7月生まれの海外女優・俳優などハリウッドスター、誕生日・星座&出演話題映画を紹介

レア・セドゥ,美女と野獣
フランス版『美女と野獣』https://www.facebook.com/LaBelleEtLaBete.LeFilm/

いよいよ7月、暑い夏の到来です!

今月も誕生日をむかえる7月生まれのハリウッド女優、俳優がたくさんおられます。

その中から、今が旬、そして人気作・話題作で注目を集める海外俳優を紹介していきましょう。

コロナで延期の続いた劇場公開も順調にすすんで行っているようです。

誕生日や誕生月が同じお目当ての女優、俳優そして好きな映画が見つかるといいですね。

■誕生日の年間リスト

1月生まれ 2月生まれ
3月生まれ 4月生まれ
5月生まれ 6月生まれ
7月生まれ 8月生まれ
9月生まれ 10月生まれ
11月生まれ 12月生まれ

1.Léa Seydoux

レア・セドゥ、『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』で存在感!

誕生日:1985年7月1日生まれ

007,レア・セドゥ,ボンドガール
https://www.facebook.com/JamesBond007JP/

ロング・ラン・シリーズの「007」は、洋画ファンにはなくてはならない人気シリーズ。

しかし、今作をもって主役のジェームズ・ボンドが降板という、聞きたくない情報の中での公開となった『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』

「死んでる場合か!」転じて、「ボンド!辞めてる場合か!」といいたくなりますよね。

さて、記念すべき25作目のボンド・ガールがこのレア・セドゥ

実は前作007スペクター』(マドレーヌ・スワン役)に続いて2度目の登場という珍しい存在です。

ちょっとエキゾチックな雰囲気がミステリー・サスペンスにピッタリの彼女。

●レア・セドゥ(Léa Seydoux)

誕生日: 1985年7月1日生まれ

星座:かに座

身長:168㎝

出身:フランス・パリ

▶レア・セドゥの出演映画一覧

▶レア・セドゥのおすすめ代表作


007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(予告編) 


007 スペクター (予告編)

※2作連続でボンド・ウーマンで登場は快挙!

レア・セドゥ,7月生まれ,ミッションインポッシブル,サビーヌ・モロー
「サビーヌ・モロー」https://www.facebook.com/ghostprotocolmovie/

一方こちらは、「007」前に登場していた、同じくスパイ・アクションの『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』でのワンシーンです。

右手のポケットに銃を忍ばせての登場するフランス人女スパイ、サビーヌ・モロー

この直後、まさかと思った瞬間、前に立つ男に表情一つ変えずに銃をぶっ放します。

格闘シーンもある、見逃せない1作です。


ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(予告編)

こうして紹介するとどうしても、スパイ・サスペンス系のイメージが強いかもしれませんよね。

しかし、かつての作品では、こんなエレガント系の映画も登場しています。

レア・セドゥ,美女と野獣
https://www.facebook.com/LaBelleEtLaBete.LeFilm/

フランス版の『美女と野獣』です。

トップ画像とともにお楽しみ下さい。

さらにレア・セドゥのトップニュースは、2023年の『』れに、

参考記事:『007』のレア・セドゥを堪能!本国フランス版『美女と野獣』&未公開新作もいかが?

そして、今、期待の次回作はなんといっても『DUNE /デューン 砂の惑星』の続編出演!

もともと原作(フランク・ハーバート)が壮大な5部作であり、レア・セドゥの登場は新たなシリーズ化にさらに期待が集まっています。

2.Rose Byrne

ローズ・バーン、『ピーターラビット2』でビアが結婚?

誕生日:1979年7月24日生まれ

ピーターラビット,ローズ・バーン,ドーナル・グリーソン
左:ビア(ローズ・バーン) 右:トーマス(ドーナル・グリーソン) https://www.facebook.com/PeterRabbitMovie/

ローズ・バーンの最近ヒット作は、『ピーターラビット』とその続編となった、『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』

『ピーターラビット』の原作は、ご存じビアトリクス・ポターの絵本ですが、映画化となると3Dアニメを駆使し実に楽しい仕上がりに。

キレイな湖水地方をバックにした映像に大人も楽しめます。

主人公は、ピーターをリーダーとする5匹の愉快なラビットたち。

ローズ・バーンは、いたずら盛りのラビットたちを温かく見守るビア役です。

なにかとラビットたちを敵視するトーマス(ドーナル・グリーソン)から庇ってあげるのですが、トーマスはビアのことが好きになっていました。

なんと続編「バーナバスの誘惑」では2人は結婚?

参考記事:映画『ピーターラビット2』続編公開、話題のエリザベス・デビッキ等が声優出演!

ラビットたちの大好きなビアですが、ラビットをとことん嫌いなトーマスと本当に結婚するのでしょうか?

予告編では、ちょっと意味深ですね。

さて、いつも明るくてかわいいイメージのローズ・バーンですが、今、注目はアップルTV+の新作ドラマとなる『Platonic(原題)』ではないでしょうか。

セス・ローゲンとの共演で、タイトル通りプラトニックな友情がテーマとなる楽しいコメディのようです。

●ローズ・バーン(Rose Byrne)

誕生日:1979年7月24日生まれ(しし座)

身長:168㎝

出身:オーストラリア・シドニー

▶ローズ・バーンの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


予告編:Amazon 価格:楽天

3.Diane Kruger

ダイアン・クルーガー、再びスパイ映画『355』に登場!

誕生日:1976年7月15日生まれ

ダイアン・クルーガー,7月生まれ,イングロリアス・バスターズ
https://www.facebook.com/inglouriousbasterds/

ダイアン・クルーガーのこの画像は、映画『イングロリアス・バスターズ』女スパイ「ブリジット」。

第二次大戦中、美人女優としてドイツ側に潜入し、ナチスドイツの幹部抹殺計画をすすめる「バスターズ」たちへ橋渡しをする役どころです。

映画全体が、敵と味方が常に交錯するという緊張の戦争モノ。

途中で、味方から裏切ったと思われながら必死に任務を遂行するも、悲しい末路が待っていました。

●ダイアン・クルーガー(Diane Kruger)

誕生日:1976年7月15日生まれ

星座:かに座

身長:170㎝

出身:ドイツ

▶ダイアン・クルーガーの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


女は二度決断する(予告編)

※夫と子どもを殺された女性。なりふり構わず復讐に燃える女性を熱演します。

参考記事:ドイツ出身女優・俳優の注目映画、端正な顔立ちが人気となったアカデミー賞映画

『イングロリアス・バスターズ』では、女スパイがピッタリだった彼女、再び出番が回ってきました。

なんと、世界中の女スパイを集めた映画に登場するというではありませんか。

タイトルは、『ザ・355』

ジェシカ・チャステインを中心に、ペネロペ・クルスファン・ビンビンルピタ・ニョンゴといった顔ぶれです。

355,ダイアン・クルーガー
『ザ・355』左:ダイアン・クルーガー 右:ルピタ・ニョンゴ https://www.facebook.com/kinofilms.kinofilms/

4.Saskia Rosendahl

サスキア・ローゼンダール、期待のドイツ新進女優

ある画家の数奇な運命,ネバールックアウェイ,ザスキア・ローゼンダール,
ザスキア・ローゼンダール https://www.facebook.com/neverlookawaymovie

サスキア・ローゼンダールは、ドイツ映画を中心に活躍する注目のドイツ女優です。

この画像は、ドイツの戦前戦後を生きた天才画家の運命を綴った『ある画家の数奇な運命』のワンシーン。

ナチスドイツの無謀な政策の犠牲となった薄幸の女性を熱演し深く印象付けました。

この映画では20代後半で登場していますが、さかのぼること10年前、若干19歳で主演した『さよなら、アドルフ』でも好演。

将来の期待される女優です。

●サスキア・ローゼンダール(Saskia Rosendahl)

誕生日:1993年7月9日 (かに座)

身長:164㎝

出身:ドイツ

▶サスキア・ローゼンダールの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


ある画家の数奇な運命(予告編) 

※まさに「数奇な」運命に翻弄されていく有名画家と「叔母」(サスキア・ローゼンダール)の運命は興味深いです。


さよなら、アドルフ(予告編)

※「戦後」はどこの国も多くのドラマが。悲しすぎます。サスキア・ローゼンダールの出世作。

5.Thomasin McKenzie

トーマシン・マッケンジー、『ジョジョ・ラビット』で注目

誕生日:2000年7月26日生まれ

ジョジョラビット,アカデミー賞,作品賞
左:トーマシン・マッケンジー 右:ローマン・グリフィン・デイヴィス(http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/)

一気に年齢が若くなりました。

最近の話題作に登場し、注目されているニュージーランド出身の女優です。

2020年に公開され話題となった『ジョジョ・ラビット』を見た人はきっと思い起こすでしょう。

不思議なタイトルですが、第二次大戦中ユダヤ人を迫害したナチスドイツで、ヒトラー総統に憧れる少年「ジョジョ」(ローマン・グリフィン・デイヴィス)の話です。

ちょっと臆病なところから付けられたあだ名が「ジョジョ・ラビット」でした。

そのジョジョの家で、なんと知らないうちに母親がユダヤ人の少女を匿っていたのです。

名前がエルサで、トーマシン・マッケンジーが演じます。

怯えながらも、ジョジョと交流を深めていくエルサの演技が新鮮でした。

これを機会に注目されたトーマシン・マッケンジーですが、最近作ではホラー系の作品『オールド』『ナイト・イン・ソーホー』で人気となっています。

オールド,トーマシン・マッケンジー
『オールド』左から2人目 https://twitter.com/OldFullMovie/
トーマシン・マッケンジー,ラストナイトインソホー
『ナイト・イン・ソーホー』https://www.focusfeatures.com/last-night-in-soho/

詳しくは:『ジョジョ・ラビット』で一躍注目!高身長でスタイル抜群の女優トーマシン・マッケンジー出演映画3選

●トーマシン・マッケンジー(トーマサイン・マッケンジー)(Thomasin McKenzie)

誕生日:2000年7月26日生まれ

星座:しし座

出身:ニュージーランド・ウェリントン

▶トーマサイン・マッケンジーの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


ジョジョ・ラビット (予告編) 

6.Tom Cruise

トム・クルーズ、続編『トップガン マーヴェリック』へ!

誕生日:1962年7月3日生まれ

『ミッション:インポッシブル』https://www.facebook.com/missionimpossibleJPN/ 右:ヴァネッサ・カービー(MI6 ホワイト・ウィドウ)

さて、ここからは男性俳優でトップは、実力派の有名俳優トム・クルーズの登場です。

登場作品、話題作品がありすぎて何から紹介すればいいのか迷いますよね。

でも、最もイメージが強いのは、今記事トップのレア・セドゥも登場(「ゴースト・プロトコル」)した『ミッション:インポッシブル』シリーズではないでしょうか。

●トム・クルーズ(Tom Cruise)

誕生日:1962年7月3日生まれ

星座:かに座

身長:170㎝

出身:アメリカ・ニューヨーク

▶トム・クルーズの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


ミッション:インポッシブル フォールアウト (予告編)

代表的スパイアクションで、諜報員の主人公イーサン・ハント(トム・クルーズ)が、まさにインポッシブル・ミッション(不可能作戦)に挑みます。

シリーズは6回を数え、毎回ヒヤヒヤの連続が見どころの人気シリーズ、現在もMI7,MI8が公開待ち(それぞれ2023年、2024年へ)です。

そして、なによりトム・クルーズの注目話題作は、『トップガン マーヴェリック』

トップガン,マーベリック,トム・クルーズ,
https://topgunmovie.jp/news/

いまでこそトム・クルーズを知らない人はいませんが、今作は、彼を一躍有名にした出世作『トップガン』(1986年)の後日譚になります。

アメリカ空軍の精鋭パイロット養成学校(通称・トップガン)で、なにかと目立った主人公「マーベリック」(コールサイン)。

女性教官チャーリー(ケリー・マクギリス)と恋仲になるなどやんちゃな訓練生だった彼が、今作では教官として登場します。

もちろん、見どころは戦闘機F/A-18E/Fスーパーホーネットが大空を滑空するスカイアクション!

参考記事:続編『トップガン マーヴェリック』が公開、今、戦闘機パイロットが熱い!

▶ケリー・マクギリス出演作品一覧

7.Tom Hanks

トム・ハンクス、『エルヴィス』で珍しい悪徳マネジャー?

誕生日:1956年7月9日生まれ

トム・ハンクス,エルヴィス
『エルヴィス』https://www.facebook.com/ElvisMovie/

トム・クルーズ以上に代表作がありすぎて迷ってしまう、大ベテラン俳優です。

『プライベート・ライアン』はじめ、ダン・ブラウンのシリーズ『ダ・ヴィンチ・コード』『インフェルノ』などが有名です。

なかでも、近年ではスティーヴン・スピルバーグ監督の問題作、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が話題を呼びました。

なんといっても、国防総省の機密文書をスッパ抜き、アメリカ政府を転覆させた実話映画だったのでリアル感満載!

新聞社のワシントン・ポスト社の編集長ベン・ブラッドリーという実在の人物を演じています。

●トム・ハンクス(Tom Hanks)

誕生日:1956年7月9日(かに座)

身長:183㎝

出身:アメリカ・カリフォルニア州

▶トム・ハンクスの出演映画

▶おすすめの代表作品


ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 (予告編)

※メリル・ストリープとの絶妙な共演!さすがトップ俳優同士です。

参考記事:好きな映画、正義とジャーナリズムの『ペンタゴン・ペーパーズ』は大作だった!

正義感の強いヒーローが似合うトム・ハンクス。

『プライベート・ライアン』など、戦記物の主役にピッタリと思うのは筆者の好みかもしれませんね。

さて、その雄姿が再び見られるのは、『グレイハウンド』

第二次大戦の大西洋上で起こった、米海軍の護衛艦隊とドイツの誇る潜水艦Uボートとの壮絶な戦いが描かれています。

大戦初期のドイツUボートは、連合軍商船をとことん狙い撃ちした無敵の潜水艦隊。

指揮官のアーネスト・クラウス中佐(トム・ハンクス)は、船団を無事イギリスまで護送できるのでしょうか。

2020年7月10日~ アップルTV+から配信中)


Apple TV+ 

さて、最新作は2022年7月に登場するのは映画『エルヴィス』

あの伝説のロックン・ローラー「エルヴィス・プレスリー」の真実を描いた作品です。

トム・ハンクスといえば、いつも「いい人」が多いのですが、今回は違っていました。

いいも悪いも、エルヴィス・プレスリーをあれほどまでに有名にした悪徳?マネジャートム・パーカーとして登場しますのでお楽しみに!

8.Christopher Nolan

クリストファー・ノーラン監督、『TENET』の次は?

誕生日:1970年7月30日生まれ

クリストファーノーラン,7月生まれ,TENET
https://www.facebook.com/Tenet-A-Film-by-Christopher-Nolan

クリストファー・ノーラン監督は、2000年の出世作『メメント』以降、20年の間に「バットマン」を主題にした『ダークナイト』3部作など数々のヒット作を手掛けてきた監督です。

最近作では、『インセプション』『ダンケルク』など、毎年送り出す映画は確実にヒットするいう超実力監督です。

●クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)

誕生日:1970年7月30日(しし座)

出身:イギリス・ロンドン

▶クリストファー・ノーラン監督作品一覧

▶おすすめの代表作品


TENET テネット(予告編)


ダンケルク(予告編) 

『ダンケルク』は、第二次大戦中の有名な「ダンケルクの大撤退」がベースで、無残にもドイツ空軍の餌食となったイギリスの若い兵士たちが描かれ、多くの感動を呼びました。

第90回アカデミー賞では、8部門にノミネートされ最終、音響編集賞を受賞していますが無防備な兵士たちが空襲されるときの機銃音は臨場感たっぷりで震えます。

さらにクリストファーノーラン監督を有名にしたのが『TENET テネット』

第三次世界大戦を阻止する国際スパイの物語で、「第三次世界大戦を防ぐ」「人類滅亡より悲惨」「時間の逆転」という不思議な謎かけをしてくれました。

そして、「TENET」に続くのが、『オッペンハイマー』

オッペンハイマー,キリアン・マーフィー
https://www.facebook.com/

「原爆の父」と呼ばれたアメリカの物理学者の栄光と悲劇が、クリストファー・ノーラン監督によって再現されます。

主演は、鬼気迫る演技で注目の最旬の俳優キリアン・マーフィー他、監督らしい豪華キャストのラインアップ。

時代背景をバックに、最高の話題を提供してくれそうな作品です。

(2023年7月21日米公開予定)

9.Jason Clarke

ジェイソン・クラーク、渋さと男臭さが際立つ俳優

ジェイソン・クラーク,ゼロダークサーティ
『ゼロ・ダーク・サーティー』右:ジェイソン・クラークhttps://www.facebook.com/ZeroDarkThirty/

とにかく男臭さがふんぷんとする、好きな俳優の一人がジェイソン・クラークです。

印象が強かったのは、『ゼロ・ダーク・サーティー』のCIA捜査官。

この作品は、アメリカ同時多発テロの首謀者とされる「ウサーマ・ビン・ラーディン」殺害を描いたもの。

周囲の関連人物から彼の隠れ家を聞き出す捜査官だったのですが、尋問には鬼気迫るものがありました。

一方、サスペンス映画『かごの中の瞳』は盲目の妻と暮らす夫役。

映画ジャンルこそ違えども、妻(ブレイク・ライヴリー)と対峙する男の悲哀を好演してくれました。

そして、前段のクリストファー・ノーラン監督の次回作で紹介した『オッペンハイマー』への出演も決まっています。

●ジェイソン・クラーク(Jason Clarke)

誕生日:1969年7月17日(かに座)

身長:185㎝

出身:オーストラリア

▶ジェイソン・クラークの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


ナチス第三の男(予告編)

※「悪魔」の半生が明らかになっていきます。ジェイソン・クラークの冷徹な表情に存在感が!


ゼロ・ダーク・サーティ (字幕版)

※「犯人」に繫がる男を追い詰めていく姿は鬼気迫るものがあります。

10.Michiel Huisman

ミキール・ハースマン、モデル張りイケメン俳優

アデライン,ミキール・ハースマン
『アデライン、100年目の恋』https://www.facebook.com/AgeOfAdaline

こちらの画像は、『アデライン、100年目の恋』ブレイク・ライヴリーの恋人役で登場した時のものです。

いかがですか、モデル張りのイケメン俳優です。

ハースマンが演じるのは、永遠の不老不死を隠して生きる主人公アデラインに恋をしてしまう男性。

また、『ガーンジー島の読書会の秘密』では、主演リリー・ジェームズ演じる主人公ジュリエットと恋仲になります。

どちらの映画も、主人公の女性に心を寄せていく姿が似合う素敵な男優です。

先ほど「モデル張り」と書きましたが、実際、名香シャネルのPV(プロモーション・ビデオ)に登場した動画がありますので紹介しておきましょう。

その意味がわかっていただけると思います。

●ミキール・ハースマン(Michiel Huisman)

生年月日 1981年7月18日(かに座)

身長:185㎝

出身:オランダ

▶ミキール・ハースマンの出演映画一覧

▶おすすめの代表作品


ガーンジー島の読書会の秘密(予告編)

※リリー・ジェームズと共演。穏やかでほのぼのとした雰囲気ある映画です。


アデライン、100年目の恋(予告編)

※ブレイク・ライヴリーと共演。老いることは、一緒に過ごせる喜びと教えてくれますよ!

誕生日の年間リスト

■動画配信「ディズニープラス」

■動画配信「U-NEXT(ユーネクスト)」

ブログ統計情報

  • 487,089 アクセス