殺作戦名から来ています。

キリアン・マーフィーは、この作戦を実行したチェコ人、ヨゼフ・ガプチークを演じます。

祖国を占領し支配する「野獣」に一矢報いるまでの手に汗握るストーリーは、一見の価値ある作品です。

決死の思いで作戦を実行したもう一人の仲間ヤン・クビシュを演じるのは、なんと先に紹介したジェイミー・ドーナン。

二人の死を賭して最後まで戦う映像が、いつまでも脳裏に残る素晴らしい作品です。

●キリアン・マーフィー(Cillian Murphy)

誕生日:1976年5月25日(ふたご座)

身長:170㎝

出身:アイルランド

▶キリアン・マーフィーの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


ANNA(字幕版)

※KGB所属の主人公ANNAをCIAに引き抜こうとするカッコいいエージェント!

参考記事:『ANNA/アナ』女スパイアクション映画、リュック・ベッソン監督の世界観

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 [ キリアン・マーフィ ]

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

3.Domhnall Gleeson

ドーナル・グリーソン、『ピーターラビット』の愛されキャラクター

誕生日:1983年5月12日

スターウォーズ,ハックス将軍,ドーナル・グリーソン
https://www.facebook.com/StarWars.jp/

ドーナル・グリーソンほど、演じるキャラクターで幅の広い俳優はいないかもしれません。

しかも、どのキャラもピッタリハマっていて、なぜかコミカルに処理されてしまうところが愛される理由でしょうか。

その典型が、『スターウォーズ』シリーズの意外な人気者、ハックス将軍

レジスタンスの敵でありながら、どこか泥くさくてマジメなイメージは、ラブロマンス『アバウトタイム』でも見られる傾向ですね。

『ピーターラビット』では、ラビットたちから徹底して嫌われるのですが、ちょっとどこか肩を持ってあげたくなるようなところも。

続編『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が待機中ですが、なんとラビットたちが信頼を寄せるビアと結婚してしまったのです?!

大人も子供も楽しめる仕上がりになっています。

ピーターラビット [ ローズ・バーン ]

感想(9件)

参考記事:映画『ピーターラビット2』続編、エリザベス・デビッキが声の出演(公開延期中)

●ドーナル・グリーソン(Domhnall Gleeson)

誕生日:1983年5月12日生まれ(おうし座)

身長:185㎝

出身:アイルランド

▶ドーナル・グリーソンの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (予告編)

※レイチェル・マクアダムスとの共演で、最高にさわやかな映画です!


ブルックリン (予告編)

※脇役ですが、同じアイルランド出身のシアーシャ・ローナンと故郷を描きます。

参考記事:若草物語に続くおススメ映画『ブルックリン』、注目のシアーシャ・ローナン

4.Colin Farrell

コリン・ファレル、『AVA/エヴァ』のアクションが見もの!

コリン・ファレル,トータル・リコール,エヴァ
『トータル・リコール』https://www.facebook.com/TotalRecall

コリン・ファレルは、かつて雑誌Peopleの「最も美しい男50人」に選ばれるなど、シブさ全開のイケメン男優です。

バイプレイヤー出演が多いのですが、主演映画『トータル・リコール』はおすすめ。

かつてアーノルド・シュワルツェネッガーが演じた伝説のSF映画のリメイク版です。

あの濃すぎる顔でのアクションはなかなかの見どころですよ。

また、前述のソフィア・コッポラ監督の『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』にも出演。

なんと、女ばかりの館に紛れ込んだ男一人の役どころ。ちょっと見ものです。

最近では、ジェシカ・チャステインと共演したスパイ・アクション映画『AVA/エヴァ』が話題です。

予告編には、暗殺者エヴァを消そうとするコリン・ファレルとの壮絶なアクションが紹介されています。

●コリン・ファレル(Colin Farrell)

誕生日:1976年5月31日(ふたご座)

身長:178㎝

出身:アイルランド

▶コリン・ファレルの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


トータル・リコール 劇場版 (予告編)

※1990年のリメイク版だが、新たなキャストで新鮮な伝説のSF映画です。

5.Clint Eastwood

クリント・イーストウッド、監督兼俳優の超一流映画人!

誕生日:1930年5月31日(ふたご座)

運び屋,mule,監督,クリント・イーストウッド
『運び屋』https://www.facebook.com/TheMuleFilm/

さあ、最後の紹介は、クリント・イーストウッドです!

誕生年を見て、きっと驚かれたのではないでしょうか。

この年齢で、監督と俳優の両方を見事にこなす超一流の映画人ではないでしょうか。

最近のヒット作『リチャード・ジュエル』『運び屋』は、90歳近くになっての作品です。

俳優としても登場した『運び屋』の実在モデル、主人公のアールは80歳代。

演じるクリント・イーストウッドとほぼ同年なので、本人と重ね合わせて見てしまいます。

映画のエンドロール曲が、トビー・キース「Don’t let the old man in」

本人を激励するかのように、「老いを迎え入れるな」と切々と歌い上げます。

●クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)

誕生日:1930年5月31日(ふたご座)

身長:193㎝

出身:アメリカ・カリフォルニア州

▶クリント・イーストウッドの出演・監督作品一覧

▶おすすめの代表監督作品


アメリカン・スナイパー(予告編)

※監督作品。スナイパーのカッコ良さと悲哀があふれています。


運び屋(予告編)

※監督と主演。イーストウッド自身の人生と主人公を被らせているようでたまりません。トビー・キースの音楽も最高!

参考記事:クリント・イーストウッド監督『運び屋』、トビー・キースの曲が切ない!

 

■動画配信「ディズニープラス」

ブログ統計情報

  • 152,847 アクセス