1月生まれの洋画ハリウッドスター、新人女優から実力男優まで日付順に紹介【年間一覧表付】

ドントウォーリーダーリン,フローレンス・ピュー
1996年1月3日生まれ『ドントウォーリーダーリン』フローレンス・ピュー

1月生まれの洋画ハリウッドスターの紹介をしたいと思います。

女優7名、男優5名、計12名の1月生まれの俳優です。

多くの1月生まれから、若手女優で最近注目されてきた人もピックアップ。

海外の有名人と同じ誕生日があればなんとなく嬉しいですよね。

あわせて、おすすめの代表作品も紹介していますので、ぜひご参考に!

1月生まれのハリウッド女優【日付順一覧表】

シラノ,ヘイリー・ベネット
1月7日生まれ「ヘイリー・ベネット」(『シラノ』から)https://www.facebook.com/CyranoMovie/

下線付き太字は、出演作・プロフィールなど)

1996年1月3日フローレンス・ピュー
1996年1月4日エマ・マッキー
1978年1月5日ジャニュアリー・ジョーンズ
1999年1月6日イライザ・スキャンレン
1984年1月6日ケイト・マッキノン
1988年1月7日ヘイリー・ベネット
1979年1月8日サラ・ポーリー
1955年1月13日ロザリー・ハム
1967年1月14日エミリー・ワトソン
1994年1月17日ルーシー・ボイントン
1965年1月22日ダイアン・レイン
1981年1月24日キャリー・クーン
1943年1月24日シャロン・テート
1979年1月27日ロザムンド・パイク
1974年1月30日オリヴィア・コールマン
1990年1月30日エイザ・ゴンザレス

1月生まれのハリウッド男優【日付順一覧表】

デューン,デイヴ・バウティスタ
1月18日生まれ「デイヴ・バウティスタ」(『デューン 砂の惑星』から)https://www.facebook.com/dune/
1996年1月3日メル・ギブソン
1975年1月5日ブラッドリー・クーパー
1982年1月6日エディ・レッドメイン
1971年1月7日ジェレミー・レナー
1964年1月7日ニコラス・ケイジ
1955年1月9日J・k・シモンズ
1973年1月10日ヤコブ・セーダーグレン
1977年1月13日オーランド・ブルーム
1990年1月13日リアム・ヘムズワース
1955年1月15日ケビン・コスナー
1969年1月18日デイヴ・バウティスタ
1992年1月19日ローガン・ラーマン
1944年1月23日ルトガー・ハウアー
1994年1月26日ジョセフ・クイン
1993年1月28日ウィル・ポールター
1974年1月30日クリスチャン・ベール
1981年1月31日ジャスティン・ティンバーレイク

ピックアップ!1月生まれの女優・男優、主な出演作

《参考:誕生日年間リスト》

《女性俳優》

1.Florence Pugh

フローレンス・ピュー、今最も注目の実力と人気の女優へ!

誕生日:1996年1月3日生まれ

フローレンス・ピュー,若草物語,助演女優賞
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』https://www.facebook.com/LittleWomenMovie

フローレンス・ピューは誕生年からもわかるように若手女優で、伸長著しい人気女優のひとりです。

若干20歳で、ほぼデビュー作に近い『レディ・マクベス』で注目されたのがきっかけ。

その後、新感覚ホラーと呼ばれた『ミッドサマー』では明るすぎる白昼の恐怖を演じてくれました。

エポックとなったのは、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』です。

有名な4姉妹の成長物語ですが、四女のエイミー役で登場。

共演の人気女優、シアーシャ・ローナンエマ・ワトソンに見劣りすることなく、堂々とアカデミー賞助演女優賞ノミネートを果たしました。

そして、もう一作。注目の作品があります。

それは、女スパイ映画の極めつけ、『ブラック・ウィドウ』です。

主演のスカーレット・ヨハンソンレイチェル・ワイズらと一緒に戦い、切れの良いアクションを見せてくれますよ!

その後も、『ドント・ウォーリー・ダーリン』『聖なる証』と、「スリラーの女王」にふさわしい怪演で主演。

2023年は『オッペンハイマー』『デューン:Part2』に注目です。

参考記事:スリラーの女王フローレンス・ピューの素顔、『ドント・ウォーリー・ダーリン』で狂気を怪演!

ブラック・ウィドウ,フローレンス・ピュー
『ブラック・ウィドウ』:エレーナhttps://www.facebook.com/blackwidow/

2.Emma Mackey

エマ・マッキー、名作サスペンス『ナイル殺人事件』抜擢

誕生日:1996年1月4日生まれ

ナイル殺人事件,エマ・マッキー,ガル・ガドット
https://www.facebook.com/DeathontheNileMovie 『ナイル殺人事件』左:ガル・ガドット 右:エマ・マッキー

こちらも、ほぼ新人に近い存在で、フローレンス・ピューと同年同月生まれです。

エマ・マッキーのこれまでのフィルモグラフィーとしては、イギリスのコメディ・TVドラマ『セックス・エデュケーション』ぐらいでしょうか。

ところが、ここにきてアガサ・クリスティー原作の『ナイル殺人事件』の主要キャストに抜擢され、俄然、注目されています。

主演ガル・ガドットケネス・ブラナーなど、そうそうたるキャスト陣と共演。

役どころは、ガル・ガドットの恋敵となり、密室殺人が起こる遊覧船の乗船客に。

真っ赤なドレスの彼女が、波乱の幕開けとなります。

そして、2023年には『エッフェル塔~創造者の愛~』で主演女優で登場、いよいよ実力女優への仲間入りです。

関連記事:映画『エッフェル塔~創造者の愛~』に注目!実力派女優エマ・マッキーの真っ直ぐな魅力とは?

エッフェル塔
『エッフェル塔~創造者の愛~』https://japan.unifrance.org/

●エマ・マッキー(Emma Mackey)

誕生日:1996年1月4日

星座:やぎ座

身長:171㎝

出身:フランス

参考記事:新『ナイル殺人事件』登場人物、豪華キャストで再び密室ミステリーへ

3.Kate McKinnon

ケイト・マッキノン、小気味よい抜群のコメディ・センス!

誕生日:1984年1月6日生まれ

ケイト・マッキノンに、最初に注目したのは『イエスタデイ』

大作とか話題沸騰といった種類の映画ではありませんが、すごく印象に残るシャレの効いたとてもイイ映画です。

主演の、ヒメーシュ・パテルリリー・ジェームズに加え、最高に映画を盛り上げてくれたバイ・プレイヤーである彼女です。

この映像は、『イエスタデイ』のワンシーン。

イエスタデー,ケイト・マッキノン,デブラ
ケイト・マッキノン《イエスタデイ》https://www.facebook.com/Yesterday 【公式動画:YouTube】

売れない歌手ジャック(ヒメーシュ・パテル)を、ロサンゼルス進出に誘うのがケイト・マッキノン演じる、やり手マネージャー・デボラ。

彼女の演技は、テンポがよくて見ていて本当に小気味よいのひと言です。

彼女は、いわゆるコメディエンヌ(喜劇女優)

有名人のモノマネで一躍有名になりました。

たとえば、政治家ヒラリー・クリントンからジャスティン・ビーバーまで幅広いレパートリーを持っています。

少し前の代表作では、コメディ『ゴーストバスターズ』(2016年版)に登場。

テンションが高く、ちょっとイカれた素粒子物理学者役なのですが、彼女の「素」かなと思うぐらい。

『イエスタデイ』とともにおススメの映画です。

●ケイト・マッキノン(Kate McKinnon)

誕生日:1984年1月6日(やぎ座)

身長:161㎝

出身: アメリカ・ニューヨーク州

▶ケイト・マッキノンの出演映画一覧

※急に注目され出したミュージシャンを世界中に売り出す敏腕マネージャー役。目配せ、セリフの言い方、顔つきなど最高のコメディアン!

4.Carrie Coon

キャリー・クーン、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』に登場

誕生日:1981年1月24日生まれ

ゴーストバスターズ,アフターライフ,マッケンナ・グレイス
左:キャリー・クーン、最右:主演マッケナ・グレイス『ゴーストバスターズ/アフターライフ』https://www.facebook.com/Ghostbusters

キャリー・クーンは、2022年のファンタジー・コメディ『ゴーストバスターズ/アフターライフ』に登場!

名前の通り、キャリーとして主人公フィービー (マッケナ・グレイス)の母親として出演します。

中堅どころの役柄で好演し、けっこう印象深く残る女優です。

次に紹介するロザムンド・パイク主演のミステリー・ホラー『ゴーン・ガール』にも登場。

彼女にとって初めての長編映画出演で、妻に失踪された夫ニックの妹として、ニックの良き相談相手となります。

あと、『ペンタゴンペーパーズ /最高機密文書』で、ポスト新聞社の編集委員としても登場。

●キャリー・クーン(Carrie Coon)

誕生日:1981年1月24日生まれ

星座:みずがめ座

身長:165㎝

出身:アメリカ・オハイオ州

▶キャリー・クーンの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品

ゴーンガール,キャリー・クーン
https://www.facebook.com/GoneGirlMovie

ゴーン・ガール (予告編)

▶次ページへ、女優3名/7名中

About azemichi 201 Articles
「洋画のレタス炒め」の運営者兼ライターで、azemichiと申します。いつもご覧いただきありがとうございます。映画大好きライター様の寄稿で紹介した作品は千数百作品以上、女優・俳優のプロフィール紹介も500人以上に上ります。訪問者様のコメントをお待ちしております!

Be the first to comment

記事へのご感想・関連情報・続報コメントお待ちしています!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください